食べ物レポート

ロバパンの新作 イチオシはメロン?

北海道出張での最近の楽しみの一つは、ロバパン製スナックサンドを探すこと。当たり前だが、北海道産の何かを入れることもあるが、普通は一般的な食材が多い。今回の新作は「ビーフ・黒・カレー」だった。不勉強なので黒カレーとカレーの違いがよくわからない。確かカレールーの工程でよく小麦粉とカレー粉を焙煎したものが黒カレーではなかったか。コクがあるとか焙煎による風味があるとか言った強化型カレーだったような記憶なのだが。イカ墨を入れたから「黒カレー」という類のものではなかったと思う。

黒カレー  ですか

さて、実食したが、うーん、黒カレーの違いはよくわからなかった。中身のカレーは若干色が黒いような気がする程度で・・・。まあ、こんな時もあるだろう。

メロン味は So Good!

ロバパンのもう一つの新作は、「富良野メロン」。北海道には夕張を筆頭にメロンの産地は多い。そこをあえて富良野を持ってくるのは、何やら意図があるのだろう。富良野という知名度の高さが決め手なのか。個人的には暑寒別メロンの糖度の高さは一押しなのだが。富良野農協は力が強いから、農協推しなのかもしれない・・・、などと北海道農業界の陰謀に思いを馳せながら食べてみた。普通にメロン味で、普通に美味しい。デザート的に食べるためか、4個パックと普段の半分サイズに小型化しているのありがたい。

焼きとうもろこしは難度高い・・・

元祖フジパン製では米粉入りパンを使った焼きとうもろこしが登場。知らなかったが定番らしい。米粉が入りもちっとした食感は好ましい。中に入っている焼きとうもろこし風クリームは、これまた、そう言われればそうかなあ程度のコーン感で・・・・的な感じだった。確かに、コーン風味は出すのが難しいんだよなあと昔の仕事を思い出す。
どうも人の舌は、デフォルメした記憶になるらしく、イチゴをそのまま食べた時の味を苺風味に求める。当然、苺本体ではないので風味は弱くなる、薄くなるから、苺本体と同じ味を出せるのは苺しかない。〇〇風味で味を強めるには、含有量を増やすしかないのだが、そうすると他の味とのバランスや原材料の原価など諸問題が発生するものだ。だから混ぜ物をどうするかが、メーカーのノウハウになる。
単純に言えば「苺風味のサンド」を作るより、いちごをパンに挟んだほうが簡単というのが商品開発の真実だ。なので、この焼きとうもろこしの味が、なんとなくコーンというのは仕方がない。もう一息がんばってね、という感じだった。おしいね。

次回のロバパン・スナックサンドは何味になるのだろうか。楽しみだなあ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中