食べ物レポート

6月の昼ごはん ハズレ続きでありました

まあ、こんなに続けざまに外れる時もあるということで。

恵比寿 虎八

シェフが変わったのかと思ったくらい、味が・・・。豚肉ときくらげの炒め物は、結構好きなメニューだった。恵比寿のランチでは月に2−3回は通っていた店だけに、だいぶ残念な・・・。値段も上がったし、わざわざ恵比寿までランチを食べに行くこともないだろうと、自分を慰めるのみ。

仙台長町 善次郎

仙台の牛タンは好みだが、なぜ仙台市民はこんなに高いランチを行列してまで食べるのか。お店によって味が違うという。確かに、この店の牛タンは固い。牛タン3切れとテールスープに麦飯で1500円なり、ラーメンなら二杯分、牛丼なら四杯分。確かに利久の店舗数は、仙台人の牛タン好き好きを教えてくれるが。好みの味の店を見つけるまでが大変。

鹿児島 桜島サービスエリア

九州のとんこつラーメンは地域によってずいぶん味が違う。鹿児島でラーメンといえば、天文館のコムラサキ、与次郎が浜のザボンラーメンを思い出す。どちらもうまかったという記憶が残っているが、味は思い出せない。
そして、このラーメンなのだが、普通にうまい。臭みもないまろやかなスープだ。ただ、ビジュアル的に、画像的に全く華がない。料理は味だけではないという典型のような気がする。なんだが、残念。

吉野家 プレーンカレー

ランチを5分で済ませたいという時の緊急避難用として、これは良いのだろう。ただ、中に具材が全くない。一切れもないと言いたいくらい、何もない。知っていれば、せめて何かトッピングを追加したと思う。カレーの味は普通にうまい。クセもない。牛丼の具と合わせてもいけそうな気がする。本当に5分で終わった食事は、悲しいものがあった。
個人的には、松屋のカレーが好みだということがわかった。

すき家の牛皿

新宿で飲み会の時間までちょっと時間が余っていたので、前哨戦として牛皿でビールと思い吉野家を探したが見つからない。最近、繁華街の吉野家はずいぶん閉店してしまったらしく、仕方なくすき家に入った。すき家はメニューが複雑なので、牛皿を見つけるまでずいぶん時間がかかった。
あー、これも残念なメニューだった。やはり牛皿は吉野家に限る。たぶん、丼の上に載っている状態では差がわからないのだろう。タレの甘さが直接舌に感じるせいなのかもしれない。ビールを飲み切らずに退散。安いからまずい、高いからうまいというものではないといて典型例だ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中