食べ物レポート

サイゼリヤで一人飲み つづき

サイゼリヤのセルフ味変政策?は、実に面白い試みだ。サイゼリヤの特徴は、定番商品を安く売るということにある。他のファミリーレストランのように季節メニューで気を引くということをあまりやろうとしない。潔い。自社定番商品へのこだわりというか自信の現れであり、開発に伴う費用を切り捨てるという側面もある。

オリジナルであまり辛くないホットソース

これまでサイゼリヤはピザに対して一般的なタバスコソースを提供していた。それをやめて自社製ホットソースというものに切り替えた。原因は二つあるだろう。一つ目はコスト削減。タバスコの小瓶は実にコスト高なソースだ。たまに大瓶で出している店があるが、あれはあれで中身の賞味期限が気になる。
一番良いのは大袋で買ったソースを小分けにするような方法で、表面に貼ってあるラベルだけあれば補充は可能だ。もう一つは味に対するこだわりだろう。タバスコは酸味塩味ともに強すぎる場合がある。この写真のホットソースのボトルを見る限り、店内補充しているのは間違いなさそうだ。シールが歪んでいるし。

辛いソースをたっぷりかけるという・・・

そもそもピザにタバスコという組み合わせは喫茶店の軽食文化が産んだものだろう。イタリアに行ってピザを食べる時に辛味として使うのはクラッシュペッパー、赤唐辛子を砕いたものだ。ほかには、オリーブオイルに唐辛子を漬け込んだチリオイルのようなものだった。タバスコはアメリカ生れのシロモノなので、イタリアで料理に使われるとは思えない。そもそもアメリカのピザ屋でもタバスコは出てこない。基本的にクラッシュペッパーだと記憶している。
だから、サイゼリヤの唐辛子フレークという存在が実にお気に入りだった。本格派なのだ・・・。ただ、日本人の客の一般的な嗜好として「ピザにかけるからタバスコくれ」というのは理解できる。本場イタリアではタバスコなど使っていないと顧客相手に喧嘩をしても仕方がないから、ホットソースを開発したということだと推測できる。

設計思想が、そんな話なのではないかと勘ぐっているのだが。それだけに「たっぷりかけるマイルドな辛いソース」という訳のわからんコンセプトが、これはこれでアリだなと思う。個人的には、これも単体で売って欲しいものだ・・・。出来れば唐辛子フレークも単体で別売りをお願いしたい。

うーん、サイゼリヤの値上げに伴う運営方法の変更は、なかなか良い方向なのだな。ちなみに、サイゼリヤのソーステーブル?には、割り箸も置いてあり、ナイフとフォークではなく箸でパスタやピザを食べるのがマイスタイルなのだが、周りで箸を使っている人を見かけないのはなぜだろう?

食べ物レポート

サイゼリヤで一人飲み

サイゼリヤが値上げをした。例えば、これまで299円だったのを300円、いわゆるジャストプライス、ぽっきり価格にした。コロナ対応で、接客時間の低減が目的のようだ。まあ、1円だしねということだと思ったが、それ以外にも色々と値段を100円単位に丸めたようだ。税込価格なのでわかりやすい。税別価格とか本体価格の提示というのは、本来的に分かり難さという点で、サービス業としてあるまじき愚作だとずっと思っているので、この動きには賛成だ。

さて、販売を再開した羊串を注文したのだが、これはやはり優れものだ。一体どこで串打ちをしているのだろうかという疑問はさておき、羊肉を食べさせるレストランといえば、ジンギスカン屋くらいしかない。それがファミリーレストランで食べられるのだから、実にうれしいことなのだ。ジンギスカンの本場、北海道(岩手県や長野県の方で異議がある人がいるのは知っているが)で、サイゼリヤの羊はどういう評価なのだろうか。

塩と胡椒は大事だ

しかし、すごいのは羊肉だけではない。この羊肉についてくる、なんとなく中東や中央アジアの匂いが漂う、怪しげなスパイスが絶品だと思う。これだけ注文できないものかと、最初に羊を食べた時に思ったのだが、なんと、今回の値上げの流れで「やみつきスパイス」50円として堂々と登場した。これはうれしい。
このスパイスをハンバーグにかけて食べてみたいと思っていた。サラダに合わせても良さそうな気がする。できればテイクアウト用に小瓶に入れて売って欲しいくらいだ。

サイゼリヤはいろいろな調味料をかけて、自分で「味変」を推奨しているが、そのためには普通の醤油とかケチャップとかのありふれた調味料以外にも、追加投入しないかなと思っていたので、この「やみつきスパイス」路線は是非継続して欲しい。できればスパイスバーとかソースバーみたいなものが欲しい。あるいはソースが10種入った「ソースだけのスペシャルプレート」みたいなものがあっても良い。プレーンなハンバーグとサラダにソースバーのチョイス。これはうれしいなあ。

サイゼリヤで羊を食いながら、グラスワインを飲んでいた時の妄想というか要望だ。