駅弁

松本駅の駅弁 2

発車時刻案内板の中央西線と中央東線という表記は、ひょっとすると松本駅でしかみられない書き方なのではないか、などと変なところで感心してしまった。確かに松本駅は篠ノ井線の駅なのだろうけれど、そのあたりを詳しく書いても旅行者にはわかりにくいだけだろう。そもそも松本駅利用者(訪問者)の立場で考えてみると、新宿から松本経由で長野に行く人がどれだけいるだろうということだ。東京駅から新幹線で長野に行く人が圧倒的に多いだろう。たまたま住まいが八王子で、東京駅に行くよりは、特急あずさに乗って行った方が楽かなあ、と考える人がどれだけいることか。
その上、松本で一旦降りて、また長野を目指すという複雑な行程の旅人しか、この中央東線のお世話になることはないのだ。この時刻案内板には、その辺りのJR関係者の微妙な感覚が表れているような気がする。謎は深いなあ。

松本の駅弁の二つ目は、やはり塩尻の駅弁屋のもの。幕の内弁当風な、ちまちまとしたおかずがたくさん入っているタイプで、ご飯が少なめ。受ける感じとして、在来線でのんびり鉄道旅を楽しみながら、酒のつまみとしてワンカップを片手にどれを食べようかあれこれ悩む、みたいなオッチャン向け商品だ。包装紙に書かれた内容説明を見るだけで楽しくなる。

ところが、ちょっと笑ってしまったのが、包装紙を開けたらなんと違う名前の弁当が出てきた。うーん、色々とツッコミどころはあるが、おそらく弁当箱の在庫を大量に抱えたまま、リニューアルすることにした。そのため、包装紙で名前を隠してしまう作戦、みたいなことだろう。ここは笑って許そうではないか。何年か経てば、在庫処理も終わり新しい箱が登場するに違いない。

そして蓋を開けて中身を見ると、いやはや、傑作だった。これだけあれば、ワンカップどころか酒の2杯や3杯は飲めそうだ。これまでは鳥取駅「とっとりの居酒屋」と弘前で買った「津軽の弁当お魚だらけ」が駅弁界の二大酒のつまみ駅弁だと思っていた。その酒のつまみ弁当についに新規認定するものが現れた。これで、三大酒のつまみ弁当になる。
個人的には、卵焼きと蒲鉾の組み合わせはあまりに幕の内弁当っぽいので評価が下がるが、世の中にはこの二品が弁当の絶対定番と思う人もいるだろうし、文句をつけようとは思わない。かの名作、横浜シウマイ弁当にも卵焼きとかまぼこはセットされている。弁当界の定石と諦めよう。
塩尻定番の山賊焼と、キノコの酢の物あたりがご当地感、山国感を強く打ち出している。あきらかに塩尻の駅弁はハイレベルだった。実はこの弁当屋の釜飯も食べてみたいのだが、それはいつの日にか。釜飯の傑作、横川の釜飯と匹敵しそうな予感はしているのだが。

駅弁

松本駅の駅弁 

松本と聞くと、昭和歌謡の名作で歌われた新宿発「あずさ2号」のイメージが強く、中央本線の駅だと思い込んでいた。よくよくJR 路線図を確かめると、中央本線は松本の手前、塩尻駅で名古屋方向に向かう。松本駅は塩尻と長野を結ぶ中間点の扱いだった。北アルプス方面の山登りや上高地観光に行く場合は、この松本駅が鉄道乗り換え地点に当たるのだが、それでもあずさ2号が通ると思い込んでいた中央本線駅とは違う。篠ノ井線だった。しかし中央本線の駅ではないが、あずさは通る。全く自分の思い込みの記憶違いだ。
ちなみに新宿発のあずさ号で松本までは2時間40分ほど。東海道新幹線で言えば東京・新大阪が2時間半程度だから、感覚的には松本と大阪は同じくらいの距離になる。だからブレイクハートで旅に出ると、信州松本は程よい距離になる。これが甲府ではちょっと近すぎるし、八王子や高雄ではお手軽すぎる。松本の先、長野まで目指せばどうだと言いたくなるが、長野だと心理的、感覚的にちょっと遠すぎるみたいなところか。昭和歌謡をよく知らない人は、狩人、あずさ2号で検索して歌詞を調べてみると理解できるはずだ。

与太話はさておき、松本駅は駅の規模の割に駅弁の種類が豊富だと思う。東北新幹線や北陸新幹線各駅でも、これ程の駅弁ラインナップを持つところは少ないはずだ。その理由は、松本駅の駅弁と中央本線塩尻駅の駅弁が販売されているからだ。東京と横浜の駅弁が並ぶ品川駅みたいなものだろう。駅弁の種類が豊富で選ぶのに困ってしまう。
おまけにもう一つ困るのが、改札口の中に駅弁売り場があり、土産として駅弁を買うためには入場券が必要になるということだ。仙台駅では改札の外に駅弁専門店があるので便利だった。札幌駅、盛岡駅、京都駅、広島駅も改札外で駅弁が買える。東京駅の「祭」は改札内、新宿駅、品川駅も改札内だから、駅によって駅弁販売の対応はさまざまなので文句を言っても仕方がないか。

改札の外にある駅弁ポスター 入場券販売強化を狙うJRの陰謀のような気がする

今回のお目当ては「とりめし」で、弁当の包装紙にあるように塩尻市の弁当屋さんのものだ。鳥のイラストもゆるい感じでほのぼの感があるが、このご時世で税込み700円というのはずいぶんと張り切った値付けだ。ただ、この駅弁は歴史が長いようで、ずっと前から革新的な値付けだったのだろう。ちなみに700円の駅弁として記憶に残っているのは横川の釜飯だが、30年ほど前になる。釜飯はコンビニ弁当の2倍だなという記憶なので、現在の横川の釜飯1000円も似たような価格設定ということになる。
そうなると、このとりめしのお値段はすごいものなのだ。おまけに信州特産野沢菜入りと大きく書かれているが、野沢菜たっぷりが信州人に効き目のある言葉とは思えないので、県外人向け商品なのだろうと推理する。圧倒的な価格戦闘力と、ローカル食材アピールは素晴らしいマーケティングセンスだ。

蓋を開けると、鶏そぼろと鶏肉のW鳥パワーで攻めてくる。野沢菜もたっぷりと言うか、もはやこれは主役級の量で、とり野沢菜メシと言った方が良いくらいだ。紅生姜程度の量であれば、添え物として奥ゆかしい。そして、味違いを楽しむ名脇役になる。ところが、この野沢菜の量は暴力的で、主役を食ってしまうWヒロイン的な強烈さだ。しかもうまい。野沢菜というとすっきりとした浅漬け、時間をおいて発酵した古漬け、どちらも捨て難いうまさだとは思う。が、このとりめしに乗った野沢菜はもう一つの変化系野沢菜で、濃い味付きの野沢菜炒めだった。

結論だが、このとりめしは反則級にうまい素晴らしい駅弁で、できればあずさ10号(例の昭和歌謡のあずさ2号はすでに廃止されている)で新宿駅まで運んできて、新宿駅の駅弁専門店で売って欲しい。今でも、山梨の駅弁は売っているのだから、ぜひ駅弁屋さんとJRの方、ご検討ください。

駅弁

山形の駅弁で旅気分

10月からJR東日本の駅弁キャンペーンが始まるというネット記事を読み、所用のついでに駅弁を買ってこようと思い立った。いつもは新宿駅構内の駅弁屋を使っているが、久しぶりに東京駅駅弁専門店「祭」に出かけてみた。この一年半は、駅弁屋はいつもガラガラだったが、なんと緊急事態宣言をものともせず、店内は歩くとぶつかるほどの客に溢れていた。その中であれこれ物色しながら選んだのが「山形県米沢」の弁当屋の2段重ね弁当。米沢といえば米沢牛の駅弁が有名なところだが、駅のホームで立ち売りをしているという「駅弁の聖地」なのだ。山形には新幹線のとまる駅、米沢、山形どちらでも駅弁が買えるが、個人的には米沢派だ。

ご飯は柔らかめでもっちりとした感じ。オカズは鮭、里芋の煮物などがご飯の脇にある。そして二段目のオカズセットの詰め合わせでは、山形名物玉こんにゃくに絶対定番牛肉と牛蒡の煮物、なぜか肉団子としゅうまいがあり、これまた山形名物の漬物数種と、「山形の幕内」的なものだ。
華やかだし、二段重ねのリッチ感がよろしい。だいたい北東北の駅弁は、これに似たおかずがたっぷり色々詰まっている系が好みだが、牛肉ど真ん中のような「一点豪華主義」な海鮮弁当もある。秋田の鳥メシはその典型だろう。青森にあるカニやイクラが一面に敷き詰められた感じのものも触手をそそられる。
南東北になれば、宮城はさすがに東北の中心、仙台藩の文化というか、あれこれ料理が得意だぜ的幕内弁当が目立つ。福島では郡山の海苔ノリ弁当の一点突破型があるが、会津の2段重ね弁当は入れ物も合わせて秀逸だ。
山形は牛肉特化型がメインだが、今回購入のこの2段重ね弁当は、やはり列車に乗って車窓を眺めながら、ちびちび日本酒と合わせて食べたいものだ。ひとりプチお花見みたいな行動にあっているのが幕の内弁当で、この「山形みちのく旅めぐり弁当」はまさにThe幕内駅弁 な感じがする。

10月になれば首都圏のあちこちの駅構内で駅弁大会「味の陣」の駅弁販売がおこなわれるようだ。電車に乗って駅弁買いに行く「小旅行」に出かけよう。

駅弁

新宿駅の駅弁 旅推し

新宿駅南改札口側の駅弁屋に並んでいる駅弁は、いわゆる東京の駅弁を中心に、関東圏近郊の駅弁も並べられている。山形の名作「牛肉どまんなか」は例外的な東北方面の駅弁だが、それ以外はだいたい東京周辺限定だ。新宿駅から直通で繋がっている「中央線」で山梨方面と「湘南新宿線」で繋がっている鎌倉周辺の弁当がちょっと珍しい。日本橋の弁当屋の作品や国技館の焼き鳥などは、東京らしさを押し出している。新宿限定の弁当もあるが、それはまたの機会で。

今回ゲットしたのは。「つまんでよし、食べてよし」と力説の「湘南チョイス」で、確かにその通りだと思った。押し寿司は好物だし、変わり稲荷寿司も試してみたい。新宿から湘南方面にグリーン車で移動すれば、それはほとんど小旅行の気分になる。軽く一杯やりながらこの駅弁をつまみにすれば、通勤路線もプチ旅に変わる。
製造元は押し寿司の名店大船軒なので味は保証済みだろう。変わり稲荷寿司は、定番、ゆず、黒糖の3種類だった。稲荷寿司専門店にでも行かなければなかなかお目にかかれない変化球が楽しい。酒の肴として一番よろしいと思ったのはスモーク鴨とマグロの角煮。横浜崎陽軒「シウマイ弁当」でも、主役のシウマイを押しのけて好みなのが、マグロ煮とタケノコ煮なので、駅弁では脇役が大事だ。
幕の内弁当は白飯とおかずの対比で豪華さを見せる。米の白とのコントラストが弁当美の条件だ。ところが、この弁当は白飯がないため見栄えが異なる。弁当というより、おかずイッパイ、酒の肴満載感がある。この箱庭的な光景は猛烈に食欲・酒欲をそそる名作だ。(個人的感想です)

年末くらいになれば、駅弁でちびちび酒を飲みながらの旅行も再開できるらしい。当たり前の日常というのは、マスクを外すことではなく、旅行の楽しみが復活することではないかと思う今日この頃。

駅弁

駅弁風弁当の戦闘力

最近ほとんどコンビニ弁当を食べることがなくなった。昔は週に2回3回と食べていたことを思うと、何やら感慨深いものがある。(と、遠い空を見上げて・・・懐かしむはずがない)コンビニ弁当は好きで食べ続けていたわけではなく、超ブラックな職場環境で、食事をとりに行く時間すらなかったから、出勤前にコンビニ弁当を買っておき、5分でもすきま時間があったら一気にかき込むという暮らしをしていたからだ。なので、コンビニ弁当を懐かしむ情緒などは全くない。どちらかというとコンビニ弁当とテイクアウトの牛丼は黒歴史として封印したいくらいだ。
だから、ネットニュースで目にした「駅弁風」弁当の記事にはちょっと心が動いた。肉モリモリのコンビニ弁当とか、北海道産素材の海鮮丼弁当みたいなものでは食べる気も起きないが、「駅弁風」と言われると、何やら心が動かされる。
その記事にはあなご飯風と味噌カツ弁当の2種類が発売されると書いてあったが、味噌カツはパスでよろしい。しかし、あなご飯にはドキドキしてしまった。相当な昔になるが、広島のあなご飯のテイクアウトのため、宮島にある名店に夜の7時くらいに飛び込んで行ったことがある。なぜその場で食べなかったのかは思い出せないが、おそらく時間がなくて無理やりテイクアウトしたのだろう。格別の穴子好きというわけではないが、「ああ、これはうまいものだ」という記憶が残っている。できればまた広島であなご飯が食べたいぞ、というつよい刷り込みがある。だから、この「駅弁風弁当」に心が引き寄せられた。穴子だし・・・。

見た目はシンプルで、うまそうだ。広島で食べたあなご飯は、下のご飯が見えないくらい穴子がびっしりと敷き詰められていた。それと比べてはいけないなあ、とは理解していた。そこまでは期待していなかった。が、予想外無ことに、それなりの穴子で覆われているではないか。普通のコンビニ弁当は、おかずがちまちまと入っていることが多いが、それとは違い「穴子+おまけおかず+漬物」というシンプルさがとても好ましい。まさに駅弁風だ。
そして穴子と飯を一緒にモリモリと食べ始めた。確かに、これはうまい。数ある駅弁で大人気の山形県米沢の駅弁「牛肉ど真ん中」もこれと似たルックスで牛そぼろしか見えない弁当だが、うまさのバランスが素晴らしい。ただただ、白飯をうまく食べるためには出来上がっているという感じがする。
このあなご飯も米をおいしく食べるという「セオリー」を守っているようで、コンビニ弁当的なぶれがない。コンビニ弁当としてはちょっとお高めの599円(税込)だが、駅弁風という企画としてかんがえると、駅弁王道のご飯を美味しく食べるという意味でよくできた商品だろうと思った。ぜひ第二弾、第三弾と続けてほしいものだが、次の希望を言わせていただくと、牛肉ど真ん中系の肉そぼろ弁当、ただし、ご飯はちょっと拘った銘柄米を使っています的なものがいいなあ。牛肉ど真ん中と名乗るのは無理でも、牛肉・外角に逃げるカーブとか牛肉・レフト寄りセンター、くらいのネーミングはできそうではないか・・・。

駅弁

旅に行った気分で・・・ しゃも、うまし

鉄道旅の楽しみは、ズバリ駅弁だと思う。ただ、旅に出なくても駅弁が買える場所があるのはありがたい。首都圏のJR主要駅で、構内に駅弁屋があるのは
「東京」・・・まあ、新幹線始発駅だし当たり前だが、ここの「駅弁屋 祭」は、全国の駅弁が集まってきている。コロナのせいで客が減っているのか、最近は駅弁の種類が少ないのが残念だ。
「品川」・・・こちらも在来線から新幹線に向かう通路沿いに東京の駅弁がずらっと並んでいる。
「大宮」・・・構内のショッピング街では各種弁当が大量に販売されているが、ホームをつなぐ通路にある駅弁屋は東北、上越長野新幹線沿線の弁当が並んでいて、なかなか楽しい。新幹線改札内の駅弁屋も捨てがたい。ヘッドマーク弁当がたまに売っている。
「新宿」・・・新宿駅南側の改札口手前の構内商店街にある駅弁屋は、中央線特急客目当てなのか、ちょっと偏ったラインナップだが、新宿駅で乗り降りするときにはちょっと寄り道したくなる。
今回は、東京の鳥弁を買いに来たのだが、たまたま置いてあった茨城県の鳥弁に目移りしてしまった。気分的には茨城北部に遠征旅行した気分になるような・・・。ただし、鳥弁と言っているが、厳密に言えばブロイラーではなく「しゃも」を使っているようだ。
鳥弁は駅弁の中でも人気者で、ほぼ全国にローカル版鳥弁がゴマンとある。肉系駅弁では牛そぼろご飯と並ぶ定番中の定番駅弁だ。個人的な好みを言えば、秋田県大館の鳥弁が一番好きだ。有名な北九州の鳥弁もうまいが、これは東京ではなかなか手に入らない。見た目が全てを語る海鮮系駅弁と違い、鳥弁は製造者の腕前がはっきりと現れる、プロデューサーのちからというか、想いによる変化が楽しみだ。

さて、奥久慈のしゃも弁当だが、構成は鶏そぼろと、鶏肉(しゃも)の焼いたものに炒り卵、そして画面左側にある長ネギ(焼いたものらしい)とワラビが、味付きご飯に上に乗っている。最近の駅弁としてはちょっと高めの1100円。全国あちこちの鳥弁は、ご飯の上に鳥料理をのっけた「鳥丼」スタイルが多い。そのせいか値段は低めの800−900円台が標準のようで、そうした傾向値というか相場と比べると、この「しゃもべん」はちょっとお高い。山形の牛肉ど真ん中と同じ値付けなので、かなり強気とも言える。ただ、食後の感想として言えば、お値段に合った値打ちはある。特にしゃもの歯応えのある肉を評価したい。そして、長ネギが、すき焼きで最後まで残っていて味がたっぷり染みたような濃厚な味になっている。これがうまい。そぼろと味のついたご飯の相性も良い。細かいところまで工夫された、「良い駅弁」だと思う。この辺りがコンビニ弁当との差なのだろうなあ、などと思いながら完食した。できれば特急ひたちで移動中に食べたかったなあ。

ちょっと検索してみたら、こんなリリースが出てました。どうも最近の駅弁らしい。
https://www.jreast.co.jp/press/2020/mito/20210323_mt01.pdf

駅弁

あのときのシウマイ弁当

いわゆる復刻版ということなのだと思うが、崎陽軒が最近色々と繰り出す「新企画弁当」が楽しい。この「あのとき」とは、シウマイ弁当発売の1964年のことらしい。包装紙も専用のものを作ったので、丹念に見るとあちこちに仕掛けが隠されている(おおげさかな)
「1964年を懐かしむ」とか、「毎度有難うございます」などの古めの漢字遣いとか。一番は弁当印の1964.10.10という日付かな。神は細部に宿るというけど、こういうデザインは全体感よりも細部が重要だろうと思う。

中身は現代版と違うところも多く、鳥カラの代わりに豚天ぷら。蓮根のきんぴらが入っている、レタスの漬物が入っているなど、進化の途中で消えた絶滅種みたいなおかずが再現されている。今のシウマイ弁当もこの先に一段と進化するのかもしれないが、やはり現代版が復刻版より完成度が高いと思わせるのは進化が正しかったということ。
ただし、進化する過程でシウマイは4個から5個になったので、そのあたりが評価の分かれ目ともいえるかな。昔を懐かしんでみても、今の方がうまいという食べ物が世の中には多いはずで、たとえば虎屋の羊羹を江戸時代のレシピーと原材料で再現したら、きっとえらくまずいものになるはずだ。(砂糖も小豆も昔のものは不純物も多いし、精製度も足りない。原材料が品種的に不利というのは商品の完成度にとって致命的だ)
だから、復刻版はまずさも合わせて楽しむもの、なのかもしれない。あるいは、今の旨さをありがたく感じることが最大の成果か。おそらく長く生き残っている駅弁なども、見た目だけは同じように見せながら味や原材料を時代に合わせて細かく調整を繰り返している。その調整能力こそ老舗になるための条件であり、必須の進化能力なのだろう。
とカンブリア宮殿最後のコメント風に締めてみました。

駅弁

釧路の駅弁

久しぶりに釧路駅から特急で札幌まで移動することにした。楽しみといえば駅弁に決定と思い込んでいたら、なんとお目当ての鯖と鰯のほっかむり寿司が売り切れ。予約しておけば取っておいたのにと販売員の方に言われたが、後の祭りだった。エビやカニの弁当はあるのだが、どうもそこには興味がいかない。ちょっと頭を冷やすため駅の中を彷徨いてみたら、おやきの店を発見した。

世間で二番めにオイシイと言われても、一番はどこなんだと突っ込みたくなる、おもしろ系看板。ここは以前は喫茶店だったのではないかと思うが、記憶が定かではない。ずっと昔には本屋だったような気もする。
さて、「おやき」とは北海道では今川焼き、大判焼きのような物を指す。たい焼きが丸くなった、中にあんこやクリームが入った例の焼き菓子だ。北海道語だと信じていたが、某県民紹介番組で青森の言葉だと解説されていた。へー、と思っていたが、青森からの移民に伴い北海道でも「おやき」が定着したらしい。ザンギとおやきは北海道ごと確信していただけに、ちょっと意外な気もする。この店の向かいはコンビニ店になっていた。キオスクはすっかり土産物屋に変わっていた。釧路駅の中は自分の記憶にあるものと全く変化していた。10年ぶりだったしなあ。

釧路駅は改札口を入ると、地下通路で隣のホームと繋がっている。昔の札幌駅もそうだった。確かに冬を考えると、線路上の橋では寒いだろうな、と妙に納得する。根室方面、網走方面にはこの地下通路を渡った隣のホームから発車する。一番ホームは札幌行きの特急専用みたいだ。

釧路で買うはずだった、2個の駅弁のうちの一つが、この牡蠣の駅弁。一つは車内で食べ、もう一つは晩飯にするはずだったのだが。残念ながらいわし・サバは売り切れで、まぼろしの弁当になってしまった。次に釧路に来る機会があるかどうか考えると、本当に幻になりそうだ。やはり、若い頃にしっかりと試しておくべきだったと後悔したが、それもだめオヤジのぶつぶつになってしまった。

牡蠣の出汁で炊いた味付きご飯の上に、牡蠣が6個乗っているだけという極めてシンプルな見栄えだ。付け合わせも本当にお印程度の卵焼きと漬物なので、まさにこれは牡蠣ご飯を食べるだけの豪速球弁当だった。名物駅弁にはこのパターンが多い。山形の牛肉ど真ん中とか、広島の穴子弁当もこのシンプルのっけご飯パターンだが、どちらもうますぎるくらいうまいので不動の定番人気弁当だ。
うまい駅弁をまた食べたいと思っても、その街を訪れる機会がなければ食べるチャンスはほとんどない。百貨店で開催される駅弁大会や地方物産展に僅かな期待をかけるのがせいぜいだろう。よほど親しい知人がいれば「東京に来る際に買ってきて」と頼むこともできるが。都合よく知人が好物駅弁の街に死んでいることなど、まさしくレアケースで、まぐれでしかない。
一期一会とは駅弁のためにあるような言葉だなあ、などと牡蠣をつまみにビールを飲んでの感想だ。この弁当は、是非また食べたいのだが、駅弁大会にでてきてくれるかな。

駅弁

ヘッドマーク弁当の話

駅弁が好きなのだ。その中でもピカイチだと思うのが、JRの特急電車ヘッドマークをデザインした「限定弁当箱」使用の駅弁だ。いつでも売っているわけではなく、夏や冬の行楽時期に期間限定で販売されている。駅弁大会でもお目にかかることはある。この北斗星の弁当亜h2年ほど前に大宮駅で販売していた。北斗星は予約の難しい人気列車だったので、乗車経験は3回ほど。上野から札幌行きが一回、札幌から大宮までが2回。家族旅行としてはなかなか楽しい経験だった。

3年前の夏に買った?ような記憶が

弁当箱代のせいか、駅弁としては破格の2000円だが、中身はそれほど(超がつくほど)豪華なわけではない。ごくごく普通の幕内的な取り合わせだった。これを電車の中で食べるか、持って帰って食べるかは、いささか悩むところだ。というのも、この弁当箱を捨てるわけにはいかないので、食べ終わったらすぐに洗いたい。列車の中で食べると、洗うのが難しい。なので、この日は散々迷った挙句、結局は弁当を2個買った。北斗星弁当は出張先のホテルで夕食にして食べた。

駅弁を買うときには、ときどきこんなふうに2食続けて駅弁になることが多い。何種類かある駅弁を一つに絞りきれず、2個3個と買ってしまう。もうこの駅に来ることは一生ないかもしれない、という強迫観念に襲われての防衛行動だ。ただ、この防衛行動をすると、その地の名物を食べにいく機会が駅弁に変わってしまうという究極の悪魔的選択でもあり、それを避けるため昼と3時のおやつに駅弁食べるしかないとなることも多い。駅弁道を極めるのは厳しいのだ。

駅弁

宇都宮の駅弁その2 こいつも凄いぞ

宇都宮は駅弁発祥の地で、その元祖駅弁はおむすびが2個だったらしい。それと比べれば、実に高級に進化したとも言える、「日光杉並木」という駅弁だ。この風呂敷包みのゴージャスさはどういうことだ。どうやら日光参拝客向けに宇都宮で駅弁が生まれたらしいのだが、その正統後継者がこの弁当のようだ。今や日光参拝に行く人は宇都宮駅で降りるのかはちょっと疑問だ。この弁当売店も在来線改札内にある。
新幹線で東京に行く人は、移動時間を考えると駅弁は買いそうにない。宇都宮から仙台方面であれば弁当を買うかと言われれば、福島仙台であれば時間が短すぎる。盛岡以遠だとなんとかというところか。東海道新幹線でも、名古屋に望みで行くときは弁当は買わないなあ。そして、弁当買うほどの長距離移動になると飛行機にすることが多いし。駅弁受難の時代なのだ。

などとぶつぶつ言ってみても仕方がないし、日光杉並木に戻ると、これが傑作駅弁だった。二段の弁当はそれだけで気分がウキウキする。二段弁当は豪華な感じがする。おかずは駅弁の定番とも言いたい蒲鉾と筍の煮物。特筆したいのは湯葉。最近人気のガッツリ肉弁当とは全く方向感の違う、伝統的な弁当だ。エビ二匹が日光観光の豪華さ(?)を盛り上げている。キノコの乗った炊き込み飯が、これまた絶妙あじ付けだった。

首都圏からの移動先として日帰り圏に入ってしまった宇都宮だが、過去の駅弁の栄光はしっかり残っている。宇都宮は餃子だけではないぞと改めて思う。となれば、同じ北関東の雄、高崎にも弁当ツアーを試みなければと決意を新たにいたしました。