駅弁

各停の旅 駅弁 【水戸】

水戸駅の駅弁はキオスクで売られている。それなりに種類も多い。まずイチオシは印籠弁当で間違いないが、これは既に食べたことがある。個人的に二番推しは奥久慈しゃもべんだが、この先の駅弁計画に被る可能性が高く、今回は避けた。
今回初見参したのは「釜揚げしらす弁当」だったので、とりあえずこれにしてみた。駅弁は幕内的なものより、一品豪華な変形丼みたいなものの方がうまいと思うので、ちょっと期待してしまった。

大洗名物とは言われれば、思い出す食べ物がない。薄ぼんやりとアンコウが名物だったような覚えもあるが定かではない。はっきりと思い出すのは、某戦車道女子学園のアニメだ。アニメを使った町おこしで、ごく初期の成功例だったような記憶がある。リアルな街中を戦車が走り回るというアイデアはじつに愉快なものだった。じつ風景をアニメに取り込む「聖地化」の成功事案だったはずだ。
ところが、この大洗名物釜揚げしらす弁当には戦車娘の影も形もない。豪速球だな。

蓋を開けて見るとちょっと嬉し苦なった。ご飯の上に白子が敷き詰められている。このタイプのふりかけ満載飯というかおかずがご飯を隠してますよ的弁当には当たりが多い。山形の牛肉ど真ん中が典型だ。真ん中の梅干しも良い趣味だ。ワシワシと飯を方張り、米を楽しむ弁当だろう。
あんこうの唐揚げは、普通にうまい。サカナの唐揚げといえば白身魚のフライが乗っていることが多いが、あれはほか弁だけが許される手抜き技だろう。駅弁世界では、やはり白身魚は避けてほしい。その点で、このあんこう唐揚げは大正解だ。ソースなどいらない、衣の味付けとのバランスが良い。ちなみに明太子が乗っているのは、大洗に明太子の視察型工場があるせいだろう。明太子は加工品たから大洗でタラが取れるわけではないと思う。
腹ペコの時に食べるにはうってつけの駅弁だった。今度は、大洗にあんこう食べに行きたいぞ。

駅弁

駅弁 伝統 美食?

函館の駅弁が札幌で手に入る。なんとも不思議な感じがするが、札幌駅の大きな土産物屋で札幌の駅弁ではなく函館の駅弁を販売している。どうやら、朝一番で移送してくるらしい。昼前には売り場に何種類かの函館駅弁が並んでいる。
前々から気になっていた、「みがきニシン」の入った駅弁を今回は選んでみた。みがき弁当と書いてあるが、これは身欠き鰊(干したニシン)を甘辛く煮たものを指しているようだ。
二心を甘辛く似たものが乗っているニシン蕎麦は京都あたりでよく見かける。江戸期の日本海航路全盛時代に生まれた「ニシン物流」の落とし物だ。ところが、ニシンの物流発信地である北海道では、ニシン蕎麦をあまり見かけない。そもそもニシン料理が少ない。塩焼きと切り込み(ニシンの塩辛)、それに昆布巻きの中身くらいしか思い浮かばない。
北海道日本海側の地域では、ニシンは売るものであって食べるものではなかったのだろうか。だから、この弁当は原住民の土着食というより、観光客に対してのイメージ戦略メニューみたいなものなのかもしれない。

弁当の蓋を開けると、数の子と身欠きニシンが前面に敷き詰められている。駅弁らしいというか、シンプルというか。ただ、この全面におかずを敷き詰め、下の白飯が隠されて見えないタイプの駅弁には名品が多い。山形米沢の「牛肉どまんなか」や広島宮島の「あなごめし」など、この系統の絶品だ。どちらも、ただただ無言で飯をかきこむうまさ、究極の駅弁のひとつだ。
だからこの「みがき弁当」もルックスからすれば期待値は高い。最初の一口を数の子から行くかニシンから行くかちょっとだけ迷う。やはり、ここは「みがき弁当」なのだから、「みがきニシン」の煮物から始めたい。
実食すると、身欠き鰊の煮物は甘さは控えめで、身はほろほろと崩れる柔らかさだった。もう少し固いかなと思っていたが、現代的なアレンジでは柔らかさが重要だろう。味付けも昔食べていた「甘辛い濃厚味」ではなかった。上品というか薄味というか・・・・。個人的にはちょっと物足りないような気もするが、意外とこれが白飯とはバランスが良いような・・・。微妙なところだ。
続いて数の子を食べる。これもプチプチ感が命の数の子だが、しっかり歯応えがあり満足できる一品だった。ただ、これも予想外に塩味が控えめで物足りない気もする。強い塩味のおかずで白飯を大量に書き込むというスタイルは、もはや遠い昔ということらしい。
一番塩味が強かったのが大根の漬物だった。やはり、函館の漁師風な味つけはすっかりマイルドになってしまったらしい。港町の駅弁といえば、カニやイクラや鮭といった海鮮大スターに占拠されているが、この身欠き鰊のような渋い役で固めた古典作品は捨て難いよな、などと最後に取っておいた漬物を齧りつつ、感慨に耽るのでありました。身欠きニシン、うまし。

駅弁

大好きな駅弁大会 その3

今年の駅弁大会はなかなかか盛況だったと思うのだが、開催直後から一斉に感染拡大が始まり、なんだか後半は息切れした感じもある。それでも実演弁当はどれもこれもうまそうな気配を醸し出していた。出来立ての駅弁というのも不思議な話なのだが、そこが楽しみといいう人も多いのだろう。

今年の出店の中で、我がイチオシだったのが秋田県から登場した「鶏めし」で、これを買うために駅弁大会に来たといっても良いくらいだ。行列に並ぶと製造工程が見えるので、それがちょっと楽しみだった。鶏めしは将軍ランクにある有名弁当だが、それを超えるアップグレード鶏めしも販売していた。

比内地鶏の鶏めしは、鶏肉の代わりに比内地鶏が乗ったスペシャルバージョンだった。たまたま、この日は比内地鶏の方が人気だったようで、売り切れ中だった。30分ほど待てばできるというので、迷わず予約して店内をぶらついて時間潰しをし、ようやく調達できた。いつもの赤い包装紙ではなく、高級感のある地味目の包装がなぜか食欲を刺激する。高そうだから、うまそうというわけでもないが。

蓋を開ければ、普通版鶏めしと似たようなルックスだが、既に脳内には「比内地鶏=高級鳥」という情報がインプットされているので、情報バイアスかかりまくりで、何やらとてつもなく高級そうな魅力を感じ始めている。当然、一口食べると「うまい」と思う。ただ、頭の片隅で「普通の鳥飯と何が違う?」という悪魔の囁きも聞こえてくる。仕方がないので、普通版鶏めしの写真を引っ張り出してきて比べてみた。

ご飯の上に乗った卵と鶏そぼろはレイアウト違いだがほぼ同じだろう。鶏肉トッピングは明らかに見た目が違う。味も確かに違っていた。一番違うのは、付け合わせのおかずの品数だが、内容はほぼ同一でも、ちょっとしたアップグレード感はある。

鶏肉の好みで言えば、普通の鶏めしの方が気に入っているかも、とも思う。ただし、そこは個人の好みの範疇で、歴然とした味の差があるほどでもないとも思う。それでも、普段口にすることが難しい比内地鶏を食べたという、情報過多で情緒的な満足感はあるから、駅弁としては「比内地鶏の鶏めし」のほうが記憶に残るかもしれない。
どちらにしても、この駅弁「鶏めし」が駅弁自己ランキングでは最上位グループに入るのは決定なので、食べて残るものは満足感だけだ。
あとは、この鶏めしと比較するため、かの有名な「九州のかしわ飯」を食べねばいけないが、博多駅で売っていたかなあ。鶏めしは全国あちこちで販売されているので、鶏めし駅弁行脚でもしてみようか。たのしそうだなあ。

駅弁

大好きな駅弁大会 その2

また駅弁の話だ。今年の駅弁大会では、過去の駅弁大会優秀弁当「将軍」に認定された弁当が、復活販売されていた。将軍位に輝いた弁当は、地元に行けば定番として販売されたりすることもあるようだが、季節限定だったり、あるいは販売中止になっていたりすることもある。その過去の「将軍」認定された弁当で、新潟直江津の弁当がとても魅力的だった。これも、いつかは新潟に遠征して食べてみたいなと思っていたものだ。それが、特設カウンターで数量限定ではあるが販売されていた。素直に嬉しい。

製造元は、駅弁屋ではなく駅前にあるホテルというのが珍しい。パッケージは、これまた何やらそれっぽい。

日本海沿岸の文化圏ではよく食べられている棒鱈(干したマダラ)を甘辛く煮込んだものが乗っている。これの親戚みたいな感じで、身欠ニシンを甘辛く煮たものを乗せた弁当もある。そばに乗せれば、京都名物にしんそばだ。が、タラそばはみたことがない。ちょっと不思議な気もする。
たらこと、鱈の身の甘酢漬けものっている。鱈オンパレード状態の弁当だった。素朴といえば素朴だが、棒鱈の甘煮の完成度が高いせいで、現在主流の肉乗せ駅弁よりも、お気に入り度合いは高くなった。
この手の駅弁は新作であまり出てこないようだから、ぜひ定番として残しておいて欲しい。まさしく、食の文化遺産だと思うが、JR直江津の乗降客数を想像すると、定番販売をするのはとても大変なことのような気もする。
全国で駅弁大会がもっと開催されれば良いのだろうか。百貨店イベント関係者の方々、他人様の企画を「パクる」のも悪いことばかりではないですよ。なんせ、新宿では58回も続いているのです。第1回の時に生まれた子供が、アラカンになるほどの長寿人気企画ですし、ぜひ、全国各地での開催をご検討いただきたい。
札幌でもやって欲しいなあ。

駅弁

大好きな駅弁大会 その1

毎年、新年明けに新宿の百貨店で開催される駅弁大会を、ここ数年とても楽しみにしている。コロナの影響もあり、色々とやり方は変わってもいるが、中止にならずに続いているのにはただただ感謝だ。今年も売り場では色々な対応をとりながら、めでたく実施された。

特設会場では、その場で製造する駅弁が大人気だが、一部の有名駅弁は現地から輸送されてくる。今年はお目当ては、愛媛県松山の駅弁だった。老舗のお弁当屋が廃業するので一度は無くなった「名物駅弁」を、岡山の駅弁屋が復活させてたという話は聞いていた。一度松山に行って、その名物駅弁に挑戦してみたいと思っていた。それが新宿まで配送されてくるというので、これは絶対に調達しなくてはならない、マスト駅弁だと新宿まで出張ってみた。

弁当の作りはシンプルで醤油飯の上に卵や鶏肉、たけの子、椎茸などの煮物が乗っかっている。実に駅弁らしいというか、まさに王道をいく駅弁だった。味付けは思いのほか薄味で優しい。昔であれば土瓶に入った温かいお茶を飲みながら、車窓越しに沿線の風景を眺めつつ、ゆっくりと食べたのだろうなと思う。ご飯の上に乗った煮物を食べながら、醤油飯を放り込む。和食的なマリアージュ。ご飯とおかずを同時に口に入れると「口内丼」と馬鹿にする人もいるようだが、駅弁の米は冷たいので、美味しく食べるには必須のテクニックだと思う。懐かしさを感じつつ、あっという間に完食してしまった。これこそ車内で食べたい駅弁だったなあ。

注)口内丼については、団塊世代の教員が小学校で色々とやらかしてくれた不思議教育の一つである「三角食べ」に由来するようだ。これは東日本が被害地だった模様で、当然、団塊ジュニアにも三角食べ信奉者が多いらしい。現代の食育では、どう評価されているのか知りたいものだ。ハンバーガーとポテトとコーラの三角食は、反米主義者には耐えられないだろうなあ。

個人的には、団塊世代教員が担任だったため、ひどくトラウマになるような経験を「指導」の名の下に多数強制された。我が人生で最大級の人的災害だと思っているので、「三角食」には極めて批判的であります。

駅弁

絶対王者と言いたい駅弁

秋田県大館市の駅弁、鶏めしの包装紙はよく目だつ。駅弁売り場で一眼でわかる「アイコン」性は抜群だ。コレに匹敵するのは、立体造形が見事な「峠の釜飯」と黄色がトレードマークの崎陽軒「シウマイ弁当」だろう。
この大館の鶏めしは新青森駅、岩手駅などでも買える。駅弁大会ではたまに出動している。最近の話題では、パリの鉄道駅で半年間販売されているそうだ。花のパリで日本代表駅弁として活躍している「日本の誇り」だろう。

中身は古豪の風格を見せるシンプルさだ。おかずが二品に漬物が添えられているが、やはりこの弁当の主役は「米」だ。薄い醤油味で炊き上げられたもっちりとした米が主役だ。上に乗っている卵と鶏そぼろと鶏肉とのバランスが絶妙で、米と一緒に卵を食べる、米と一緒に鶏そぼろを食べる。口の中で起こる「マリアージュ」、一体化することで生まれる美味さだ。鶏肉の味付けは甘しょっぱいのだが、コレは単独で食べる。とりの後味が残るうちに、コメだけを放り込む。再びのマリアージュだ。
全国に鶏めしは数多くあるが、個人的にはコレがダントツの一番だ。自分にとっての絶対駅弁だ。弁当の完全調和だ。The king of Ekiben in Japan, The Great Ekiben over the world というものだ。

弁当についていた箸袋を見ていたら、なんとびっくり。横文字が書いている。おそらくフランス語だろう。杉の間伐材を使用した割り箸を提供していると、袋の表側に日本語で書いてあった。
杉箸は香りが良い。おそらくおフランスの駅弁愛好者に間伐材利用というエコと杉の香りのことを説明しているのだろう。駅弁もすでにグローバル化の時代を迎えているようだ。ただ、グローバルになる前にせめて東京駅限定でよいから定期販売してくれないかなあ。

駅弁

青森の駅弁

青森の駅弁の中で、一番食べてみたかったのが、この「ひとくちだらけ」というちまちました懐石風のものだった。以前、津軽のお魚だらけという駅弁を食べた。その記憶が強烈なので、この駅弁「〇〇だらけシリーズ」として期待が高かった。

ひとくちサイズのおかずやご飯が並んでいる。一眼見ただけでは和から洋なものも混じっているが、弁当箱の裏側にお品書きがあるので、それを照らし合わせながら食べていく。一口食べては、あーとか、うーとか言いながら楽しむ。グルメ番組ではコメントも言わず「うんーん」などと唸るのが普通になってしまったが、食べてみないと味がわからないのだから、なんとか「うーん」以外の表現しろよと言いたくなる。
だが、一人で料理を食べながら「これはまったりとした舌触り」とか「滑らかな中にも旨みが凝縮された・・」みたいな感想をぶつくさ言うのも相当に気持ちが悪い光景だろう。
だから、普段は馬鹿にしている「うんーん」みたいな言葉ともうなりとも言えない音しか出てこない。結局、これは新幹線の中で一人酒をやるための「酒の肴」だなと思った。ただ、車内で「ううーん」と唸ってはいけない。

新青森駅でねぶた鑑賞会をしながら、駅弁を買うというのは鉄道旅らしく、楽しいひとときだった。コンビニ弁当で済ませていた昔の鉄道旅を思い出し、じんわりと後悔してしまったので、ちょっとほろ苦い時間だった。
ちなみに、現在の終着駅「新函館北斗駅」は、残念ながらこの津軽的風情はないのだが、札幌まで延伸したらちょっと変わるかもしれない。終着札幌駅は、既存の札幌駅から徒歩5分?くらい離れるらしいので、これまた「変わった駅」になるだろうし。新青森駅の魅力が光るのはその頃だろうなあ。

駅弁

弘前の駅弁

弘前駅で、「津軽弁」の販売どころで入手した弘前限定の駅弁がこれだ。「津軽弁」(津軽の言葉ではなく、津軽の弁当と言う意味で使われている)販売コーナーでは、青森西部、津軽地方の各地から弁当が集まってくるので、きっちり確認しないと弘前なのに弘前以外の駅弁を購入する羽目になる。それがまずいとは言わないが、ちょっと残念な結果だと思うのだ。販売員の方も、これは手作りでおすすめみたいなことを言っていたので、迷わず選んだ「弘前弁当」だ。

弁当箱の中身は真ん中に4種類のご飯が入っている。紅白の対比が綺麗だが、栗が乗っているおこわもオシャレだし、黄色い卵乗せご飯が1番のおすすめだと思う。左右両サイドには津軽地方の家庭料理が入っている。当然、イガメンチもあるが、甘い卵焼きがイチ推しだろう。
だし巻き卵に慣れていると、この甘い卵焼きはケーキのような甘さに感じる。素朴というのとは少し違う気がするが、料亭の味のようなプロ感がある料理とも違っている。おそらく自分のうちに「お客が来た時のご馳走」とでも言えば良いのだろうか。卵焼きを普段よりちょっと贅沢な料理にしてみました、という感が強い。

弁当売り場の横にあるリンゴのオブジェをチラ見しながら、駅弁を選んでいるのは、なかなか旅情溢れる楽しい時間だった。これは地元の駅前で臨時販売している、横浜崎陽軒のシウマイ弁当を買うのとは随分違う。
駅弁の楽しみは、食べるだけではなく、買うところから始まるのだろう。それが、例えば駅のホームの売店かもしれないし、改札に入る前のお土産屋かもしれないが、いつもと違う光景で、いつもとは違う言葉を聞きながら、駅弁を買うから増幅される幸福感なのだと思うのだ。
飛行機を使った旅とはまた一味違う鉄道旅。これがあるからやめられないんだよね。

駅弁

ヘッドマーク 駅弁の華と憧憬

年末の10日間に季節限定販売で発売されたヘッドマーク弁当を、東北で仕事をした帰り道でゲットした。大宮駅、上野駅、東京駅で販売していたようだが、大宮駅で購入した。夕方だったせいもあり、最後の一個だった。つばさは山形新幹線が開通するまでの東京山形を結ぶ特急だったとのこと。確かに山形は出張で出かけるには微妙な距離感のあるところで、うろ覚えの記憶だが一度だけ羽田から飛行機で行ったような気もする。

専用弁当箱は4箇所で固定する、汁漏れもない頑丈なタイプで食べ終わったあとは再利用できる。鉄道オタクの成分が強めで弁当を持って仕事に行く人であれば、ちょっと使ってみたくなるかもしれない。

弁当の中身は、かの名作「牛肉ど真ん中」の製造元なので肉盛り弁当としては完成度が高い。牛肉ソボロとすき焼き風の肉がご飯の上に乗っている。弁当箱がコンパクトなので、ガツンと食べる感じにはならないが、量は少なめで味はガツンとくる弁当がお望みの方にはぴったりだろう。

このヘッドマーク弁当はお値段がそこそこ高いのと、季節限定どころか10日間限定みたいな売り方をするので、なかなか揃えることが難しい。いってみれば憧れの華的な高級志向というか、一段レベル上の存在だ。それが、いつの間にか第8弾まで伸びていたのを知って、ちょと愕然とした。やはり新宿京王百貨店の駅弁大会で地道に欠番を揃えることにしようか。ただ駅弁大会でも全種類出品はなく、せいぜい2−3品だからコンプリートまで何年かかることか。駅弁買いの悩みは深いのだ。

駅弁

人気駅弁を解体すると

前々から気になっていた新潟駅弁の名作を、東京駅で手に入れた。駅弁屋は一時期のがら空き状態がどこに行ったかと思うほど、旅行客で激しい混雑ぶりだった。お目当ての弁当を探すのにも苦労する。幸いなことにこの駅弁が入荷していれば入り口付近に置いてもらえるのがありがたい。人気者の強みだろう。
それでも時間によっては入荷前だったり、売り切れていたりでなかなか手に入れることができなかった。ちなみにこのえび千両ちらしと書かれているものは絵葉書になっている。駅弁を食べたら感想を誰かに書いて送りなさいという、親心というか心優しさだ。

蓋が二重になっていて、下の蓋にはお品書きが添えられている、なんともそそる駅弁だ。そして蓋をとると、全面的に黄色が目に入るが、これは厚めの卵焼き。真ん中に乗るのはたらこかと思ったら、エビのおぼろらしい。

卵焼きを半分めくってみたら、その下にはうなぎとこはだが「こんにちは」と登場してきた。なんとびっくり箱のような仕組みになっている。

卵焼きを全部外してみたら、エビとイカも出てきた。これだけでちらし寿司的に完成形だとおもうが、実際には卵焼きで隠されている。この仕掛けを知らずに卵焼きだけ見たら、なんだかしょぼい感じがするのは間違いない。
このサプライズ型の弁当はあまりみたことがない。ご飯の上をおかずが覆っている、例えば焼肉弁当みたいなものはよくある。鶏そぼろと錦糸卵でフルカバーという駅弁もたくさんある。しかし、全面卵焼きとは、すごいものだ。
酢飯は、主食として食べるのも良いが、酒の肴としても戦闘力抜群だ。JR東日本の駅弁味の陣で大将軍認定されただけある。しかし、新潟の駅弁が東京で買えるというのも、これはこれですごいことだ。新幹線を使ったサブ・物流は真剣に考えても良いのではないか。やはり最後尾と先頭車両を貨物仕様に改造して、海産物などを2時間で運ぶサービスがあれば、使いたい飲食業も多いと思うが。