食べ物レポート

高田馬場と新宿と ひとり飲み

養老乃瀧というと、老舗居酒屋チェーンのハシリで、昔は随分お世話になったような記憶もあるが、その後の居酒屋チェーン大量出現ですっかり行く機会が減っていた。最近はメニューの入れ替えも頻繁に行い「おっさんメニュー」以外も増えている。養老牛丼が復活したというので行ってみたら、なんだか面白い店になっていた。

養老乃瀧で牛肉皿

新宿歌舞伎町の入り口側というか靖国通りに面したビルの地下にある24時間営業の店に行った。昼飯時にだったが、それなりに酒を飲んでいる客がいたので、便乗気味に酒を頼んでしまった。店内は暗いため(夜モードなので)、何だか普通に飲んでしまう。これは、ハマると怖い背徳の道一直線だ。メニューもランチメニューではなくグランドメニューで、なんでも普通に出てくる。焼き魚もあれば中華料理もある。すき焼き豆腐は普通に旨い。冷や奴もうまい。お目当ての牛丼にたどり着くまでに完全にお居酒屋モードになってしまった。外に出たら青空だった。しっかりと反省した。ただ、背徳の昼酒はオススメだよ。一緒に落ちて行こうと「悪魔の囁き」。

高田馬場 清瀧

高田馬場にある清瀧は酒屋さん直営で、池袋などにも何店か支店がある、いわゆるせんべろ系の大衆居酒屋だ。なぜか午後4時の開店直後にお一人様カウンターがほぼ満席になる。ここもメニューラインナップは広く、刺身天ぷらから中華、焼き鳥、ステーキまでなんでもありだ。たまにお通しにマカロニサラダが出ることがあり、これが結構好みなのだ。マカロニサラダにちょっと醤油をかけると日本酒(冷)によく合うと思う。一人呑みの場合は、じっくり腰を据えてというより、飲み会の待ち合わせ前の30分的な飲み方が良い。気分は孤独のグルメの井の頭さん的高揚感だ。

最近すっかりハマった一人呑みだが、文庫本を片手にぐびっと飲む酒は、なかなか乙なものなのだね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中