食べ物レポート, 旅をする

これもコロナの惨禍だった 花まる

札幌駅地下のレストラン街が再開され、いつもは行列ができる繁盛店も客入りが良くない状況だ。そもそも観光客がシャットアウトされている状態では、観光都市札幌も分が悪いと言うものだろう。

お気に入りの花まるも、昼も夜も行列が消滅した。スルッと入れる。カウンター席は間隔が開けられコロナ対策で、職人さんとの間にはビニールシートががられている。声が通りにくので注文がなかなか難しい。定番のホヤの酢の物は、相変わらずの品質の良さだったのが嬉しい。
コロナ対策のもう一つは「ネタの厚切り」で、いつもより切り身が厚いのだそうだが、これはあまりうれしくはない。さしみを食べるにも握り鮨を食べるにも程よい厚みというものはある。客が少なくなると原材料の管理も大変だとは思うが、もうちょっと違う方向でお願いしたい。

名物 根室のホヤ

隠れ名品サーモンユッケ。サーモン握りはあまり好みではないのでほとんど口にしないが、これはうまいと思う。単純な料理で、脂の乗ったサーモンを甘口の醤油だれで和えている。素材の良さもあるが、色気がある。

サーモンユッケ

自家製しめ鯖が、個人的にはこの店の一番のおすすめで、北海道では回転鮨屋ですらしめ鯖は自家製が多い。だから、鮨屋に行くとまず試すのがしめ鯖。塩と酢の加減がその店の持ち味になるが、全国チェーンの回転寿司屋の酢の味しかしない代物とは全然違う。締めるのは塩であって酢ではないのだよね。

フィニッシュはいつもの新香巻き。北海道特有の奈良漬けが使われている。この奈良漬けの違いで店によって多少味は変わるが、やはり巻きたての海苔巻きはうまいな。東京に来て始めて食べた新香巻は、中が沢庵漬けでびっくりした記憶がある。今はテイクアウト鮨屋に行っても沢庵巻は売っていないような気がするが、現在の業界デフォルト的な新香巻はどうなっているのだろうか。

北海道的新香巻は中が奈良漬け

美味しく握りを堪能できる良店なのだが、早く客足が戻らないと経営的に危ないのではないかと、余計なお世話だと言われそうだが、お気に入りの店が心配な今日この頃。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中