旅をする

神社と酢豚の微妙な関係

2017年の記憶 #15 昔に撮ったiPhone写真から引っ張り出してきたあれこれ

神社巡りは昔から好きだった。出張や旅をしたときには、時間が取れる限りその地の神社にお参りに行っていた。ただ、奈良の神社は高校生の修学旅行で、かなり嫌な体験をしたこともあり、基本的に「NO」としていた。これだけを歳をとれば時効にしても良いだろうと思い直し、「あおによし」南都の神社に行ってみることにした。大和朝廷がどこで誕生したのかの議論はさておき、成立した当時の大王の一族は、この奈良の南部を中心に勢力を張っていたのだろう。だから三輪神社は朝廷の主流一族の氏神として、最高権威を持っていたはずだと思っている。現在の奈良中心部は仏教勢力によって締められているが、平城京の時代に起きた神仏の勢力争いの結果だから仕方がない。そのため奈良中心部から奈良の南の外れにある三輪神社に行くのは、なかなか大変なのだ。神社勢力が勝てば、この三輪神社周辺が都の中心になっていたはずだ。それも6−7世紀の政治の影響なのか、などと感慨深く思った。

この写真

三輪神社の周辺は駅前に多少飲食店がある程度で、賑やかな門前町という感じはしない。平日午後となれば、実にのんびりした気配になっていた。名物三輪そうめんを食べてみたい、などと考えていたが、それらしき店も見つけられないまま奈良中心部まで戻ることになった。
結局、昼飯は近鉄奈良駅近くのアーケードを歩いて、あおによしな和食店を物色してみたが、いつもどおりに町中華の店にふらりと入ってしまった。賑やかな店で活気があるのは良いが、奈良らしさみたいなものはまったく存在しない。注文したのはこれまたいつも通りの酢豚定食だった。
なぜか神社に行った後、中華料理屋に入る確率が高い。そして大体は酢豚を頼んでいる。何やら神様が酢豚を食べることを推奨しているような気もするが。きっと日本にいらっしゃる八百万の神様の中に、大陸中国起源で豚の守護者みたいな方が存在するに違いなく(恵比寿様とか福禄寿がそう言う外来帰化系ですねえ)、その方に付き纏われていると言うか、背中にずっと乗ったままにされているような気がする。酢豚の神様だから南方系、つまり広州あたりから海を渡ってきたのだろうか。まあ、これは酢豚の呪いというより福音と考えるべきだろう。

【訂正】この酢豚の写真を大阪みなみで食べたと勘違いして、先日使ってしまいましたが、奈良の中華料理屋でたべたものでした。訂正します。あまりにあちこちで酢豚を食べ過ぎたため、記憶が混乱していました。弁解してもしょうがないのですが、酢豚のルックスは日本全国どこに行ってもあまり変わらないので・・・。すいませんでした。

食べ物レポート

札幌の中華料理屋を偉そうに研究してみると

札幌といえばジンギスカンとラーメンというステロタイプな話はちょっと脇に置いておき、札幌の中華料理店を考えてみる。ラーメン屋ではなく中華料理店だ。もともと日本の中華料理店には二系統あるように思ってきた。一つは日本が大陸を含めあちこちに出張っていた時期に、日本に渡ってきたメインランドチャイニーズをルーツとする、いわゆる本格派中華料理店。チャイニーズが日本人の下に合わせて調整しながらも、外国料理店として確立していったもの。横浜とか神戸にある中華街はこの典型だ。
もう一つは戦争に負けて、大陸から引き揚げてきた日本人、特に元軍人が当時を思い出しながら再現した、日本人の中華料理。言って見ればなんちゃってチャイニーズ料理であり、あっという間に日本化したもの。このタイプにはラーメン店や餃子店なども多い。で、札幌のチャイナレストラン事情なのだが、どうにもなんちゃって感が強いというか、ルーツなしなのではないか?といいたいぐらいで、ラーメン店から逆進化したようなとでもいえば良いのか。日本人が日本人に習って覚えた中華料理なのだろう。第三の波、サード・ウェーブ・チャイニーズといっておこう。

サードウェーブのキング? 「布袋」

布袋のザンギ

そんな札幌的中華料理店で超がつくほど人気なのが「布袋」のザンギ。そもそもザンギと鳥の唐揚げは違うのかという哲学的な命題だが、多分違う、いや、違うんじゃないかなと思う。スーパーの惣菜売り場やデパ地下の食品売り場では、ザンギと鳥からが別に売られていることもあるので、多分、違うものなのだ。個人的見解でいえば、しょうゆ味でにんにくとしょうががきつい味付けなのがザンギ。衣はデンプンの場合が多い。(竜田揚げ風ね)まあ、ザンギはローカルルールの塊みたいな商品なので、にんにく味の鳥の唐揚げは、大体の札幌人がザンギと認めるのではないか。そのザンギの名店が「布袋」であり、当たり前のようににんにくとしょうががガツンとくる。うまい。衣はカリカリしているので、揚げたてを食べつと中から熱々の肉汁と脂が飛び出してきて、口内火傷は必至だ。危険な食べ物なのだ。ついでに頼んだ春巻も実に好みだ。一緒についてくるつけ出汁も良いが、ここは浜松餃子風に酢に黒胡椒をたっぷり入れたものをつけて食べたい。ビールのお供のワン・ツーフィニッシュ。「布袋」恐るべしなのだ。

町中華の王様 「香州」

札幌で待ち中華の典型だった五十番がビルの建て替えで閉店してしまい、残る老舗といえば南3条西4丁目角「香州」のみか。この店もいい加減古いから客層はもうすっかり高齢者限定といいたいぐらいなのだが、味の方はまだまだこってりとしていて、オススメはこの大ぶりのシュウマイ。横浜崎陽軒のシュウマイは首都圏の定番と言えるが、札幌でうまいシュウマイを食べたければこの店に限る。カニシュウマイでちびちび紹興酒をロックで飲んでいると、これまた「貧乏人の桃源郷」となってくる。この店はいささか頑固なポリシーを持っていて、入り口にわざわざ「当店には禁煙席はありません」と書いてある。このネット社会では札幌の片隅の老舗にも外国人観光客が押し寄せてきて、禁煙席を要求するらしい。だったら日本語ではなく、簡体略字で「禁煙席ありません」と書けば良いのになと思いもする。

そして、本命中の本命酢豚を食す。これがまた良い、愛してやまないパイナップル入りに酢豚だ。人参が少なめなので色気が悪いが、味は抜群で、昭和の中華の定番的な甘酸っぱさがする。最近はやりの黒酢酢豚(具材は豚のあげたのだけ)みたいな偏屈な食い物ではない、野菜たっぷり、玉ねぎシャキシャキな酢豚だ。ご飯にかけて食べたいおかずな酢豚だ。この店で食す料理は、皆平成のオシャレ感はない昭和ストロングスタイル。令和の時代に生き残っていけるか心配だが、少なくとも自分が生きている間は元気に商売が続いていることを祈るしかない。

札幌に来たら中華を食べろとは言わない。が、布袋のザンギは食う価値がある。香州の酢豚も同じく食う価値がある。

食べ物レポート

ゴージャスに酢豚 in 北海道

冬の北海道はモノトーンになる。雪が降っていてもいなくても、日が差さなければ白と黒の世界になってしまう。実はこの色彩のない世界が、冬の鬱陶しさの元凶なのだと気がついたのはつい最近のことだ。

だから温かいものを食べようとならないのが、北海道の摩訶不思議。寒い場所だからこそ、暖房を目一杯効かせるのがご馳走で贅沢ということか、冬の室内気温はだいたい27−28度。夏より暑い。おそらく、まだ薪や石炭で暖を取っていた時代には、温度調整がこまめにできないから出来上がった習慣だろう。確かに小学校時代のコークスストーブでは、ストーブ近くの席に座るとサウナのようで、廊下近くの席では寒さで震えていたような記憶がある。休み時間には廊下側の寒い席席の生徒がストーブの周りで暖を取っていた。これも昭和中期のアルアル話だが。

北海道でアイスクリームとビールが一番売れるのは2月だそうだ。北海道民からすると、一年で一番暑い季節(室内限定)で、おまけに暖房のせいで湿度は最低。喉がカラカラになるとビールがうまい。確かに東京界隈でも体感温度が27度くらいになるとビールがうまい季節だし。(5月後半から6月くらいですねえ)鍋なんか食べると真面目に汗だくになる。

札幌 香州の酢豚

それで、酢豚の話だが、室内は暑くても屋外は死ぬほど寒い。10分歩けば骨身にしみる北海道だ。おそらく動物的な感覚というか本能的にというか、冬には油のたっぷりな料理が食べたくなる。そういう意味で中華は冬向きの料理だと思っている。(あくまで個人的にですよ)中華もすっかり調整ソースが普及したので家庭料理化しているが、どうも幼少時に刷り込まれた記憶のせいか、中華料理=酢豚と条件反射的に思ってしまう。チンジャオロースーとかホイコーローとか、色々と思い浮かぶ料理はあるのだが、やはりまず酢豚を頼んで、それから二皿目にあれこれ考える的な注文の仕方だ。

酢豚はローカルルールの塊みたいな料理だと思う。豚の唐揚げは間違いないが、それ以外には玉ねぎがレギュラーで、人参、ピーマンは準レギュラーだから出たり出なかったりする。しいたけとタケノコは高級店では出てくるスター級だが、安っちい店では出番なし。そして、ローカルスターがあちこちにいて札幌地方では「バイナップル」君が一応エース級で登場が多い。関西ではキュウリが入っていたことがある。地元所沢で大陸中国帰国子女経営の中華料理店で、黄桃(缶詰のやつ)が入っていた時は腰が抜けた。(ただし意外とうまい)著名な中華料理店では、黒酢の酢豚が増殖中で、これは酸っぱい物好きには良いが、甘酢を期待するとちょいと厳しいことが多い。黒酢というと健康的なイメージと高級感が出るということでしょうね。肉の塊二と玉ねぎ少々で二千円も払うのだから、お店にとってはたまらない。とにかく、酢豚の地平線はどんどん遠くまで広がっているのだ。

などと、息を上げて語るほどの話題でもないのだけれど。永遠の酢豚中毒でありますね。