食べ物レポート

盛岡名物冷麺 あれれ?

掘り返してきた3年前の写真を見返していて気が付いた。ずっと盛岡冷麺と思い込んでいたが、盛岡冷麺発祥の地? 食道園の暖簾には平壌冷麺とかいてあったのだ。記憶の中での間違った刷り込みがどこで起きたのか不思議だ。よく行く「ぴょんぴょん舎」では盛岡冷麺と表記されているから、そこからの記憶かもしれない。スーパーで売っているチルド冷麺も「もりおか冷麺」とかいてあるからかもしれない。
ただ大昔に食べた、ソウルの有名冷麺店の冷麺より盛岡冷麺の方がはるかにうまいと思うので、やはり本場の味に日本的アレンジがしてあるような気がする。ソウルで食べた有名な韓式料理店のフルコースでも感じたことだが、全般的に韓国の料理は塩味が薄いのが特徴だと思う。ソウルで食べた本場の冷麺も塩味が薄いという点が、日本人的な嗜好と違っているのではないかと思う。逆に韓国の方からは日本食の塩味がキツすぎると思われているだろう。

雪の降る日に寒さに凍えながら入った店内で冷麺食べた

この元祖冷麺は実にさっぱりしているが、何度食べても飽きない。麺の腰の強さもあるが、さっぱりしているがコクのある出汁、スープの力が一番の決め手ではないかと思う。近所の焼肉屋だと、まず焼肉を注文し、その後に冷麺を締めに頼むというパターンだが、冷麺だけでも注文できるのが盛岡方式だそうだ。それでも、焼肉もうまいので、軽く一人前程度のカルビは頼む。焼肉を食べた後、冷麺のさっぱり感を楽しむのが食い物道として本道だろう。
これだけ食べるために盛岡に行ってもいい(大袈裟ですなあ)と思うくらいの好物で、盛岡では他の冷麺も試してみたいと思いつつ、ついふらふらと食道園に吸い込まれてしまう。そのため比較対象するデータは「ぴょんぴょん舎」くらいしかない。が、ぴょんぴょん舎も旨いと感じるのだから比較にならない。

食道園の定番

そこで、最近食べた日高屋の冷麺と写真を比べてみると、ルックスは似たようなものだが、食堂園の方が麺の盛り付けに美しさがある。さすが、専門店の技量というものだろう。それでも、盛岡に行かなくても冷麺が食べられるのは捨てがたい魅力だ。日高屋的な、抜群にうまいわけではないが、納得できる価格バランスみたいなところを加味しても、日高屋冷麺は「十分に」良い出来だと思う。

日高屋はお手軽に

気温が上がってくると食べたくなるものが冷麺と冷麦。今年はいったい何回冷麺が食べられるかな。早く旅行の自由を取り戻したい今日この頃。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中