食べ物レポート

デパートのパフェと締めパフェ

札幌では飲んだ後に締めるパフェが密かにブームになっているそうだが、個人的にはちょっと小腹が減った時に食べる方が良いような気がする。

すっかり数が少なくなった軽食が食べられる喫茶店だが、デパートにはそこそこ喫茶店が生き延びていることに気がついた。そこで札幌駅横の大丸に行ってみたら、無事居心地の良い喫茶店を発見したのだが、問題は圧倒的な女性比率の高さ。ただ、そこさえ無視(?)できれば、そして隣席にグループ客さえいなければ、なかなかの昔の喫茶店ぶりと言える。

席に座り注文を考えていると、パフェがあることに気がついた。苦味強めのホットコーヒーを頼むつもりだったのが、気が変わってチョコレートパフェ にした。でてきたパフェはなんというか飾りっ気のないストロングスタイルなパフェだった。上半分はクリームがタッップり乗っている。中には硬めのアイスクリームにチョコレートソースとシンプルの極み。これは昭和どころか大正の香りさえしてくるレトロ感だ。イノダコーヒー、すごすぎだ。

別の日にススキノちかくで食べたパフェは、完全に締めパフェで、まさしく今流行の食べ物だった。デコレーションは完璧というか、立体造形の美しさがビシビシと伝わる。かんざしのようにそびえ立っているのが、飴細工でできた金色のキャンディー?だった。野菜のパフェと言うからどんなものが出てくるのかと思ったら、野菜のピューレを使ったジェラート風なものだった。

こちらはベリーのパフェと言うことで、金色の飴細工はちょっと変形の角度でデコレーションしているあたり、芸が細かい。パフェグラスの底の方には、これも流行のピスタチオアイス。昼はカフェ営業が、夜になるとドリンクとパフェだけになるスタイリッシュな店で、なるほどこれが締めパフェ空間というものかと、しっかりお勉強できたのは良いのだが・・・。

地ビールの小樽ビール スタウトで濃い味が素晴らしい

このパフェのお値段は、およそラーメン2杯分。つまり締めパフェとは相当リッチな代物で、結局のところ飲み代(総合計)がかさむのだな。それに、男ひとりでしめパフェ食うのは相当勇気が入りそうで。同行者を求めると。その払いもきっと・・・・。
なんだか、パフェ屋にいっぱい食わされた気分だが。

食べ物レポート

パフェを食す 倉式コーヒーとサンマルクカフェ

もともとあまり甘い物が好きなわけではなかった。が、最近になって嗜好が変わったのか、パフェを食べてみようかなと思うようになった。きっかけは老舗喫茶店のチョコレートパフェ だったのだが、それはそれとして。

倉式コーヒー マンゴーパフェ

最近食べたパフェといえば倉式コーヒーとサンマルカフェ、どちらも同じ会社の別ブランドみたいな物だ。お値段もこなれているが、アイスクリームと生クリームを載せた物がパフェという乱雑な定義をすれば(甘党の人には怒られそうな乱暴さだ)、倉式コーヒーのマンゴーカフェは間違い無くパフェだ。

マンゴーは冷凍物なので、出てきた物をすぐ食べると凍っている。シャリシャリというよりガリガリに近い。だから、アイスクリームを先に食べ、その後に半解凍のマンゴーを食べることに方針を決定した。これが正解で、半解凍のマンゴーの酸味がアイスクリームとよく合う。量的にはこれくらいでちょうど良いというのが個人的感想だった。有名どころの老舗喫茶店のパフェは、暴力的と言いたいくらいの盛り付けと質量で、こちらの抵抗を粉砕するつもりがあるとしか思えない。倉式コーヒーの量と値段はなかなか良いバランスだった。ただし、男3人が囲むテーブルで、ふたりがマンゴーパフェという光景はいささかシュールでもあるなあと・・・。反省はしていないけど。

サンマルクカフェ しらたまパフェ 白玉は好みであるな

一方、サンマルクカフェでのパフェは、アイスクリームではなくソフトクリームで、これは個人的なパフェの定義からすると、ちょっと逸脱しているというか、「・・のような物的存在」で本物とは違うと言いたい。ソフトクリームは柔らかいし溶けやすいので、食べるには良いのだが、何というかアイスクリームのしゃりしゃり感みたいな物がないので、舌触りが物足りないということか。
白玉に小豆という組み合わせはソフトクリームのミルク系な甘味とはそれなりにあっているが、やはりデコレーション的、ビジュアル的に物足りない。カップで注文したソフトクリームに白玉トッピングしてみました的な、まんまと店側に騙されてしまった感があるからだ。かといって、不味いわけではない。ソフトクリームをカップで食べるときにはソースとかトッピングで楽しむべきだ。ただそれをパフェというかは・・・矜恃の問題だななどと偉そうに言ってみたい。

どちらにしても、今年はチョコパフェを極めてみようかなと思う。そのためには、全国屈指の著名店をいくつか退治しにいかなければ・・・。

食べ物レポート

喫茶店でチョコパフェ

最近流行の締めパフェ。飲んだ後の締めに食べるラーメンより体に悪そうな気もするが(カロリー的には)、札幌が発祥でじわじわ広がる気配らしい。

さすがにこの歳になって締めパフェはないなと思っているが、ひょんなことから数十年ぶりにチョコレートパフェ を食べることになった。きっかけはテレビの番組だったような気がする。男が大きなパフェを食べているのだが、何だか罰ゲームのようで、ソレなのにずいぶんと楽しそうに食べている。ぼんやりと子供の時にデパートの大食堂で食べたチョコレートパフェ のことを思い出していた。
そういえば、デパートの大食堂がなくなって何十年もたつが、今は一体どこでチョコパフェ食べるのだろう。喫茶店もすっかり減っているしななどと考えていると、今度は名古屋の喫茶店の特集があり、そこではこれまた特大のチョコパフェが出てきた。
突然、無性にチョコパフェが食べたくなりファミリーレストランに行って食べるかと思案したが、ちょっと絵面が情け無い。

そこで今も残る新宿の名喫茶店に初めて足を伸ばすことにした。その名も「西武」。最近、西新宿に新店を開けたという記事を読んでいたから、恐る恐るという感じで行ったのだが、「みよ、この商品サンプル」と言いたげな、ゴージャスな昔の町食堂風というかデパートの大食堂風のショーケースに圧倒された。特に「大人のお子様ランチ」と書かれたメニューに目が釘付けになった。しかし、これは今日の本命ではないと自分に言い聞かせ・・・。

これが、喫茶西武のチョコパフェなのだ。多分、子供の時にこんなものが食べたかったのだと、大人がムキになって作りました感が全面的に展開されている、スーパー、ゴージャス、デラックスなチョコレートパフェ だった。コーンに入ったソフトクリームが丸々一つ突き刺さっている。ポッキーはご愛嬌だが、冷たいものを食べ続けると、舌にこの感触がありがたい。土台は生クリームで、これでもかというばかりにフルーツも載っているというかささっている。
周りは全て女性客だったが、そこは超然と無視して、ひたすら一気にパフェを食べた。あまりの甘さに汗が出てきた。だが、達成感はあった。完食してしまった。
舌が子供時代に回帰しつつあるのかもしれないが、動物的にというか生理的にうまいと感じて満足していた。何だかこれはクセになりそうな予感がする。特に、この大型のタイプのチョコレートパフェ は、子供の頃には決して食べさせてもらえなかった高級品の匂いがプンプンしている。まさしく大人買いの快感だ。

あー、転落の予感がする。