旅をする

城を旅する  郡上八幡城は山の上

郡上八幡の町は、高速道路のインターからすぐそばにある。というよりもあまりの山間地なので、街の隣にインターを作るしかなかったのだろう。インターから降りて国道沿いに街に入ると途端に対向車線のない道路になる。あちこちに道路の脇が広がっていて、そこで対向車をやり過ごす。昔ながらの街並みを残しているところでは、こうした交通のブラックホールが残っている。
そして、郡上八幡城の下にある駐車場まできてみたら、ほぼ満車。だが、なんと城の下にある駐車場が空いているというので進入した。これがまさかの歩行者と共用の一車線で、カーブを切るときには切り返しが必要なほどの山道。その曲がるところに歩行者が車を避けていると、まったく進めなくなる。ちょっと大きな車では通行するのも難しいなと思うが、そこをなんとか10分以上かけて山頂近くまで登り切った。休日だったこともあり、人と車でごった返す山頂駐車場で一息つく。これは歩いて登るのもしんどいが、車で登るのも神経的に厳しいものがある。

平日だあれば空いているかもしれない山頂駐車場

駐車場から歩いて10分程度でお城につくのだが、これがまずまずの坂道で、山城登城のしんどさを再確認。

石垣は野面積みなので戦国前期以前の築城だろう。

お城に上がる道もクネクネ通り曲がっているし、アップダウンすらあるから、確かに攻城対策は万全だっただろう。


天守閣は小ぶりだが、山頂に立つので流麗とでもいうべきか。

郡上八幡城 天守

ここから見下ろす郡上八幡の町は眼下に広がるが、木曽の河川を使った交流の元締めみたいな場所なので、さぞ昔は商売繁盛だったのだろう。しかし、毎日ここに登ってくるサムライ官僚たちはさぞかし大変だったと同情する。

郡上八幡の夏はとても暑いので、夏の登城登山は避ける方が良さそうだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中