旅をする

盛岡は「好きな街」なのだ

盛岡という町が、けっこうお気に入りで自分で思っていたい以上に訪れている。盛岡名物といえば南部鉄器と三大麺(わんこそば、冷麺、じゃーじゃー麺)というところだが、実は日本酒もうまい。

最近、盛岡に行くと必ず寄る店がある。ネットで調べてみると仙台の会社がやっているらしいのだが、東北のあちこちにある「この店に行ったら一軒で県のご馳走が食べられる」というコンセプト居酒屋だ。
盛岡では南部藩長屋酒場となっている。

青森、秋田、山形、仙台の支店?も全制覇したが盛岡が一番良いと思いう。真ん中に囲炉裏がありな魚を炙っているのがなかなか楽しい。

なぜか隣の席にカッパがいたりする。このカッパは動作がとても緩慢なので、お酒を一緒に飲むのは無理だが。きゅうりでも分けてあげると喜ばれるのでは。

町歩きをしていて看板を撮るのが趣味のようになっているが、盛岡で見つけた(実は夜に見つけて次の日の朝に取り直しに行った)ラーメン屋。店に入る時間がなくて残念だった。次回行った時にはぜひ試食したいものだが。

しかし、何がもっこりなのか謎だなあ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中