旅をする

チャシ 蝦夷地の城跡

根室市内から車で20分程度、納沙布岬の近くに「日本100名城」がある。多分、一番東で一番北にある名城だ。チャシと呼ばれるアイヌの軍事施設で城郭跡地だ。説明書きがなければ、ただの原っぱとしか思えない場所にある。ここに立てこもって戦争をしたとすると、いったい誰が相手だったのかと思うような場所だ。そもそも高配置に守るべき場所があるようにも思えない、

北海道全体には、このようなチャシが数十箇所あるようだ。アイヌの人たちが好戦的だったのか?それとも民族内紛争のようなものが活発だったのか?その辺りの知識が全くない。小学校の時に習った「北海道のおいたち」には、そんなことは全く触れていなかった。(記憶が定かではないが・・・)実は、アイヌ関連の歴史は、当時触れてはいけない、不都合な真実だったのだろうと思う。今でも、積極的に教えているとは思えない。教えてはいけない、教えたくない、不都合な真実は、明治以前で言えば大和朝廷の日本征服の話と、明治以降で言えば日露大戦以降の戦争に次ぐ戦争とその結果の亡国、その責任の話だ。アイヌの話はその隙間になる異民族抗争の話だから、余計に語りずらいのだろう。国連で非難されて、初めて関連文化施設を作ったくらいの反省のない国だから仕方がない。

この辺りは野鳥の観察地でもあるくらい、のどかな場所らしい。あたり一面が野原で、背の高い木は一本もない。冷涼な気候が木の成長を許さないということだろうか。原野という言葉がピッタリしすぎている。

チャシの入り口から見ると台形の城郭基盤が見て取れる。ここに城?が立っていたようだ。おそらく海岸がよく見える場所ということで作られたのだろう。ということは、戦う相手は海から攻めてきたわけだ。トドの背に跨った海洋戦士みたいなものか?などとおバカな空想をしていたが、夏だというのに気温は低い。冬だったら、眉毛が凍る寒さだろう。

高台にあるチャシの下には、今は漁港が広がる。船を泊めるのには良い地形だったのだろう。オホーツクの海が、冬には流氷に覆い尽くされるので港を作るのは苦労しただろうとは想像できる。

海岸に沿って伸びる漁港は、コンクリートで作られた防波堤に守られていた。つまり、ここは近代になって新しく作られた港でもある、ということだ。

こるまで5分ほどの距離の場所に、もう一つのチャシ跡があるようだが、そちらも見栄えは同じだろうとサボってしまった。茶氏の横には大きな風力発電の風車が建造されていて、その城跡と風車の対比も面白いかなと思ったが、あいにくの曇り空なので諦めた。

旅をする

日本100名城をまわる 川越城

初めて行った100名城は川越城だった

旧城内は公園になっていることが多い

きっかけはテレビのバラエティー番組だった。100名城というものがあることを知って、本屋にガイドブックを探しに行った。ペラペラとページをめくっていると見慣れた地名がある。家から車で30分もかからない場所で、晴れた日で気持ちが良いというだけでその城に行ってみることにした。帰りにはどこかでうなぎでも食べようか程度のお気楽な気分だった。(ちなみにその街はうなぎが名物なので、お城を見に行くのは「うなぎ食べたさ」のための良い言い訳だった)

駅からは市内観光の循環バスでお城の目の前まで・・・。が、お城などどこにもないのだ。間違ったか?慌てて100名城ガイドブックを見直す。やはり正しい場所だ。後から分かったことだが、よくテレビに出てくるような城壁を持った天守閣のある城というのは、きわめて例外的存在だ。今、日本に存在する城は、城跡あるいは城跡に復元されたレプリカが大多数であって、戦国時代からそのまま残っているものは数えるほどしかないのだと。

戦国期に築城された城の大部分は、徳川政権によって大きな制限を受けた。新たな築城どころか焼失後の再建も許されないほど厳しいものだった。まあ、城郭とは戦争の時に篭る場所であり防衛拠点だから、政権側としては反乱の道具にされかねないので建築を制限したというのは理解ができる。
その後、戊辰戦争が終わり明治政府が旧体制、徳川政権側の城を叩き壊した。まさしく反乱拠点の撤去ということだろう。だから、東日本には戦国期、徳川期当時の城はほとんど現存しない。西日本に古城が多く残っているのは、西国出身社が明治政府を牛耳ったからだ。そして、わずかに生き残っていた城も太平洋戦争の空襲で破壊される。
だから、お堀に城壁に天守閣という美しい姫路城のような城は、ごくわずかの例外を除くとほぼレプリカ、復元ものだ。大阪城も、名古屋城もレプリカで、リアルに残っている代表は松本城。

これが川越城の跡

さて、最初に訪れた川越城は、そういった意味でお殿様の居住用の館しか残っていない。それでも館の中には執務スペース、居住スペースなど大広間がたくさんあり、現代風に言ってみれば20LDKくらいになる平屋、南側庭付き、日当たりよく眺望良好みたいなものだった。確かに、300年くらい前はここがお殿様の公邸だったわけで、それなりに感動もするが、でもね・・・・。これがお城?と言いたくなるのも確かだ。
わざわざ持っていった一眼レフが泣くぞというくらいビジュアル的には地味だった。

南向き絵のお庭


ただ、100名城ガイドブックを見ると、全国にある城の写真が紹介されていて、中にはイメージ通りの姫路城級の美形もたくさんあるようだ。せめて一つくらいはきれいな城を見てみるかと、何気なく始めた城巡りだった。
その後、本屋で見つけた、『新100名城ガイドブック』なるものを読むと、好評につきあと100個追加しましたみたいなことが書いてあり、新旧合わせて200名城であることが判明。100も200も同じようなものだとスタンプ求めて名城巡りを開始することになった。自分でも、全ての城を巡りきれるとは思っていないが(北は北海道から南は沖縄まで、おまけにあちこちの離島にも分散している)、観音様巡りも一段落したことだし、やってみますか的なノリで始めたのだが・・・。

お殿様の公室

さて、初めての城は「川越城」。徳川政権5代目綱吉の時代に、柳沢氏が治めたことで知られる。元々は小田原北条氏時代の武蔵国北方の拠点であり、また新河岸川の水運によって商業集積地としても栄えた「河越」。ここを越えると北は東松山から厩橋(現在の前橋あたり)、沼田に抜けて新潟に至る。戦国時代には河越夜戦で有名な係争地でもあり、越後から攻めてくる上杉氏への対抗拠点でもあったようだ。
ただ、城がない。お城の後は公園になり、道を挟んで向かいには博物館がある。近くには川越大師 喜多院もある。小江戸川越の中心地だったはずなのだが。

会議中の光景はこんな感じか

その後、城巡りを始めて理解するようになったが、城跡は公園になるか、県庁や市役所などの官庁になることが多いようだ。特に、地域の行政の中心で商業の中心(城下町)だった場所は、鉄道の駅がお城から離れたところに作られたこともあり、今ではすっかり寂れた昔の繁華街となることも多い。おそらく鉄道駅が近くにできて街の中心地であり続けたのは、江戸城・皇居くらいしかないのではと思う。だから、城跡をあるくと「兵どもが夢の後」的な感じが強くする。

介護用の広間らしい

川越城は観光地的な城ではなかったこともあり、その先のお城めぐりをするスタートとしてはよかった。この後に見て回った家の近くの城が、これまた随分お城のイメージを裏切る「山城」が続いたからだ。

山城にくと、これって城ですか?という疑問が・・・

面白コンテンツ

八王子城と桜雑感

八王子城入り口

東京都八王子の山の中に八王子城跡がある。高速道路から少し離れた場所で、周りは霊園だらけというところ。勇壮な天守閣が残っているわけではない。北条氏が豊臣軍に蹂躙された時代に小田原防衛のために築城した山城だが、あっさりと落城したようだ。

山城の防塁は、だいたいこんな感じで傾斜の急な坂のように見える。ただし、当時は草が生えてもいないはずで、粘土で仕立て上げられた坂なので、ちょっと水が被っているとツルツル滑って大変だったらしい。

展示館の解説

そもそも関東圏では、石垣を組んだ城は少ないようで、水堀で有名な忍城や、この八王子城のように山城をドロ坂で構築したものが多かったようだ。廃城になった後は山に戻っているので、なんとなく木の生えていない坂がダラダラと続いているようにも見える。ぱっと見では、あまり城っぽくないというか、ただの空き地だ。

所沢 航空公園

城を見に言ってしばらくしたら花見の季節になっていた。近くの公園に行ったら菜の花と桜が満開だった。春だなあ、と思いながら意外と気温が低い。そうそうにひきかえしてきたのだが、実はこの桜の名所が「旧陸軍飛行場」だったことは所沢市民もよくわかっていないようだ。当時の滑走路は今でも米軍の基地(無線情報収拾用)であり、航空官制所がある。米軍無線情報基地は、戦争状態になると最初に狙われる施設の一つだし、所沢航空管制所が機能を止めると関東圏で飛行機の離発着が不可能となる戦略設備なのだ。テロの標的にされても不思議ではない。まあ、戦国時代の八王子城も、一戦あれば戦場にと思っていて、実際に戦場になった珍しいお城だが、所沢の大きな公園も同じような場所なのだよね。