食べ物レポート

油そば その2

たまたま好みの油そばにぶち当たったもので、油そば巡りを始めることとした、その第二弾。ネットで調べてみると札幌には二大有名店があるようで、そのうちの一軒「らふや」。黄色に黒字の派手な看板は、正しくラーメン屋の華というものだ。札幌中心部の外れ、電車通沿いにあるが、ここはわざわざ来る立地になる距離感。ちょっと期待しても良いか。

ド派手な看板

券売機で注文を決めるのだが、やはり色々とアレンジ麺があるので、ちょっと迷う。昼には早い時間なので、行列はない。しばし検討することにしたが、やはりいつも通りプレーンでレギュラーな麺を選ぶことにした。(注文に迷っている訳ではなく、このレギュラー品を探すのに手間取ってしまうのだ)
中太平打ち麺でトッピングはサイコロ上に切ったメンマとごろごろチャーシューに海苔。真ん中に卵の黄身。これが標準スタイルなのかどうかはよくわからない。見た目は実に期待が持てる。うまそうだ。
そして麺とトッピングを底からすくって天地返しで30回。食べた。味がしない。二口目食べた。味がしない。麺を持ち上げ丼の底を見てみる。タレは全くない、つまり、全タレが絡み合い完了している。でも、味がしない。タレの量を間違ったのかと思う。半分くらい食べたところでギブアップ。これは、一食損をしたかなあという気分になった。後から来て、隣に座っていたオヤジが先に店を出て行った。隣の親父の丼の中には麺がほとんど残っている。やはり、作り間違ったのかと思った。

うまそうに見える

これを確かめるためにもう一度この店に行くか?と考えても見たが、やはり料理は一期一会。この店のことは諦めた方が良さそうだ。

油そばはテイクアウト向きか?

店を出てからテイクアウトの看板があるのに気がついた。これは値段を見てもレギュラー油そばの写真だろう。なんだか自分の注文したものとずいぶんルックスが違う。テイクアウト専用のメニューなのだろうか。また、この店を再訪する気が失せる。どうにも精神的ダメージが大きい。次回の油そばに挑戦して良いものだろうか。いや、ここは気を取り直して、札幌油そばの元祖の店に行くことにしよう。

次はきっと大丈夫だ。(・・・はずだ)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中