食べ物レポート

吉山商店 うまいぞ

札幌駅に隣接した商業施設、元そごうデパートだったビルが専門店ビルに代わり、最上階のレストラン街にらーめん共和国という専門店集合体ができたのは10年くらい前だったような記憶がある。

当然、ラーメン店にも流行り廃りもあり中のテナントは入れ替わっているのだが、その中の一店は名前も知らないので無視していた。テナントは札幌以外の街からも出店しているので、どこの街から来たことやらなどと思っていたのだが、このコロナの惨状でどの店もガラガラだったので、どうせならば行ったことのない店にしようとブラリと入ったら、これが正解だった。

濃厚魚介焙煎胡麻味噌

吉山商店は本店が札幌で、味噌ラーメンで勝負の店のようだ。おすすめらしい濃厚魚介焙煎ごま味噌ラーメン(ずいぶん長い名前だ)を頼んでみたら、これがドンピシャのストライクゾーンだった。名前の通り濃厚なスープは、これぞ現代風の味噌ラーメンという味だ。Wスープにしても味噌に負けるのが宿命だろうと思っていたが、そこは良い意味で期待を裏切ってくれた。スープが味噌に負けない強さだ。エビそば一幻もスープが味噌に負けない事が強みだと思うが、この店も負けていない。
満足だ、とスープをほとんど飲み干してしまった。

焙煎胡麻味噌 見た目は一緒?

そして、どうしても気になった魚介なしの味噌ラーメンを別の日に食べにきた。こちらは普通に味噌ラーメンというか、豚骨スープで上手に味噌ラーメン作りましたという感じで、これも気に入った。最近の札幌の有名店はだいたいがとんこつ味噌系なので、その流れには乗っているが、何といってもスープと味噌の調和が難しい。この店は安心して食べられる。無理やり乗せました感がある、「全部乗せ」売りをしていないのも好感度アップにつながるのだね。ただ、この北海道らーめん共和国も観光客依存度の高い場所なので、コロナが治るまでは当面厳しいだろうなとは思う。昼時にはほぼ満席になっていたので、持ち堪えてもらえるだろう。

何故か隣でタイ人らしき女性の団体がラーメンを食べていたのが印象に残ったが、ネットで紹介されているのかもしれない。中国人観光客の行列で入れなかった回転鮨屋や豚丼屋も、ここ最近は並ばずに入れるのはありがたいとは思うが、店側からすると商売になっていないのだろうな。申し訳ない気もする。
Go Toキャンペンもあれこれイチャモン付きまくりで、相変わらずの政府の混乱ぶりを笑ってみるしかないのだが、もし北海道旅行に行く機会があれば、札幌駅近くのビルレストラン街は、なかなか名店揃いなので今がチャンス。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中