旅をする

6月は遠征したのだ。

6月は、溜めたマイルを使って旅をすることにした。色々迷ったが、久しぶりに南九州に行ってきた。

羽田空港の新しいサテライトターミナル

目的地は城と神社。日本100名城と一ノ宮めぐりの旅になる。熊本から鹿児島を経て宮崎、阿蘇、そして熊本に戻る南九州巡回コースだ。

熊本城の櫓 まだ崩れたまま

熊本城は、以前見た時の面影もない、地震による崩壊はまだ回復途上で、何やら痛ましい光景で。城壁の石積みを元どおりの戻すには、何年もかかるのだろう。地震の直前に見た勇姿が早く元どおりに戻ることを祈らずにはいられない。

阿蘇神社

阿蘇神社も地震の被害を受け、現在進行形で復旧中。歴史ある神社だけに、これもなにやら痛々しいが。特に宮崎高千穂から抜けて熊本に出るルートは、修復中のため一度大回りをして北へ向かってから、熊本市内に入る。大規模災害の復旧とは時間がかかるものだということを痛感した。

人吉城跡

人吉城は、熊本県内とはいえ、薩摩島津氏の勢力圏にあったようで、いかにも辺境の堅守の極みといった趣の山城だった。百名城とはいえ、最初の100名城と新100名城では、ずいぶん雰囲気が異なる。最初の100名城は大きく高くそびえる城郭建造物が中心だが、新100名城は守備陣地というか、堀と土塀でできているものが多い。人吉城も、そんな感じの「良き見れば軍事拠点」というものだ。川に沿っているから、交通の要衝でもあったと思う。

城山から桜島 鹿児島の絶景

鹿児島では10年ぶりくらいで城山公園に登って桜島を拝んできた。確かに、この姿は鹿児島の人の精神に何やら影響を与えていたのは間違いない。

宮崎の海岸

鹿児島から志布志湾を抜けて宮崎に入ると、その途中にあるのが、この洗濯板(そもそも洗濯板の現物を見たことがある者はそろそろ消滅しつつある)のような海岸で、なぜかのんびりしている猫を発見した。海沿いでは猫が多いのだろうか。自分で魚を取るとは思えないが。

飫肥城

飫肥城も宮崎県にあるとはいえ、島津の出先で、南九州における島津氏の勢力というか膨張力というか、その大きさが実感できる。ちなみに、「信長の野望」という戦国シミュレーションゲームでは、信長で戦国制覇した後は必ず島津氏で挑戦した。意外と島津氏の全国統一は優しいのだ。南から北へ一直線に行くだけなので。

鹿児島神宮

鹿児島の一ノ宮、鹿児島神宮は、さすがに壮厳なものと思ったが、意外と簡素で、かつ、町の近くだった。
とりあえずこんな感じで、城跡と神社を巡る弾丸旅行だッタが、仕事と関係のない旅なので、それなりに面白かったなあ。次回はマイルを貯めて北九州方面だ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中