旅をする

札幌ですしランチ

日曜のランチをどうしようかと思案して、西鶴にした。札幌のススキノに本店のあるすし屋で、もう二十年くらい使っている。個室もあるので、ゆっくりとランチするにはなかなかの穴場だ。

北海道でマグロがうまいという話をすると驚かれるが、うまいものはうまい。それも北海道産マグロに限る。

有名な大間のマグロは津軽海峡沖で取れる。当然、大間で上がれば築地へ直行して高級マグロとなる。しかし、津軽海峡は函館にもつながっている。大間のマグロが北海道側で上がれば、同じマグロなのにお値段が下がる。函館の東にある戸井で上がるマグロを専門にしているすし屋があるくらいだ。お得なマグロは北海道で食べると良い。

だがこれよりもっとうまいのが、津軽海峡に行くはずなのに、うっかり日本海を北上してしまうマグロだ。小樽の西、積丹半島あたりでつられてしまうと、築地行きの手配がつかず札幌の市場に出てくる。いつでもあるわけではないから、このマグロを狙って食べるのはほぼ不可能。たまたま鮨屋の大将が仕入れに行って見つけてきた時くらいしか出会えない珍品と言える。

だから、すし屋で積丹沖など書かれたマグロがあれば、迷わず五貫や十貫は注文すべきだと思う。特にトロではなく赤身がうまいというのが、個人的な経験値である。

積丹(シャコタンと読む。某大臣が色丹を読み違えたこともあるシャコタンである。昔の暴走改造車のことではない)といえば、これから冬の時期に向けて鱈の季節になり、そのタラ料理の中でもおすすまなのがタチポン酢。タチとは鱈の白子のこどだが、濃厚な味わいでまさしく冬の逸品だ。

このタチで作ったかまぼこ、タチカマは幻の名品でデパートでも売っていることは稀である。札幌にはタチカマをおでんで食べさせてくれる老舗があるが、そこでも入荷次第なので、食べられるかどうかは運任せだ。

北海道の名物といえば、カニにイクラにジンギスカンと思っている方も多いだろうが、実は隠れ名品は多い。おそらく他の地域でもテレビのグルメ番組や食レポには登場しない、秘密の食べ物はたくさんあるのだろう。本日はそんな隠れグルメの話でありました。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中