ソロキャンあれこれ

長瀞でソロキャンプ

今は空前のキャンプブームだという。確かに週末のキャンプ場はどこでも満員で予約を取るのも難しい。が、コロナの終息というか一般化が進んできたせいか、「おそと」で密集を避けて遊ぶというのは、トレンド落ちしてきているらしい。すでにアウトドア用品(キャンプ用品)業界では売上減少が始まっている。おそらく今年の冬から秋にかけて、ほとんど未使用のアウトドアギアがリサイクル店にどっと放出されるだろうという読みをしている。
人は易きに流れるものだし、自分で色々と支度をしたりするキャンプより、上げ膳据え膳の温泉旅行の方に人気が戻りそうな気がするからだ。ただ、それが嫌だとか困るとかいうつもりもない。晴れた日にはソロキャンプという、我が趣味の世界を楽しめるようになるのありがたい。

夏の終わりというタイミングで、秩父にあるキャンプ場に行ってきた。比較的サイト数の多い川沿いのキャンプ場だが、平日であれば利用客も少ない。(ちなみに土日は全く予約が取れない)
川沿いサイトが人気なので、そちら側には5組ほどがテントを貼っていた。ただ、どの組も男一人のソロキャンプだった。自分のことをすっかり棚に上げ、この男だけの世界は「人類絶滅後の生き残り難民」みたいだなと笑ってしまった。
もう一つすごいなと思ったのだが、こっそり周りのサイトを観察してみると、ソロキャンプなのに重装備なことだ。なんだか、荷物の積み下ろしだけで1時間以上かかりそうだ。テントを貼るにも、あんなに大きなテントとタープとなると……………やはりソロキャンプというのは、買いまくったキャンプギアの展示会みたいなことをしたいのだろうと納得した。

さて、自分のサイト周りだが、そもそも車中泊の延長でキャンプを考えているので道具は少ない。テントは一人用で中にはマットと寝袋だけ。照明は電池式LEDという明るくて便利なものができたから簡素にできる。
折りたたみ式の椅子もローチェアという小型化が進んでいて、あとは焚き台と小物を置く折りたたみテーブルがあれば十分だ。オイルランタンはテレビで見て欲しくなったので通販で買った。昔使っていたコールマンのガソリンランタンは明るさが取り柄だったが、それも子供連れファミリーキャンプだから必要だった。今ではソロキャンなので明るさはそこそこで良い。
一人バーベキューなどもしないので、調理器具は家で使わなくなったカセットコンロがあれば十分だと思っている。もっとシンプルにするのであれば、100円ショップで買ったアルコールランプか固形燃料でことたりる。
暇つぶしには読みかけの文庫本一冊とBT接続できるスピーカーがあれば十分だ。(これでスマホに入れたお気に入りの楽曲をBTで飛ばして聴くことができる)
焚き火台の横にある銀色の筒は100円ショップで買った火付け器だが、この中へ周りに落ちている枯れ葉を放り込みひをつける。簡単にたきびの火種ができる。予想以上に便利で役立つ道具だった。ただし、すぐに壊れそうなので、戻ってから追加で買ってきた。

夕方になり焚き火を始めた。これがやりたくてソロキャンに来ている。最近では自宅で焚き火をするなど考えられない時代になったから仕方がない。昔からキャンプでは焚き火をするのが楽しみだったが、最近は焚き火が目的になっている。
ただただ薪を燃やすだけで一晩が終わる。そんな時間が楽しい、という人は多いようでネットでは「焚き火」を目的にキャンプ場を選ぶこともできるようになっている。

夜になり暗くなると、ちょっと多めに薪を投入し炎を大きくしてみる。おー、ファイヤーだ、と実感できるのが嬉しい。夏であれば、これはちょっと暑すぎませんかという気分になるのだろうが、秋ともなれば夜の焚き火で暖を取るのが本望というものだろう。

薪がすっかりおき火になった状態で、これまた100円ショプで買ってきた足つきの網を載せる。ここで、事前に密封袋に入れて味付けをしておいた鶏肉を取り出しじっくりと焼く。夕食はすでに済ませているので、この鳥モモ焼きは家に持って帰って食べるために焼く。焼き上がりにケイジャンスパイスをたっぷりふりかけ、あら熱が取れたらラップで包みクーラーボックスに放り込む。
ソロキャンのお土産というか、次の日の肴を仕上げるというか。長い夜を楽しむのは時間がかかるズボラ料理がよい。

ちなみにこの日の夕食はプレスサンドメーカーで焼いた生餃子で、まだ陽があるうちに焼き始めた。陽が落ちた後であたりが暗くなると焼き目を確認するのが大変だ。プレスサンドメーカーは、当然だが朝食用プレスサンド作りにも使う。その他に簡易型のフライパンや蒸し器としても使える。ソロキャンでは活用度が高い調理道具だ。
ちなみにカセットコンロが油だらけになっているのは、この直前にコンビーフのアヒージョを作ったせいで、アウトドア料理は匂いや油をあまり気にしないでできることがありがたい。

昔使っていたガスランタンを取り出してみたらまだまだ使えた。最近ではガスボンベ直結型のランタンは少なくなっているようだ。ホヤがガラスではなくステンの網で囲われたランタンもなかなかレトロで良いななどと思いながら、のんびり星を見ていた。5mも離れれば聞こえなくなるくらいの小さい音量で聴いていた楽曲は、キングトーンズのファルセットボイス。これぞソロキャンの醍醐味というものでしょう。

翌日の朝は5時起床、コーヒーを飲み陽が昇るまでしばらくボーとした後、テントをたたみ始めて1時間で撤収完了。ソロキャンはお手軽に、が大切ですねえ。

ソロキャンあれこれ

ソロキャンプ飯の作り方

ニトリのキッチン棚と100均で手に入れた鉄製フライパン(ただし20年前)と段ボール製風覆いでキャンプ飯を作ってみる。一歩間違うとホームレス的な雰囲気モデルだが、そこはあえて孤高のアウトドア飯なのだと言い張る。加熱道具は固形燃料なので調理時間は10分程度に限定される。フライパン料理としてはさくさく進めなければならない。

たっぷりとオリーブオイルをいれて温まってきたらコンビーフを缶の半分くらい放り込む。事前に缶を開け少しほぐしておくとよい。コンビーフをフライパンの上でほ炒めながら、塩胡椒、その他のスパイスを適当にバラバラ振りかける。コンビーフは塩味がついているので、まさに量は適当だ。

その後、これまた量は適当にオリーブを丸のまま放り込む。こだわるのであればオリーブは丸ではなく二、三等分しても良い。味はどちらでも変わらないような気がする。要するに炒めたオリーブを楽しむのが目的なので、さほどのこだわりもない。缶詰オリーブだから火が通るのもあまり重要ではないし・・・。

その後、1cm程度の厚みで輪切りにしたバナナを放り込む。この焼きバナナは火が通ると甘みが増す。投入前のバナナは硬めの方が焼け具合も良くてうまいと思うが、二、三日置いて茶色のスイートスポットが出てきた、柔らかかくなったバナナもおすすめだ。この場合はバナナにねっとりとした食感が出てくる。

仕上げにはフライドオニオンや型焼きそばのようなカリカリ系の食材をふりかけると、さらに美味くなる。味というより食感の違いがバナナを引き立てる。最後にスパイスや調味料でアレンジする。今回はケイジャンパウダーを使ってみたが、全国あちこちにあるステーキや焼き肉用のローカルだが有名なスパイスを使ってもうまいと思う。
まあ、失敗しても被害者は自分だけだし、食べられないほど不味くなることもない。缶詰とバナナがあれば、またちがう無敵アレンジにも挑戦できる。
ソロキャンプ飯に必要なのは、こうしたチャレンジ精神だ・・・と思う。

ソロキャンあれこれ

ソロキャンプ タープを楽しむ

こういう気温の日にソロキャンもどきに行ってきた。利用日の1週間前に使用申請をしなければいけないので、猛暑になるとは思わずに予約してしまった。

サイトは10m四方くらいの広さがある。この中でテントを立てたりタープを貼ったりできる。サイト数は10個だったが、当日は利用者ゼロ。気温を考えれば当たり前か。

きおんがそれなりであれば、例えば春とか秋であれば、椅子とテーブルだけで過ごすのも快適そうだが。この気温では、言葉通り死にそうに暑いだろう。

そこで、中古で手に入れたタープを立ててみることにした。六角形のタープ生地(天幕)を2本のポールを使って立てる。よほど風の強い日以外は、一人で立てるのも難しくない。所要時間は10分もかからないだろう。
まずタープを地面に広げ二つにおる。ポールを地面に倒したまま、タープの恥にあるハトメ付きの穴に差し込む。これを前後2箇所で準備する。

この時ロープもポールの上に固定しておく。タープもポールも地面に寝かせたままの状態で、日本のロープをポールに対して左右45度に開いてペグで固定しておく。
そして徐にポールを立てる。と以前、反対側のポールは地面に寝たままだ。ポールから地面に伸ばしたロープが地面と45度程度になるように(この辺りは後で調整するので適当で良い)l金具を使い長さを合わせる。

反対側も同じように、ポールを立ち上げ適当な長さでロープを調整する。ポイントはタープの上面がピンと張るように後から立てたポールを立てる位置を調整する。ただ、多少弛んでいてもとりあえず2本のポールを立ててしまい、それから微調整していく方が簡単だ。
物干し竿にシーツを干しているような感じになる。ここで前後2本のポールから伸びるロープ計4本を順番に調整する。ポールは地面から垂直に立てるよりも、多少タープの内側に立てて斜めにした方が安定は良くなる。
その後、左右の下側にあるハトメ穴にロープを繋ぎ、ペグに固定する。ペグの場所がタープから遠くなれば、屋根の角度も緩やかになる。好みの角度に調整する。4箇所ともペグで固定すれば、またロープの長さを調整し、タープがピンと張るようにすれば出来上がり。

時間が経つとター@うのテンションが緩みだらんとしてくる。気になる人はサイドロープの調整をすれば良いのだが、風が強くなければ「ダラん」状態でも日除けとしては問題なく使える。この日は、タープの虫干しが目的だったのでこのまま2時間ほど放置することにした。

夏のキャンプは暑いので、タープは必需品だと思うが、サイトに木陰があればタープなんか使わなくても良いのだよな、ということだ。実際、この日は木陰で携帯型の扇風機ですずみながら、ポータブルスイーカーでスマホからお気に入りの音楽を流ししばし読書と洒落込んだ。ソロキャンだからワイルドでなければなどと、ストイックなことは全く考えていない。誰にも気兼ねせず自分の好きなことをして過ごすのがソロキャンの醍醐味なのだよね。
この後、撤収するときが一番暑くて、まさに気が遠くなった。真夏のキャンプは危険だ。

ソロキャンあれこれ

ソロキャンプ飯 プレスサンド

ソロキャン飯にゴージャスな食材はいらない。缶詰や瓶詰めに食パンがあれば、もう十分ではないかと思う。特に、生物である肉とか魚はこの季節では扱いにくい。そんなこんなで、冷蔵しなくて良い材料だけ持ってきた。
ちなみにオリーブだけは自宅の冷蔵庫に入っていたものを密封袋に入れて持ってきた。基本的にソロキャン道具には金をかけないと決めているので、よく使われているアルミテーブルの代わりに、ニトリで買ってきたキッチンシンク下につかうキッチン棚を用意した。
これで十分だと思うのだが、キャンプの楽しみには道具集めもあるので無理強いはしない。ブランド物のアルミテーブルを買う金額の1/10で手に入るニトリ製品は優れものだというだけだ。持ち運ぶときには足をバラして折り畳めるし便利だ。

今日のお試し道具はセリアで買った固形燃料の燃焼台、110円なり。組み立て式の燃焼台は安定が悪い気がしたので、新作を手に入れ挑戦してみた。前方には大きめの穴が空いているので空気の流入も問題なさそうだ・

有効だった100円ストーブ台

ニトリのキッチン棚の上に100円ストーブを置くとこんな感じになる。棚の上面は隙間が広いので置く場所には多少注意する。

本日もプレスサンド一択だ。食パン二枚を取り出し、この上にフィリングを乗せる。これも最小限手順でなんとかしたい。

オリーブの代わりに自家製ラッキョもうまそうだ

コンビーフの缶を開けて、ナイフでテキトにパンの上に乗せる。厚みが偏らないようにコーンビーフを広げるが、あまり気にしないことにする。その上に塩胡椒、そして今回のスペシャルでケイジャンスパイスを大量にふりかけた。コンビーフの凸凹にオリーブを適当に乗せる。オリーブ好きなので量はケチらない。手間をかけたくないのでホールのまま置いたが、手間をかけても良いという人はオリーブを半分に切るなり、細かく輪切りにすると、歯触りも含めて改善されると思う。味は・・・あまり変わらないのでは?

油は多めが重要

パンを重ねて、プレスサンドメーカーに入れる。ここでサンドメーカーの両面に多めのオリーブオイルを注ぐ。オリーブオイルがわりにバターやマーガリンを使う人もいると思うが、夏場のキャンプでは高温で溶けるものは使いたくない。公人的にはオリーブオイルが好みだというのもある。ただし、サラダオイルは向いていない気がする。焼き上がった時の風味というか香りの問題だ。

実際に、風覆いの先っちょが固形燃料に近すぎて燃えた

固形燃料ストーブの周りに、これもセリアで110円で買った風覆い(段ボール製)を置く。どうも手前部分がきちんと停められないので、内側に向かってしまう。テープやピンを使い丸まってしまうのを止めるようにしなければならないと思う。次回はWクリップでも持っていくことにしよう。

ニトリのキッチン棚は抜群の安定性で二重丸評価だった

マッチで固形燃料に火をつけプレスサンドメーカーを火にかける。2−3分おきに上下を裏返す。たまに蓋を開けて焼け具合を確認する。だいたい3回ほど裏返して、固形燃料を使い切る前に完成した。

表面は程よく焦げ目がついている。おそらく固形燃料の火力がガスほど強くないため、黒々と焦げるほどの熱量にはなっていないのが好都合だった。

皿代わりのパーパーナプキンはソロキャン必須グッズだ

二つに割って中身の厚さも探ってみる。手に持てないほどの熱々ではないが、中にもしっかりと火は遠ているようだ。

中身が気になって、半分をひっくり返してみた。中のコンビーフも熱が入って柔らかくなっていた。実食した結果として、味付けは申し分ない。(自画自賛)
パンを開いて、中身の部分にオニオンチップを入れると、カリカリ食感が生まれてなおうまい。
次回はケイジャンスパイスを入れる代わりにカレー粉とマヨネーズを試してみよう。仕上げにガラムマサラをかけると、ピリピリして旨くなりそうだ。

所要時間は10分程度。夏でも冬でも簡単に熱々飯と酒の肴が兼用でいける缶詰サンドはソロキャン飯の救世主だな。

ソロキャンあれこれ

玄関でソロキャン メスティン

コメの量を間違えたらしく、蓋を押し上げる大盛りで完成した「かまめし」もどき

玄関でソロキャンプシリーズ(笑)の続きになる。最近ではキャンプブームのおかげで、100円均一ショップでもお手軽なキャンプ道具が手に入る。そもそも100円均一を維持しているのはセリアだけで、ダイソーもキャンドゥーもすでに300円、500円、1000円といった高額価格帯商品も販売しているから、「100均」というのもいかがなものかという気もするのだが。
その100均キャンプ道具で、発売直後売り切れっぱなしだったのが「メスティン」だった。メスティントは、単純に言うとアルミ製飯盒だ。飯盒というと帝国陸軍が使っていた兵式飯盒を思い浮かべてしまうが、こちらはヨーロッパ発?の洋式キャンプ道具だ。キャンプ道具のルーツは軍用品か登山用品にたどり着くことが多いが、これもどうやら軍用品の流れにあるらしい。
特徴は、持ち手がついていること。アルミなので熱効率がよく軽い、つまり携帯性に優れている。たまたま今回は白米の炊飯に使ったが、煮物だろうが、炒め物だろうがなんでも使うことは可能だろう。ちなみにこのメスティンは550円(税込)で、ダイソー製とキャンドゥー製の両方を買ってそれぞれ試してみることにした。
メスティン2個あれば、飯を炊きながら煮物を作ることもできるし、湯を沸かしてレトルトカレーの加熱もできる。

加熱の道具は、一番お手軽な固形燃料と、それ用のゴトクにした。これも100均商品で固形燃料は3個入り110円だった。固形燃料の台は折りたたみ式のスタンドで、右と左のゴトク(メスティンなどを置く台部分)は、真ん中に折り畳むことができるので携帯製が良い。こちらは330円だった。本格的なキャンプギアを選ぶと、1000円を超える価格になる。典型的なブランド普及品のダウンスペック化商品だが、さすがに100円商品にはならなかった。それでも機能的にはあまり変わりがないようだ。今回使用した固形燃料は15分程度燃焼すると表示されているが、実際には屋外で使うと風に煽られるせいか、もう少し短い気がする。それでもメスティンで湯を沸かすには十分だ。

メス亭炊飯実験は、釜飯の元を使い炊き込み飯にチャレンジすることにした。コメ以外の材料も家にあったものを適当に使った。釜飯の素だけでは寂しいので、オリーブとコンビーフを乗せた「洋風釜飯?」にしてみることにした。フライドオニオンは海苔の代わりに食べる時にふりかけるものだ。

米は研いだ(洗わずに)後で1合入れた。が、後になって計量を間違っていたことに気がついた。1合より3割ほど多かったようだ。メスティンには計量用の印などないので、計量カップなどがなければ、使用前に米の量と水の量を一度確認しておいて、それ以降は目分量で使うのが便利だろう。
固形燃料などを使うと熱量にもばらつきがあるので、計量は大雑把な目分量で構わないと思う。多少焦げたり、飯が固かったり生煮えでも食ってしまえば良い、と決意するだけのことだ。

体感的にほとんど風を感じなかったので、最初は風覆いもなしで火をつけた。すると、固形燃料一つ目がほとんど燃焼完了するまで、メスティンの中身は沸騰すらしなかった。やはり微妙な風により炎が一定になっていなかったようだ。
おそらく固形燃料とメスティンの底との距離が、ちょっと遠いのかもしれない。固形燃料の高さをもう少し上げないと、この台座・スタンドでは火力が足りない様だった。
そこで、これも100均商品(ただし550円)の風覆い用アルミ板を周りに立てて2個目の固形燃料に火をつけた。これで無事メスティン飯は出来上がった。今回の学びは二つ。
一つ目、固形燃料使用時は風よけの覆いが必須条件。
二つ目、固形燃料の高さ調整の工夫が必要ということ
特に、固形燃料は居酒屋で出てくる一人鍋や一人鉄板焼きみたいなもので見慣れているので、それなりに火力が強いと思っていたが、屋外では相当に熱量が下がるらしい。固形燃料はつけたり消したりも難しい、一度着火すると使い切るしかないロケット花火的燃料なので、やはり燃焼時間も含めて事前に確認しておくしかない。
ソロキャンとは言え、無駄に固形燃料を大量に持っていくのも馬鹿らしい。やはり、調理回数に応じた適切数と予備くらいにしておきたい。
一番お勉強したのは、何事も事前準備が大切ということだ。おそらく泊まりのキャンプにするのであれば、夕方に一袋(3個)、朝に一袋(3個)、予備で一袋(3個)という数量になるだろう。しかし、これでは想像していた以上に固形燃料がガサばることがわかった。
こうなると加熱道具は別の選択肢もありそうな気がしてきた。

ソロキャンあれこれ

玄関でソロキャン アヒージョもどき

アヒージョもどき  玄関なので徒歩10秒でソロキャンクッキングだ

最近のキャンプブームはたいへんなものらしい。30年近く前、オートキャンプが流行ったが、その時はいわゆるワイルドキャンプから車で乗り入れるオートキャンプサイトという高級化が起きていた。ところが、今回はコロナ禍で始まった屋外セーフプレイということなのか、ソロキャンプ、それもワイルド色の強い先祖帰りをして野営に近づいているらしい。
小学校時代から始めたキャンプも、最初の頃はテントとは名ばかりの隙間だらけの天幕だったので、蚊に刺され放題というワイルドさだった。それから比べると、今やキャンプギアの進化は素晴らしいので、ワイルド系ソロキャンプもだいぶ快適に過ごせるようだ。
などなどつらら考えて、またキャンプするのも良いかなどと思うのだが、そのキャンプで一番楽しいのが、「1 計画を立てる」そして「2 道具を揃える」だと思う。実際にキャンプ場に行った時には、キャンプの楽しみの半分以上を消化済みというのが、過去の経験からの学びだ。
そこで、楽しみの1と2を合わせて、ここ最近に仕込んできた道具を使い家の前で遊ぶことを考えついた。

手始めに家にある材料で適当にアヒージョをしてみようと思った。アヒージョは室内でやると細かい油の飛沫が飛ぶので、家人の評判を考えるとあまりよろしくない。匂いもこもる。ただ、お手軽料理なので、アウトドア向きと言えばまさに的確だ。
用意した食材は、
自家製ラッキョ(塩漬けなので塩分強い)
自家製醤油漬けニンニク(一年熟成)
オリーブ(種無し)
災害避難用に買ってあるコーンビーフ
使いかけのオリーブオイル(エクストラバージンはアヒージョには向いていない)
これにアンチョビーなどの塩漬け魚を加えるのだが、今回はコーンビーフから出汁も塩味も出ると考え「なし」にした

キャンプ用のシングルバーナーは30年くらい前に買ったものだが、今でも現役で使っている。スキレット(鉄鍋)は、これも20年以上前にダイソーで買った100円商品だが、死ぬまで使えそうだ。EPIガスが今でもホームセンターなどで売られているというのもすごいことだなと、全く別のことで感心してしまった。

オリーブオイルを鍋に1/3程度入れる。量は適当で計量などしない。ソロキャン料理はそれで良いのだ。そこに、らっきょとニンニクを適当にザクザク切って放り込む。みじん切りなど面倒なので、一欠片を三つに切る程度の乱切りにした。

油に火が通り、ニンニク・らっきょがジュワジュワし始めたら、追加でこれみ2−3分割したオリーブを入れる。今回は家にあったのが、アンチョビー詰めオリーブだったので好都合だ。ニンニクの匂いがしてきたら、コンビーフを追加する。

コンビーフを一缶投入して、それを箸でほぐして一煮立ち?したら、もう完成。出来立てを食べると火傷しそうで危ないが、これをバゲットに乗せて食べれば、一人でバゲット1本完食しそうなほど美味い。
それでもアヒージョがあまった時には、そのまま冷まして冷蔵庫保管にする。ふりかけがわりで飯のおとも、トーストのペーストにも使える。レンジアップしてビールのつまみにも再生できる。
玄関でソロキャン・クッキング、所要時間5分でした。