書評・映像評

降旗監督と名優高倉健 その3

これまた日本海の冬の海が舞台とは 降旗監督は冬の海が好きなのだ

ボックスカバー BD by Amazon

https://www.amazon.co.jp/dp/B00898WK30/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_eW04DbEBY2Y30

勝手に名付けた降旗監督 高倉健と美人女優三部作の第3作。

前2作とは、やはり健さん映画だけに共演者もお馴染みの顔ぶれということもあって、似たような印象がある。ただ、今回は妻役の石田あゆみの抑えた演技が良い。役柄として、とても美人に描かれてはいないが、ちょっとした表情に美人さが出てくる。逆に、魔性の女的田中裕子が、まだこの時は開花前というか、この映画以降に出てくる演技の凄みのようなものが抑え気味だったという印象。
が、何より凄いのが「ビートたけし」演ずる、ダメヤクザだった。この頃はすでにコメディアンとしては円熟期を迎えていたたけしの怪演ブリは素晴らしい。のちの、監督作品に通じる「暴力的なダメ男」は、このころ形成されたのだろうか。

ヤクザの特攻から、日本海の漁師への転身が、あまり無理なく描かれている。刃傷沙汰に飽きたのか、妻に惚れ込み静かな暮らしを望んだのか。そこに不協和音として紛れ込んだ、田中裕子とビートたけしが、街をかき乱し、勝手にいなくなるまでの「冬」の嵐。

山があるようでなく、オチがあるようでなく、ちょっと奇妙な後味の残る作品だった。
この後、しばらく健さんは映画に出なくなる。いったん出ても次作までの間隔が開くようになり、2000年以降の後期降旗三部作まで、静かな時期だったように見える。この80年代の作品の抑えた演技ぶりは、ほぼ完成の域にあったと思うが、実はもう少しコミカルな軽い演技をしようと思っていたのではないかとも想像する。東映ヤクザ映画から始まった自分の演技を、どこかで変えようと思っていたのではないかなと。

結局、それは叶わずに最後の作品まで健さんは、健さんだったような、

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中