食べ物レポート

日高屋とみそら 味噌ラーメンバトルin所沢

日高屋の味噌ラーメン

日高屋の味噌ラーメン

日高屋は、埼玉が誇るB級中華チェーンで大宮を本拠地に埼玉県と東京北部一円に店舗展開している。元祖ちょい飲みやでもあり、価格の安いことから昼でも夜でも混んでいる。とてつもなくうまいものを作らないという、食い物屋としては不思議なポリシーがあるようで、値段に合ったそこそこおいしいものを目指しているそうだ。だから、定番のラーメンも手抜きをしているわけではないだろうが、そこそこのうまさに落ち着いている。
同じ埼玉県で中華料理店を展開する餃子の満洲(ルーツは所沢)と比べると、ちょっと負けていると思うが、駅前に揃って出店していることはないので、競合状態もそこそこでやっていこうとしているのだろうしかし、餃子の改善はもっとしっかりやるべきだろうと思う。今の感じでは餃子の王将より落ちる。さて、日高屋の味噌ラーメンだが、もやしがたっぷり乗っていて、お得感はある味噌ラーメンだが、スープがおとなしいので、濃いめの味噌汁でラーメンを食べているような気がしてくる。東京周辺では、一帯にラーメンスープはあっさり目なので、こんな感じになるのか。札幌や博多のギットリと言いたいくらいの濃厚系ラーメンから比べると、大変おとなしいさらっと系というべきだろう。麺も札幌系のもちっとした歯応えはなく、歯切れも良い。埼玉のラーメンというより東京(首都圏)のラーメンの代表感がある。

みそらの味噌ラーメン

入間のみそら

「みそら」はイオン入間の中にある。実に薄暗い店なので、ショッピングモールでは珍しいと思う。こちらは麺を札幌から送ってきていた。麺の味がラーメン全体の味の半分以上を決定するかなと思うだけに、これはポイントが高い。東京の製麺屋も優秀だが、札幌西山製麺的な面にはお目にかかったことがない。
濃い味の味噌スープは、最近は標準となった豚骨ベースなので、口の周りはコラーゲンでねっとりとする。
奇妙な言い方だが、これは東京味噌ラーメン現在進行形なのだろう。札幌の昔からある味噌ラーメンは既に時代遅れなのだ。北海道全体でも、既にラーメンベースは豚骨が主流となっている。「山頭火」に始まり「白樺山荘」「けやき」などの行列ができる店は、みんな豚骨だ。

だから、この「みそら」のラーメンは現代の本流味噌ラーメン、しかも北海道風として認めよう。(偉そうに)
とりあえず所沢周辺では、この店が一番お気に入りだ。イオンの中にあるので混み方にはムラがある。土日の昼は行列ができるが、平日であればスッと入れる。

個人的には、日高屋は味噌ラーメン食べにいくには向いていないと思う。やはりみそらが良い。近くにある嘉藤も良いが、昼は行列必至だし。所沢周辺は意外と旨いラーメン屋探すの難しいのだね。

食べ物レポート

ラーメン  北海道対決

北海道の変わり種 カレーラーメンはスープカレーのルーツだ

またラーメンの話だが、これは季節的偏差というもので気温が高いうちはラーメンの試食がしんどいので蕎麦や中華料理を食べている。夜の飲み会では魚が多いし、季節や旬の食べ物に手を染める。だから、気温が下がった時こそ集中的にラーメン。と言ってもせいぜい週に二回も食べれば立派なものだ。

千歳ラーメンのカレーラーメン

さて、千歳と苫小牧の間にカレーラーメンの有名店がある。最近は観光客がバスで押し掛けるようになり、店内は改装されセルフサービスになった上に値上げしていやがった(と文句の一つも言いたくなるくらいサービスレベルは低下した)ので、もう行かないぞと見限ってしまった。千歳にはこのカレーラーメンを提供する店が何軒かあり(コピーだろうけれど)、まあ、あまり困りはしない。
一番お手軽なのが千歳空港フードコートの千歳ラーメンで、ここのカレーラーメンはまあ標準的なレベル。見た目は、あまりカレーっぽくないが、食べればボンカレーっぽさがあるマイルドカレー味だ。トッピングも含め、何一つ尖ったところはない。が、これで良いのだろう。そもそも千歳空港でラーメン食べるときに、カレー味頼むのも微妙におかしい気がする。まあ、空港で最後に食べるラーメンということであれば、やはり有名店が立ち並ぶラーメン道場のほうに行くだろう。このフードコートでラーメン食べているのは、空港内で働いている地元従業員くらいではないのかな。
カレー味にしたラーメンスープが、スープカレーのルーツだと聞いたことがあるが、まさしくそんな感じの味がする。北海道では相当変形の部類に入るカレーラーメンだが、期待を裏切らない程度にはうまいと思う。

北海道味噌ラーメンの系譜 純蓮の拡散

高田馬場 羅偉伝 醤油ラーメン

高田馬場がラーメン激戦区だった頃(今はだいぶラーメン店が減ったような気がするが)、札幌味噌ラーメンの名店「純蓮」が支店を出した。横浜のラーメン博物館出店の後だったような気がする。どちらにしても、当時は珍しかった札幌味噌ラーメンが手近な街で食べられるということで、随分重宝した。純蓮の味噌ラーメンは、地元でも小一時間の行列待ちは当たり前の人気店だが、いわゆる老舗のラーメンとはちょっと違う。冷めないようにと、スーウの表面を厚く油が覆う。だから、湯気が出ない。それを舐めてかかって一気に食べようとすると、油の熱さで火傷する危険ラーメンだ。要は、普通のラーメンとは違う。観光客どころか地元民泣かせの「特殊ラーメン」なのだ。
そんな純蓮高田馬場店に、しばらく行かないまま、気がついたら改装されて店名が変わっていた。これはもう残念至極だったのだが、どうやら味噌ラーメン屋らしいので入ってみたら、なんと札幌味噌ラーメン、純蓮の暖簾分けだったらしい。だから、ラーメンは純連的正統性を保っている。麺はサッポロ風の中太縮れ麺、スープは豚骨ベースでコッテリ系の味噌味。これでもう少し油膜が張るほど油が入って入れば、オーソドックス純蓮と言っても良い。濃い味付けと歯応えの残る麺がマッチしている。こんな濃い味の店にもしっかり女性客(おまけにソロ)はいるので、札幌ラーメンも東京に定着したことがわかる。

九州系の白い豚骨スープも良いが、やはり味噌や醤油で黒くなったスープが好みだ。自分のルーツを再確認させてくれる食べ物であり、出来れば月に1回くらいに我慢した方が良さそうな代物でもあるのだよね。

食べ物レポート

札幌ラーメン 老舗対決

満龍といえば・・・なんだろうか?

満龍はススキノの南のはずれ

札幌のススキノにある満龍は、実に長い歴史がある(はずだ)。今でこそ、辛味噌ラーメンなどという時代迎合風のラーメンも売っているが、基本的に味噌か醤油にチャーシューという豪腕ラーメン店だった。東京恵比寿ガーデンプレイスに店が出ていた時は、随分とお世話になった。東京の支那そばにルーツを持つ東京ラーメンにはどうしても馴染めず、かといって札幌ラーメンどころかご当地ラーメンが、今のように隆盛を極めている時代でもなく、ラーメン不毛の地東京と嘆いていた。だから、満龍は本当にありがたかったのだ。池袋や銀座に札幌ラーメンを名乗る店はあったが、個人的にはみんなエセ札幌だった。麺が違うことが最大の原因。

なので満龍には足を向けて寝てはいけないっくらいのありがたさがあり、ついススキノで締めラーメンという時には足を運ぶ。今回も久しぶりで、漢人王しながら帰ってきたのだが、なぜか周りの客はほぼチャイニーズという異様な状況で、これも時代だなあなどとため息を一つ。万流の味噌ラーメンはシンプルの極みというか、最低限のトッピングしかない。これをさみしいとみるか、オーソドックスと見るかは年齢の差から来るものだ。スープは昔ながらで化学調味料たっぷり。これが嫌いな方には向かない。夜に食べるのは、歳を考えると控えめにねという感じで、麺を半分残して諦めることに。

大公といえば・・・醤油のはずだが

大綱は南2条通り 5丁目の角

「大公」も古い。昔、この辺りには東映の映画館があり、ヤクザ映画・カンフー映画全盛の頃は実に賑わう場所だった。すぐそばの狸小路にも何軒か映画館があり、周りには飲食店、ラーメン屋などが軒を連ねる昼の盛り場だった。今はすっかりビジネスホテルが立ちならび、怪しげな店は消え去り悲しい限りだが、大公の周りの一画だけはまだ店が残っている。隣の喫茶ZAZIは、今でもお世話になっている。

ここの味噌ラーメンは、ちょっと色が薄く、もやしと挽肉炒めが乗っている伝統的な形だ。チャーシューは乗っていないが、これは味の三平も同じだったと思う。この店は、ビジネス街の端っこあたりなので、さすがに外国人環境客はいないかと思ったら半分がチャイニーズだった。どうやら、狸小路でお買い物とラーメンはセットになっているようで。
本当は醤油ラーメンの方が好きなのだが、現在は味噌ラーメンの比較研究中なので仕方がない。この店も(というか札幌の老舗ラーメン屋は全てだろう)化学調味料で舌が痺れるくらいの昔懐かしい味がある。無化調をありがたがる人も多いが、所詮ラーメンは脂質、糖質、塩分の三拍子が揃った大人の嗜好品だ。健康を気にしながら食べるようなものではない。うまいものは体に悪いという言葉を実践しているのだから、もって瞑すべきだ。
せめてラーメンライスはやめよう、せめて餃子を頼むのはやめよう、くらいでよろしい。

老舗の味噌ラーメンは、きっぱりと罪悪感を感じながら食べる悪徳なる美味。それのどこが悪い。ちなみに、味噌味の濃い目が好きなら満龍がおすすめ。

食べ物レポート

諏訪の雷藏 名店の系譜

ラーメンチェーン店『幸楽苑』が撤退した跡地に開いていたラーメン屋が気になっていた。茅野市の町外れにあるが、昼時の駐車場はそこそこ埋まっていて、商売繁盛のようだった。気になったのは「ハルピン」の文字。諏訪インター近くのハルピンラーメンを思い出すからだ。

店内への入り口に味噌だるがたくさん並べられていて、諏訪地方の味噌蔵それぞれの味噌がある。寝かせダレというのがラーメンに使われる調整した味噌らしい。

テーブルでメニューを開けると、商品よりも味噌の説明の方が大きい。確かに味噌にこだわっているようだ。そして味噌にこだわっている職人姿のおっちゃんが、どうやらハルピンラーメンのおっちゃんらしいことがわかった。つまり、この店はハルピンラーメンの親戚というか兄弟というか、少なくとも同じ系列の店ということになる。途端に期待値が高まる。

注文したのは、もちろんスタンダードな味噌ラーメンだ。1回目の注文は、あまり気をてらったメニューには手を出さないことにしている。最近はやりの全部乗せなどには決して手を出さない。スープとラーメンが不味ければ、トッピングがいくらうまくてもダメだと思う。ましてやトッピングで腹が膨れるのは邪道という気がする。
この店の普通のラーメンだが、まずチャーシューが大きい。メンマとネギは少なめ、ソレ以外にトッピングなしということはチャーシューに自信があるのだろう。これは好感が持てる。中央に乗った味噌だれは、ハルピンラーメンに使う辛味噌ベースらしく、少しずつ溶きながら食べると良いみたいなことがメニューに書いてある。が、1/4くらい食べたら一気に溶かしてしまった。確かに、溶かしてみると辛めの味噌味にはなるが、好みに合わせてもう少し多くても良さそうだ。チャーシューもうまい。味噌の味は予想よりおとなしめだが、辛味噌との相性が良い。ガシガシと食べる味噌ラーメンだった。

長野はラーメン不毛の地などと言われていた時代が嘘のようだ。豪速球味噌ラーメン、好みであります。ハルピンラーメンと一回おきに使うことにしよう。