食べ物レポート

うどんのテイクアウト

知人の話では、テレビで紹介されていたらしい「丸亀製麺」のうどんテイクアウト だが、これが期待をびっくりするほど裏切る「良い製品」だった。麺のテイクアウトといえば、出前で注文した時の伸びきったラーメンとか、箸で持ち上げると全部一塊になるそばとか、悪いイメージしかない。ほかは、コンビニで売っている「麺もどき」商品群だ。個人的にはコンビニざるそばの、決してうまくはないが、「俺たちこんなに頑張っているんだぜ」と言っているかのような、小物大量投入(そばのくっつきをほぐす水、海苔、わさび、ネギなどの小物、別入りの蕎麦つゆ、一口大にまとめた団子状のそばなどなど)セットはよく食べる。人間誰しも、旨いまずいだけで物を食べるわけではないのだ、といつも心の中で言い聞かせているが。

さて、うどんの話に戻すと、茹でたうどんは透明な専用容器に収められている。うどん容器を下のうどんつゆ入り丼にかぶせると、ぴったり隙間がなくなる。この上部にあるうどん容器の中に煙突のような突起部分があって、そこに開いた小さな穴からうどんのつゆの蒸気が上がってくる仕組みだ。よく考えているなあと思わず感心した。確かに湯気でうどんの入った容器とつゆの入った容器の間に隙間ができる可能性がある。つゆが熱ければ熱いほど、その隙間ができやすい。ところが、梅雨から出る蒸気を、煙突部分を通してうどん容器の中に逃す。これで密閉が保たれ、つゆ漏れによる汚れを避けることができる。すごい仕組みだ。持って帰ったうどんは、さすがに出来立てとまではいえないが、十ブウに歯応えがある。コンビニのなんちゃって麺商品と比べれば、値段も安くはるかに旨い。

そして、天ぷらは専用紙容器に自分で詰めるのだが、この箱も内側にコーティンスがされていて、油漏れが防止されている。渡されたプラ容器にネギと生姜は詰め放題だった。セットで一緒に買ったいなり寿司には「テイクアウトの製造表記」がある。これは実に素晴らしいことで、大概の店のテイクアウト対応では、この製造ステッカーが貼られていない。(作り置きでなければステッカーなしでも法的問題はないはずだが、企業としての倫理みたいなものか)

アフターコロナ の時代に、これまで店内飲食しかしてこなかった企業も本格的にテイクアウトに乗り出してきている。ただし、こういう進化や工夫を重ねていく企業だけが生き残り、なんちゃって商品(店で作っている物を箱に詰めただけ)は退場を迫られる。優者必勝の時代ではなく、優者劣敗、鈍者必敗の時代だ。来年の春までに勝負はつくと思うが、本当に厳しい時代になってしまった。

食べ物レポート

唐揚げ弁当のテイクアウト

コロナの対応で外食企業の対応策はテイクアウト強化ということになっている。ささやかながらの外食産業協力事業(?)として、あちこちで弁当を買ってみてあれやこれや考えているのだが、やはり企業によって考え方が違うというか、考えが足りないというか。唐揚げ弁当の比較をしてみた。

最近開店した唐揚げ業態の新店舗 唐星 by オリジン

これは「かつや」の弁当箱によく似ている唐星の弁当だが、オリジン弁当の弁当箱とは違うようだ。ご飯の容器に上に、唐揚げが入った中箱が乗っている。その上に蓋がかぶさる三重構造で、このかたちは「かつや」の子いーだと思うが、一工夫されているのが中箱左手前のえぐれている部分。どうやらご飯から出る水蒸気を、ここから逃しているようだ。確かにこうすると、ご飯から出た水滴でご飯がじめっとするのを防ぐことができそうだ。カツカレーやカツ丼(唐揚げ丼)などの時には中箱がどう変化するのか興味があるが。少なくとも丼の深さというか、具材の高さの対応ができるので、あれこれ部品の組み合わせで対応できそうだ。特に、上蓋とそこの合わせが良くできている。2個3個と重ねても滑りにくい。

そして同じ唐揚げやの「から好」はご飯と唐揚げの分離型で、これはスカイラーク全体で弁当箱を共有しているようだ。弁当箱の下側は仕切りがあるタイプ(ご飯とお新香が入っている)としきりのないたいぷ(唐揚げとキャベツの入っているもの)の2種類で、あれこれのメニューに対応す流ような仕組みだと思う。食べやすさでいえば、こちらのセパレートタイプの方が良さそうだが。ただし、このセパレートタイプを使用する場合、丼は別に用意が必要なので、全体の弁当箱容器の汎用性という点では、若干だが不利だろう。

透明な蓋には蒸気逃しの穴があるかどうかも、企業によって違うようで、この辺りの差を見るのがなかなか楽しい。どちらにしても、レストラン(店内飲食主体だった)でのテイクアウトは片手間仕事だったはずだが、それを本業化しなけてばいけなくなった。にもかかわらず、まだまだ外食各社の対応は試行錯誤というか出遅れ感があり、弁当箱一つ見ても業界標準みたいなものは出来上がっていない。もともとテイクアウト志向だったチェーンがわずかに先行しているようだが、大手ファミリーレストランなどはこの先どう対応してくるのか楽しみでもあり、観察を続けたいと思う。個人的予測では、やはりテイクアウト弁当専業の「ほっともっと」「オリジン弁当」あたりに行か標準の旗振りをしてもらいたいところだが。レストランの経営者にも、コロナさを終われば元に戻れると思っている(希望的観測)人もいるようだが、変わってしまった社会は元には戻らないと思った方が良いのでは。うまいものさえ作れば繁盛するというのは、昭和と平成で終わった話だと思う。