旅をする

2013年のあれこれ 二つ目

この年は、足繁く九州に行っていたようだ。蕎麦屋の二毛作と、アッパーな居酒屋の視察だったのだが、当時は九州の新興居酒屋が圧倒的に力があった。QSCのバランスが良く、料理の独創性も溢れまくっていた。東京の居酒屋はなんだか停滞しまくっていた時期だったように記憶している。お勉強するなら九州へと思っていた。

蕎麦屋の二毛作でウエストの新鋭店を熊本と福岡に見に行った時の写真だが、ここで酒を飲むのかというくらい「明るい店」で、気分的にはマクドナルドで焼酎飲む感じの違和感があった。今ではすっかり定着した感のある昼呑みの初期形態という感じだったのだが、酒を飲む横でうどんを食べたりしているのがちょっとおかしかった。

福岡は居酒屋甲子園優勝店が、抜群の接客アピールをしていたが、何よりお勉強したのは、料理のビジュアルプレゼンテーションで、刺身の階段盛りと言うのは初めて見た。東京に戻ってこの階段型ディスプレイ食器をずいぶん探した。この取り扱いの難しいものを今でも扱っているのだろうか。

確かこれはトマトの温サラダだった(はずだ)。テーブルに出てきたこれを見てため息が出た。やはり料理の天才というのはいるものだと。味は全く覚えていないというのも、あまりにも悲しいが、人の記憶は薄れてしまうものだ。

これは大人のポテトサラダで、山わさびで辛味をつけていたような記憶があるが定かではない。何か違う味だった可能性のほうが高い。見た目しか覚えていないのが、自分の舌の記憶の限界だ。

人は見栄えが◯割とかいうが、料理も見た目で5割は決まるなと思った。

この店がまだ営業しているかネットで調べたら、元気に美味しいものを提供しているようで何よりだ。この暑さが落ち着いたら、Go To 九州してみようか。

ちなみにこちらのお店は福岡市にある「魚男」 とかいてFishmanという。居酒屋みたいだが、フレンチビストロという方が正しい認識だ。宣伝するわけではないが、福岡に行ったら一度行ってみる価値はあると思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中