食べ物レポート

家庭料理 まさき 札幌のお気に入り

札幌で何軒かある好みの店で、一人飲みするならこの店が良い。一般的にはおばんざいの店と言われている家庭料理がふんだんに並ぶ。今では、お袋の味なとと言われる家庭料理は消滅しかかっているが、手のかかった季節料理が堪能できる店だ。

秋の食材と言われれば「きのこ」だが、北海道特有のキノコに「らくよう」がある。滑りがありちょっと癖の強いなめこのようなきのこだ。子供の頃に山に入ってこのきのこを探したことがある。当時はうまいとも思わなかったが、独特の旨味とコクがあり、自然のキノコという味がする。これを湯がいて大根おろしと和えたもの。うまし。大人の味だ。野性味というか野の香りというか、どちらにしてもスーパーでは売っていないきのこなので貴重だ。

とうきびのかき揚げ、北海道の人はとうもろこしとは言わず、「とうきび」という。昔のとうきびは甘味が弱く、粒も硬い品種だった。最近の甘くて柔らかい(要は未成熟なのだが)コーンとは別種のようなものだ。あれを天ぷらにしてもうまくはないだろうと想像はつく。ポップコーンのように弾けるのではないか。とうきびの天ぷらは、最近のコーンだからこそできる料理なのだね。甘さが強いので、塩でいただくのが宜しいようだが、それでもどっぷりと天つゆにつけたいのは親父の証明みたいなものだ。とうきびといえば夏の食べ物というイメージがあるが、天ぷらにするには晩成種のコーンがよろしいようだ。

北海シマエビという高級品種がある。根室の近くで取れる北海道特有のエビで、漁期が限られていることもあり希少でお高い。冷凍物で20−30匹入った箱詰め物で5千円は軽く超える。塩茹でにすると甘味と、うまみが増して実に旨し。なのだが、札幌でも滅多にお目にかかることはない。ましてや北海道外では存在すら知られていないだろう。
北海道名物で色々と名前は有名だが、実際にが食べられないものは数多くある。その中の筆頭がこの「北海シマエビ」。それに続くとすれば「たちかま」・・・タラの白子の蒲鉾、「キンキの飯寿司」、「カジカ鍋」、そして「松前の岩海苔」。
機会があれば是非お試しを。

お通しもこんな感じでおしゃれでございます「まさき」。
ひとり飲みにはおすすめです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中