食べ物レポート

池袋でコスパな洋食

オリエンタルライスと黒カレーの相盛り

池袋の南のハズレにある大型書店の横の狭い道を入ったところにある洋食屋を見つけたのは5年ほど前だった。たまたま本屋を目指していて通りかかったのだが、店先が明るかったので、ふと中を覗き込んでみたら食堂らしい。なかなか賑わっていたので、今度一度試してみようと思った。それ以来何度も足を運んでいるが、お江戸の洋食屋らしいメニューで、腹ペコモードの時はありがたい。浅草や銀座界隈のちょっと大人な、そしてお値段もお高い洋食屋とは全然違う。街の洋食屋であり、隣に〇〇軒みたいな町中華が並んでありそうな、私鉄駅前徒歩3分みたいな立地にありそうお店だ。
オムライスもうまいのだが、最近は黒カレーと合わせたあいもりを頼むことが多い。フライをセットにすることもできるが、それはちょっとカロリーが高すぎると自粛モードだ。
この店のオリジナルはオリエンタルライスという、ガツンとくるニンニク味の焼肉がのっかテイルライスメニューで、それにカレーを追加する。気分的には、カツカレーに近い。神保町の黒カレーの老舗が閉店したので、黒カレーを食べるには難度が高くなっているのだが、ここに来れば安心の定番メニューがお出迎えしてくれる。

昼時には近隣の会社員が押し寄せる人気店なので、昼のピークをずらしていくようにしているのだが、それでも店内はほぼ満席だ。いつ行っても店頭に自転車が置いてあるのが何やら池袋らしくない。店のちょっと先の交差点を渡れば西武百貨店という超繁華街立地なのだが……。まあ、この辺りが池袋らしいということかもしれない。

コロナの間は行っていなかったので、おそらく2年ぶりくらいになると思うが、相変わらずの「満足度高いランチ」だった。ご飯大盛りのサービスはあるが、できれば小盛り対応も検討してもらえないかなあと思うのは、この店に適合する胃袋を持たなくなったため。ちょっと寂しい。
具沢山の豚汁がセットになっていることもあり、感覚的には2食分食べた気になる。その満腹感は、超がつくほどでお値段と考え合わせると、コスパ最高ということだ。問題は、黒カレーを食べながらオムライスが食べたくなったり、追加でチキン南蛮も注文したくなる「多彩で魅力的なメニュー」なのだ。おそらく週に2–3回来店するヘビーローテーションをしなければ、達成できないのだなあ。
次行くときは、何にしよう。

街を歩く, 食べ物レポート

洋食屋は久しぶりだったのだが

新宿歌舞伎町を見下ろすビルの中にある洋食屋「はやしや」に久しぶりに行った。自粛が強制されて以来だから3ヶ月ぶりくらいになるのか。店内はソーシャルディスタンス対応で席の間隔が広い。窓際は外に向かっての一人席に変わっていた。

アジフライ定食が一番安い?

定番のオムライスにしようかと思ったが、メニューを見ていたら、いきなりランチ定食、それもアジフライが食べたくなり、洋食屋っぽくないルックスのアジフライ定食を注文。味噌汁に丼飯、まさしく定食だった。醤油とソースがついてくるのが面白い。

アジフライを食べてしまった後で、やはり洋食が食べたくなり、今更ハンバーグ定食を頼むわけにもいかず、米は丼で半分ほど食べてしまったからオムライスという選択肢もない。ふと、ピザを頼んでみようかと思ったのが間違いだった。

チーズ大盛りのミックスピザ

この店のピザはチーズが大盛りで、カットされたスライスを手で持つと、ほぼ完璧にチーズがずり落ちるというボリュームだ。料理としての完成度はどうなのよと言いいたところもあるが、チーズをたっぷり食べたい人向けの「正しいピザ」だ。決してピッツァではない。だから、このピザを食べる時にはフォークまたは箸が絶対に必要で、感覚的にもお好み焼きを食べるのに近い。

半分食べたところで量に負けてほぼギブアップしてしまったが、洋食を食べたという達成感はたっぷりだった。当然、食べ残しの罪悪感も同じくらい・・・。まあ、仕方がない。これも全部自粛強制のせいだと言い訳して、久しぶりの洋食屋をあとにした。

あれから、2週間が経ち「夜の街」関連で、既に新宿は近寄ってはいけない場所になりつつある。次にこの店に行けるのはいつのことだろうか。

それまで、頑張っていてくれ。はやしやさん。

旅をする

松本で洋食屋

松本の町には川の流れに沿った中町と言うおしゃれな一角があり、そこには蕎麦屋や喫茶店、小洒落たカフェや焼き鳥屋などが混在する実に楽しい空間だ。
そこにある洋食屋がたいへん好みなのだが、残念なことに週末は待ち時間が長くてなかなか入れない。外見を見ると昔風の喫茶店みたいな感じがするが、中はシックなレストランで、二階席もある。

店外に書いてあるメニューが実に好ましいい。オムライスとナポリタンにハンバーグで「大人の洋食セット」となっているが、これは下に書かれているお子様ランチに対抗したメニューではないか? つまり、「大人様」ランチなのだと個人的に解釈していて、注文するならこれだと思う。

コロナ自粛で県境を閉ざした感のある長野県だが、広域移動可能となればまた訪れてみたい町が松本。しかし、まだまだ県外ナンバーはいじめられそうな気もするのも確かだ。JRで行ってお散歩するのが良いのかもしれない。

JR松本駅から松本城に向かう途中。お城を見た後帰りにぶらぶらするのが良いかもしれない。

食べ物レポート

はやしや でランチ

新宿アルタ裏の洋食屋「はやしや」で、居酒屋使いをして飲むのが最近のお気に入りなのだが。実は「はやしや」 は飯屋なので、ランチを食べにいくのが定石ということでもあるのだ。

定番 ハンバーグランチ

ランチで注文するとすれば絶対定番は「ハンバーグ」。卵が乗ったハンバーグは、洋食屋のレベルを見せつける「判定」メニューだろう。ファミリーレストランで食べるハンバーグにケチをつけるつもりはないが、やはりこちらがうまいと言いたくなる。何が違うのかと言われると、肉の質ではなく、肉のブレンドなのかななどと考えてしまう。食感がとにかく違う。ハンバーグはやはり粗挽きが美味い、肉を食べている気がする。

ナポリタン 乾麺旨しだ

洋食屋でパスタと言ったらナポリタンでしょう。日本で発明された純正日本食のはずのナポリタンが、イタリアのナポリに行っても絶対食べられないナポリタンが、好物なのだ。ペペロンチーノも美味い、カルボナーラもリッチに作れば美味い。明太パスタは日本人が産んだ名作だ。ウニクリームに至っては日本生まれの世界水準というべき「和イタリアンの至宝」だと思う。しかし、ナポリタンに勝てるパスタはない(という個人的な想い)。はやしや は、数ある喫茶店ナポリタンも含め、東京のトップレベルなのだ。(これも個人的感想)たっぷりとタバスコかけて楽しむべきだ。

サラミピザ

ランチメニューではないが、ランチに食べると良さそうな「サラミのピザ」。これも洋食屋のピザと言うべきで、イタリア生まれのピッツァとはまるで異なる代物というべきだ。ぼてっと厚くかかったチーズ、その下で煮えているサラミ(チーズが厚くて焼けないのだ)と玉ねぎ。一切れ手にとるとずっしりと重い。ソースの味も濃厚で、チーズに負けないバランス。この一枚を一人で食べると、チーズで胃もたれが起きそうだ。これを食べる時は絶対に炭酸飲料、それもコーラに限る。食べ終わってから感じる罪悪感も、チーズと同じくらい重たいが・・・。

ビーフカツ

ランチメニューの絶対王者は、ビフカツだ(と勝手に思っている)。薄めのビーフをこれまた薄めの衣でカリッと上げている。そこにドミグラソースがかかり、洋食としては完成系。肉厚の豚カツを食べるのであれば、やはりとんかつ専門店に行くべきだ。洋食屋は、あくまで薄めの肉をサッと焼き揚げたようなコートレット風にしてもらいたいなどと思うので、このビフカツは本当に好みだ。大阪に行くとビフカツ屋が多いのは、食肉文化圏的に理解できるが、東京ではビフカツ食べさせるところ少ないから。最近増えてきたビフカツ屋はちょっと好みと違うのだ。あれはあれで美味い食べ物だけれど。

ただ、はやしや の最高峰メニューは「オムライス 」と勝手に認定している。

食べ物レポート

洋食 はやしや マイホーム飯屋としたい

新宿アルタの裏にあるゲーセンの上にある洋食屋「はやしや」、これぞまさに昔の大衆食堂の貴重な生き残り。ここ最近のお気に入りの店だ。店頭にあるガラスショーケースが、なんとも嬉しい。

どうやら有名なものはオムライスらしいのだ。そこで、昭和の親父風にオムライスとビール小を頼む。本当は小瓶の黒ビールあたりがあればと思いつつ・・。

ケチャップに薄焼き卵という昭和な作りが嬉しいが、中に入っているチキンライスが絶品で、チキンのゴロゴロ感がリッチさを感じさせてくれる。(昭和の時代は、このチキンの大小でその店のレベルを決めていたものだ)
ただし、メニューのラインナップを見るとまだまだ食べたいものは並んでいるが、周りの客層を見るとどうも微妙に外している気がする。ジジイの集団には昭和の香りがジャストだと思うが、その中に混じり込んでいる平成生まれと思しき方達には、懐かしさなど感じるはずもないメニュー群で、目新しさというか珍しさはあるのかもしれない。

正統オムライスの極み

しかし、なんと言っても一押しは「昭和のプレート」に尽きる。これぞ「大人様ランチ」だ。ハンバーグにエビフライにサーモンにステーキ、極め付けはカレールーでご飯を締める。まずこれを頼むときは、ビール小で喉を潤し、その後日本酒小瓶を注文し、日本酒と洋食のマッチングを楽しむ。決して赤ワインなどに日和ってはいけない。あくまでも街の食堂で、ちょっと気取って洋食を食す気分を堪能すべきだ。

大人の贅沢「昭和のプレート」という大人様ランチ

おまけに、カレーはハヤシと選択可なので、その日の気分でお楽しみできる。できれば付け合わせについているマカロニサラダは単品で追加したい。窓際の席につけば、目の前に新宿靖国通りを行き交う人たちを見下ろし、実に優雅な休日気分が味わえる。
次に食べるのは何にしようとウキウキしながら帰るレストランは貴重だ。

街を歩く

上野駅でぶらぶら 

下町の洋食屋とは

お江戸の下町には老舗と呼ばれる洋食屋がたくさんあるが、「じゅらく」はその筆頭と言いたい。洋食と言うよりも大衆食堂であり、ステーキと酢豚と日本酒が同居する店だからだ。浅草の神谷バーも、バーとは言いながら大衆食堂だと思っている。テレビによく出てくる下町洋食シェフの店とはちょっと違う。おそらくデパート大食堂の源流であり、たまの休みのハレの食事としての食堂だったはずだ。

進化型酢豚??

今では、外国人観光客の方が多いような気がするJR上野駅前の「じゅらく」にふらっと立ち寄った。たまたま待ち時間がなかったので入る気になったのだが、いつもは30分程度待たされることも多い人気店。カンターに一席だけ開いていたのはラッキーというもので、軽く食べるつもりがついついガツンと注文してしまった。

まずは酢豚でビールを1杯。スバ歌は本当にローカルルールが多くて、中の具材はいってみれば店任せ。ここのうちの酢豚はなぜか21隻的進化を遂げたらしく、赤・黄・緑の三色野菜は、なんとパプリカだ。人参は入っていない。あとは筍の代わりが蓮根。確かに根菜は栄養たっぷり、食物繊維多しで竹の子よりもヘルシーかもしれないが・・・。これは、イメージの中にある原型酢豚とは似て非なるものと認定するしかない。いやー、下町老舗も進化は激しいなあ。それも、違う方向のような気がする。

気を取り直して定番オムライス。そしてあえてソースはケチャップ味を注文。お皿もお洒落ですけど、このケチャップのバランスおかしくないですか?デミグラソースだとこれくらいの量はかかっていて欲しいが。ケチャップ好きですけど流石にこれは多いかと・・。中身のケチャップライスも、もう一息という感じで、
しみじみ現在進行形で下町の料理は変化していると気がつかされた。

その後目的地、国立科学博物館へ。お目当ては恐竜展。そして子供が少ない平日の午後を狙って行ったのだが、これは予想が間違っていた。世の中に、恐竜好きの大人は意外と多いのだな。そして、若いカップルがデートしていたり、なぜかおばあちゃん単独とか、びっくりする来場者像。そして、2割くらいは外国人観光客だった。さすが、上野の博物館はインターナショナル。

ようやく世間的に浸透してきた、恐竜には羽毛が生えていたという事実。要するにダチョウのような姿が恐竜なのだよということだ。恐竜はバランスを取るために長い尻尾があるので、ダチョウのように直立姿勢では走れないが、首肩尻尾まで地面に水平にして走るダチョウをイメージすれば、まさしくリアルな恐竜の姿ということだ。

そして鶏みたいな小さな恐竜が、あちこち群れていた。それが現在の恐竜像だ。あの有名なティラノサウルスレッスですら羽毛があったというし、色も鳥のように赤とか黄色とか鮮やかだったらしい。ピンクのティラノサウルスって、あまり怖そうではないが・・・。ひよこが大きくなったような恐竜は、見たくない気がする。

だから全身骨格像も、最近では直立していない前傾姿勢が標準的なりつつある。ジュラシックパークあたりから、だんだんと変化してきている。最近のNHKの恐竜解説番組は、その辺りの最新知識で補強されていたので、映像的には斬新だった。

今回は新種の展示もあったせいか、随分と混雑していたが、この辺りの真・恐竜像を理解しておかないと展示会で子供たちに笑われてしまうかもしれないので、中高年は事前に予習をしてから恐竜展にいきましょう。特に恐竜好きの子供のお父さん、要注意でありますね。