食べ物レポート

飛燕 というラーメン店

最近行ったラーメン屋の中で一番印象に残るラーメン屋が、この札幌「飛燕」だ。地下鉄駅からも遠く、駐車場は3台しかとめられない。よくこんな立地に店を開けたものだと思うが、札幌の成功ラーメン店はこんな店が多い。行列ができる店になるにはそれ相応の条件があるのだが、まさか不便な場所で駐車場が少ないということではないような気がするが。

20年ほど前から札幌でも豚骨スープが主流になってきた。最近の有名店は概ね豚骨スープ使用を謳っている。しかし、この店は鶏白湯がメインのようだ。鶏白湯推しのラーメン屋もあるが、それが主流にならないのはやはりとんこつと比べると味の弱さにあると思う。簡単に言えば鳥スープは、醤油や味噌に対抗できるだけの強さが足りない。逆にとりスープは野菜を合わせた料理に仕立てると、あきらかにバランスがよく、素材の味を引き立てる。

現代風のラーメンはスープの味の強さが求められるので、鳥スープは不向きなのだろう。そこを色々と工夫して、鶏白湯塩味に仕立て上げた「飛燕」のラーメンは上手というしかない。

濃厚なスープ

ただし、一押しメニューだったはずの鶏白湯塩ラーメンよりも、魚介鶏白湯という合わせ技スープのラーメンの方がうまいのは、店主改良の努力と認めるべきだろう。
メニューを見ると、そのあたりの試行錯誤の様子が窺えるが、逆にいうと店主の趣味とか興味に合わせて色々開発してみたものの、あまり人気の出ないものもできちゃった感はそれなりにある。

逆にスープは絞ってトッピングで多様化させるという作戦をとるラーメン屋が多い中で、一番面倒くさいスープの開発をしているという努力は認めなければいけない。真面目なラーメン屋なのだと思う。

開発の苦労の現れか? 次はどれにしよう

ラーメン屋のチャーシューは、実際には煮豚の店が大半なので、評価の対象にはしないのだが、この店のチャーシュ(煮豚)はレベルが違う旨さだった。チャーシュで評価点を加点できる珍しい店だ。あちこちのラーメン屋でよく見かける、「チャーシュー丼」を食べてみたいと思うほどの良い出来だった。

わざわざ出掛ける「不便な所」にあるのだが、これはまた足を運ばなかればなあと思う店は久しぶりだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中