街を歩く

皇居の見えるカフェ 続き  隣にある場所

日比谷ミッドタウンにある皇居の見えるカフェのとなりが、ワークスペースというレンタル会議室的な場所だった。少人数で打ち合わせをするには、便利な場所だと思う。

顔突き合わせての会議は会社ではなく・・・

オープンスペースで、内緒話には向かないかもしれないが、喫茶サービスもあり電源が使用可能で、これはテレワーク時代の都心の集合地として使えば、便利この上ないななどと考えた。

オープン空間は嬉しい

そして、会議に疲れたらレストランも隣にあるので、気分転換も簡単にできるし・・・。当然日比谷なので、おしゃれ系ブランチとかティーブレイクみたいな「かたかな」が似合いそうな雰囲気でもある。

おしゃれな「カタカナ」レストラン 食堂ではない

レストランの脇からテラスにでると、そこは空中楼閣というか、空中庭園というか。ビルディングの中とは思えない空間だ。

空中庭園

ガラスの壁の向こう側に広がるのは日比谷公園で、公園の反対側は日本の魑魅魍魎が巣食う霞ヶ関界隈。真っ当な市民は近ずいてはいけない場所だし、小学生などは精神汚染されるので立ち入り禁止にすべきだ。

日比谷公園を見る

日比谷公園の中からは、その危ない世界が見えないが、脇から少し高度をとってみると見える景色だ。

東京は意外と高低のある街なので、日比谷公園を超えたあたりから西は台地が下っていく坂道になる。だから、妙に見通しがよく見えるが、その先の坂道の下にあるのが霞ヶ関界隈と国会議事堂に生息する人種がよく利用する赤坂。赤坂を見下ろすように立っているのが、霞ヶ関の主の首相官邸。

地平線の手前が魑魅魍魎の巣食う世界だ

なんだか負のオーラが満喫できそうな場所だ。などと、日比谷公園を見下ろしながら思ってしまった。

街を歩く

皇居の見える日比谷のカフェ

日比谷にできたミッドタウンがおしゃれなビルだというのは聞いていたが、埼玉原住民にとってはなかなか日比谷や銀座界隈に出かける機会がなかった。お天気が良いこともあり、新橋からお散歩してみた。ロイヤルが運営するカフェで散歩の後の一休みだ。

おしゃれなカフェで、明るい店はなかなか珍しい

アイスコーヒーの出し方がおしゃれだなあと思うが、この辺りがやはり大都会の洒落っ気というか、さりげなく威張っているところだななどと思う。しかし、ここは日比谷だ。新宿でもなく渋谷でもない。昔の農村の集落(渋谷村ね)や都落ちの宿場町(内藤新宿ね)ではないので、江戸城直下なのだ。江戸時代の縄張り感覚で考え直してみれば、日比谷は大人の街でアップタウンなのだ。

アイスコーヒー、グラス?がおしゃれ

大きな窓の近くの席は日差しが入ってきて明るい。裏路地にある薄暗いカフェは苦手なので、これは健康的でありがたいなどと思うのが都会人でない証拠だ。ウッドデッキは目に優しい。打ちっぱなしのコンクリートの壁や床は嫌いだ。都会的な、アーバンななどと言われてもフンってものだ。昼時であれば、ここでおしゃれなランチを食べたのになとちょっと反省した。

テラスはウッド

ウッドデッキの向こうに広がるのは南側から見た皇居と、丸の内のオフィスビル。150年続く日本の中心地だ。アイスコーヒーを飲みながら、この日本の中心地を眺められるとは、これはまた豪勢な光景だななどと感心していた。例えば、京都で清水寺を見ながらお茶お飲むとか、大阪城を見ながら食事をするとかいうことができる場所は、それなりに存在しているだろうけれど、皇居を見ながら(この首都東京の都心にある森を見ながら)のカフェ飯というのは、ひときわ価値が高い気もする。皇居正面のホテルや丸の内のオフィスビルからでも、この光景は見られるとは思おうのだが。一般市民が自由にはいれるかというとね・・・。

左に見える森が皇居

皇居の反対側には日比谷公園が広がり、その向こうはもう一つ別の日本の中心地。霞ヶ関界隈は、もう少し魑魅魍魎の住む妖怪変化の世界のような気もするので、あまり近寄りたくはないが。日比谷公園もこうして高い場所から風景を切り取ってみると、なんだかセントラルパーク(ちょっとしょぼい版)みたいな気がしてくる。

日比谷公園もニューヨークのセントラルパークみたいに見える場所

まだまだ東京には、知らない風景があるなと思いつつ、田舎町にある我が家に戻るのでありました。日比谷周辺からは、翔んで埼玉に行く直行便があるのでそれなりに便利なのだよ。

街を歩く

日比谷をぶらりと

日比谷ミッドタウンが完成してから随分経ったが、やはり埼玉の田舎から日比谷はそれなりに距離があるので、なかなか訪れる機会がなかった。新橋からお散歩がてら日比谷まで歩いたのは、単純にお天気が良かったからなのだが、ミッドタウンの地下は東京メトロ日比谷駅直結なので、地下にはレストランとショッピングエリアがある。腐っても鯛というか、アップタウン日比谷だけに雑貨店ですらお洒落の極み。立ち飲み屋があるが、そこではフルートグラスで日本酒を飲み一杯700円?くらいだった。角打ちと言うよりスタンディングバーなので、入るのに気後れするレベルだった。(逃げてきた)日比谷フードホール

そのミッドタウンの地下にあるフードコンプレックス、日比谷フードホール。アップタウンのおしゃれさが全開でフードコートではないのだよ、というプライドがプンプンする。フードコートの定番ファストフードなど見当たらない。真ん中に共有テーブルもあるが、基本的には自店のセッティングで遠いうことのようだ。

あまり空腹でもなかったので、全部素通りという暴挙をしてしまったが、これはきっとランチの時にしっかりと食べに来るのが良さそうな場所だ。なんとなく自分がすごしだけ偉くなった?ような気分になるだろう。これが都会のおしゃれ空間だという自己満足。あるいは、夜の一人でお洒落飯という感じか。絶対に自分の部屋でカップ麺を一人で食べたりしないオーラを全開で解放する、都会人の憂鬱の極みだ。友達とここでご飯を食べるという気分にはならないような気もする。

ミッドタウンと地下でつながっている通路に、映画俳優の手形が飾ってあった。ロスアンゼルスのチャイニーズシアター前みたいなものか。やはり女性の手形は小さい。ため息が出るほど小さい。大型の手形は男が多いが、女優でもあれっていう大きさもあったりするので、一つ一つゆっくりみて歩くのが良いようだ。

個人もいれば現役の俳優もいる。出演作を思い出しながらみて歩く。日比谷のひっそり書くれ名所だなと思った。