旅をする

夜の松本駅前

長野県第二の都市、松本の名物はなんと言ってもお城だろう。ただ、長野県の中央部に位置するだけに、駅前のバスセンターから出発する長距離バスの目的地が、なかなか壮観だ。東西に伸びる中山道の中間点みたいなものか。

ただし、夜になると人通りは少ない。というか、夜7時で皆無。おそらく、松本の住人は大多数が自動車通勤なのではないか。だから、このご時世では会社から家までまっすぐ帰ってしまう。旅行者も少ないし。実は何度も来たことがある松本だが、夜の街を歩くのは初めてで、夜歩きの気づきを何回かに分けて書いてみようと思う。。

旅をする

松本で洋食屋

松本の町には川の流れに沿った中町と言うおしゃれな一角があり、そこには蕎麦屋や喫茶店、小洒落たカフェや焼き鳥屋などが混在する実に楽しい空間だ。
そこにある洋食屋がたいへん好みなのだが、残念なことに週末は待ち時間が長くてなかなか入れない。外見を見ると昔風の喫茶店みたいな感じがするが、中はシックなレストランで、二階席もある。

店外に書いてあるメニューが実に好ましいい。オムライスとナポリタンにハンバーグで「大人の洋食セット」となっているが、これは下に書かれているお子様ランチに対抗したメニューではないか? つまり、「大人様」ランチなのだと個人的に解釈していて、注文するならこれだと思う。

コロナ自粛で県境を閉ざした感のある長野県だが、広域移動可能となればまた訪れてみたい町が松本。しかし、まだまだ県外ナンバーはいじめられそうな気もするのも確かだ。JRで行ってお散歩するのが良いのかもしれない。

JR松本駅から松本城に向かう途中。お城を見た後帰りにぶらぶらするのが良いかもしれない。