街を歩く

渋谷の焼き鳥 新旧比べて思う

鳥貴族が東京に進出してきた頃、わざわざ食べに行った。確かに全品ワンプライスで焼き鳥も大串なのが「よくできた仕組み」と感心した記憶がある。都心部繁華街の2階に出店するという出店戦略も、目的来店を誘う意味では正しいと思う。そして、ある程度店舗の知名度が上がれば、この黄色と赤の目立つ看板が、どこの街に行っても安心して焼き鳥が食べられるという「焼き鳥のマクドナルド化」みたいなことが起こるのかと思っていた。
地方都市に出店して店舗数を増やすのではなく、大都市で密度をあげて多店舗展開できる都市型コンセプトだなと、焼き鳥を食べ酒を飲みながら考えていた。従業員が終電に間に合うように閉店するというのも良い考えだと思った。

その後、鳥貴族は色々あったようだが、やはりコロナに直撃されたブランドだった。休業もしていたし、閉店も余儀なくされたようだが、最近は復調したのかと思っていた。久しぶりに鳥貴族に行ってみようかと考えていたのだ。ただ、この看板を見て、何やら心が痛くなった。夕方から開けるはずの店が昼から開けるとは効率を犠牲にしても家賃分くらいは売り上げ確保したいということだろう。
サラリーマンだったら、そこそこの数の鳥貴族ファンがいて、応援にランチを食べに行こうという気になるかもしれない。ただ、出てくるのはランチではなく普通の焼き鳥らしい。鳥貴族の主客層の若者、大学生あたりではどうだろう。昼から焼き鳥で一杯というのもトリキであれば行けそうな気もする。

その近くにある古典的な渋谷系焼き鳥屋も何やら昼から一杯やれそうな雰囲気だった。どうしてしまったのだ、渋谷の街はと言いたくなる。ただ、昼飲みOKになってもよっぱらいオヤジが赤い顔してウロウロしていることもない。一度確かめに行ってみようかと思うのだが、この界隈はマークシティや東急プラザなどのおしゃれ系の街に変わってしまったので、ちょっと足が遠ざかっていた。今でもオヤジは大丈夫かなあ。

ここしばらくご無沙汰の渋谷の名店は昼営業はしていないみたいだ。この店もかなり狭くて、2階の座敷で飲んでいると、肩を寄せてどころか体が密着しそうなくらいだったが焼き鳥。今では三密対応で、どうしているのだろうか。東京都の虹マークが貼ってあるから、多分二階席も間引いていると思うが。

早く、いつものように焼き鳥を焼く煙にまかれながら、焼き鳥をグワっと噛み締め、ビールをグビグビ飲む暮らしに戻りたいものだが、来年の夏はそこまで戻っているかなあ。

食べ物レポート

串鳥 地元の駅前で開店から飲む

北海道の札幌近郊に実家があり、仕事で出張するときにはふらりと里帰りをする。元々オイルショックあたりに開発された大規模団地なので、東京でいえば多摩ニュータウン、大阪で言えば千里あたりのイメージに近い。つまり住民が高齢化し、町の新陳代謝が進まないまま人口減少しているという場所だ。

だから、駅前とは言え飲み屋街があるわけでもなく、仕事帰りに一杯やろうという場所も少ないのだが。どうやら高齢化した住民が、ススキノまで飲みに行くほどでもないかという気分で、手近な飲み場所として大盛況している焼き鳥屋がある。その「串鳥」はスーパーの入り口という全く居酒屋には似合わない場所にある。

串鳥」は、北海道では有名焼き鳥チェーンで札幌市内のあちこちに店舗があるが、ここの串鳥ほどローカルニーズに支えられている店はないだろう。メニュー自体はススキノの真ん中や市内繁華街にある繁盛店と同じ。当然焼き鳥もフルラインで揃っている。
4時開店で、5時にはほぼ満席になるのだから立派なものだ。ちなみにこの街にはファミリーレストランはない。マクドナルドが幹線沿いにあった。(今はない)ケンタッキーもない。
だから、週末には焼き鳥屋がファミリーレストラン化する。おそらく祖父母のいる実家に子・孫が遊びにきたので、三世代でハンバーグを食べる代わりに焼き鳥屋に出動するということだろう。

お値段は札幌価格でリーズナブルだし、メニューも多い。飲み物も手頃に揃っている。まさしくファミリーレストランの要件は満たしているからの人気店ぶりだ。その結果、すごくうるさい。串鳥の店で会話をすると喉が枯れるというのも、これまた常識だ。

オススメのメニューはというと鳥串と(北海道的に言うと鳥精肉、東京風にねぎまと言われることはあまりないようだ)つくねだろうか。鶏団子を3個刺したものをつくねと言っていた時代もあったが、いまわ串鳥のせいで棒状つくねがデフォルト形態になったようだ。

串鳥のおもてなしは(?)は、注文前に鳥スープを持ってくるところだが、スープをすすりながらビールを頼み焼き鳥を適当に注文する。(個人的には胃に優しいので鳥スープはありがたい)焼き物を頼むと多少時間はかかるので、小鉢というか小皿料理を頼むのだが、絶品は鶏皮の酢の物。皮は湯引きしているのであまり油っぽくはない。これをつまみにちびちび酒を飲み焼き鳥が来るのを待つというのが「正しい串鳥の作法」と言いたい。

このタイミングで釜飯を注文しておくのも串鳥通だが、釜飯の話は別の機会に。

食べ物レポート, 旅をする

焼き鳥と唐揚げ 札幌発で二番目?

札幌でおそらく一番有名な焼き鳥屋は「串鳥」だろう。一号店はすすきの地下鉄駅直結のビルの地下、カウンター席のみで誰かが座っているとその後ろを通るのも困難があるほどの狭さだ。そんな串鳥が札幌から全道に広がり、ついには浸かる海峡を越え仙台へ、そして東京まで広がっている。串鳥がある町には、大阪発の焼き鳥屋キラー「鳥貴族」も出店できないだろうと思う。ところが、その串鳥に果敢に挑戦?しているのが、同じく札幌発の「焼き鳥ダイニング いただきコッコちゃん」。前から気にはなっていたのだよね、この鶏の3D看板。卵に足がついたようなこのフォルム、ちょっとニワトリとしては面白くないかなあ?

にわとりこっこちゃん?がお出迎え

そして、お店に入って注文しようとすると、何とイチオシが焼き鳥ではなく唐揚げだという、凄さ。そしてここでも湧き上がる、ザンギと鳥の唐揚げの違いは何?
確かに塩ザンギと言っているから普通のザンギのしょうゆ味とは違うことはわかる。しかし鳥唐揚げとの差は何なんだー。

それで、注文してみました。鳥の唐揚げと塩ザンギのセット。食べ比べてみても???な感じがする。鳥の唐揚げがザンギっぽい、塩ザンギがしょうゆ味ではない。って、これで答えにはならないような・・・。揚げたてなので、美味いですよ。文句もありません。しかし、誰かと一緒に行ったら、結構盛り上がる話題になるかも。

ザンギもどきと塩!ザンギ

焼き鳥は軟骨と砂肝でお店の腕試し。この二品の品質でその店のレベルがわかる。匂いがしたらもうアウトで、二度と行かない。最近は仕入れの段階で問題がある肉はほぼないので、匂いがするということは今日仕入れた肉ではないということ。内臓系の肉は二日は持たないと思うが、たまに使い回す店があるのだよね。ここの軟骨はグッド。

続いて砂肝もノー・プロブレム。安心して使える店と認定。しかし、自分のピョソウと違って、焼き鳥屋というより鳥居酒屋みたいな感じ。ちなみに店内は禁煙席がどこにあるのかなーという感じなので、やはり札幌は喫煙率が高いのだなと。
北海道のおもしろ統計データで、喫煙率と離婚率と借金率が全国平均と比べてダントツに高いのだよね。

砂肝 うまし

焼き鳥ダイニングというネーミングはまあ良いとして、炭火手焼きは、わざわざううまでもないと思うが。確かに、ガスで焼く焼き鳥屋も多いし、最近は焼き鳥マシーンで焼いている店もある。手仕事に価値観を見出す人も多いはずだから、まあ、いいんだけどね。どちらかというと、鳥の由緒だったり、味の違いだったりを威張って言ってもらいたいなと思うのは自分だけなのかなあ。
まあ、串鳥と違う路線であることはよくわかりました。

食べ物レポート

大好きな焼き鳥ともつ焼き 東京編     恵比寿「田吾作」

ガツ・タン・砂肝が注文の定番

もう30年以上前のことだが、もつ焼きと焼き鳥の区別がつかなかった。東京に来てしばらく経って、もつ焼き屋の親父に教えられるまで、単純に暖簾の違いくらいに思っていた。(札幌の焼き鳥屋が、そもそも鳥以外のものを焼きすぎていたせいだ)東京のもつ焼き屋で、おっかなびっくりモツのあれこれを食べ、焼き鳥屋の内臓系の肉も、これまたびっくりするほど種類が多く、東京には恐れ入りましたと思って以来、焼き鳥屋に足繁く通うの事になるのだが・・・。

砂肝は、日本全国どこに行っても出てくるが、ガツという代物はあったりなかったり。このあまり味のしない、肉のグミ的食感が好きで、メニューにあるとつい頼んでしまう。ガツのあっさり系と合わせて食べるのは、豚タン。仙台名物の牛タンとは違い、ちょっと安っちい脂身というか、こってりした味が良いとおもう。昔は焼き鳥屋に行けば10本やそこらは簡単に食べていたはずだが、最近は5−6本でもう十分となる。そこがちょいと悲しい。できれば、この後はレバーくらい食べたいのだ。鳥のささみの梅しそ焼きも食べたいのだ。(もつ焼き屋にはないけれど)

しょうがないので、キャベツのお新香あたりで紛らわすことにする。恵比寿に古くからあるこの「田吾作」という店では、蕗や筍の煮物もメニューにあるので、それで肉とバランスをとりながら飲むのがよろしい。

ホイスとホッピーの違いは難しい

この店の不思議な飲み物。「ホイス」である。なんというか、ホッピーを少し甘くした感じというか、ハイボールをすごく薄めた感じというか・・・。東京では恵比寿と渋谷のどこかと、もう一箇所くらいでしか飲めないらしい。(あやふやな記憶でありますが)  

味付きのチューハイというのが一番わかりやすいかもしれない。串焼きにはよく合う。だからつい飲みすぎる。それはいけないということで、まず一杯目の生ビールは諦める。「とりあえず生」を諦めるのは英断である。最初からホイスを飲み、すかさず速攻で二杯目。その頃には串が焼きあがる。ガブリガブリと・・・肉を頬張る。溢れる肉汁、うまいなあ。ここで、ちょっと思案をして、気を引き締めながら日本酒をコップ酒にする。この店は山形の「初孫」が定番の日本酒。コップ酒は、一合は入っていない。それをちびちびやり、焼き物を平らげて、おもむろに締めのホイスを一杯注文。これくらいで止めれば、なんとか後遺症もなく好い加減で酔っ払う。ホイスだけで進行すると、なぜこんな勘定になる??というほど、ホイス代がかさむ。飲み口が良いから、ついついお代わりをして、罠にはまってしまう。

東京という街には、いたるところに焼き鳥屋ともつ焼き屋が散在しているが、これまた美味い店、流行っている店、静かな店、いろいろある。ちょっとした駅前であれば焼き鳥屋の2軒や3軒はすぐ見つかる。ただ、焼き鳥チェーン店の「コンビニ的な明るさ」が微妙に苦手な歳になっているので、やはり疲れたダメ親父的サラリーマンが一人飲みするような、ちょっとうらびれた感じの店が好ましい。そんな時には、やはりホイスかホッピーにしておきたい。大都会東京のささやかな楽しみであります。