食べ物レポート

天狗で肉を食う

天狗という居酒屋チェーンは実に堅実だなと思うのだが、初めて東京に出てきた何十年も昔に(笑)、当時の上司が新宿で飲もうと連れて行ってくれた店が、靖国通り沿いにある天狗だった。おー、これが東京の居酒屋かと素直に感動していた。その店に、本当に久しぶりに入った。というか2回目だった。それだけ長い間お店を続けているのだから、単純に凄いことだと感心した。店名は「天狗」から「テング酒場」に変わっていたが・・・。焼き鳥中心の居酒屋にチューンナップした業態だ。

その焼き鳥業態なのにも関わらず焼き鳥の注文しないで、たのんでみた「おすすめメニュー」が豚肉の冷製?というかハムのようなものの3種盛り。タンとハツとカシラだったはずだ(多分)。味は良いと思ったが見た目が同じ色で記憶に残らなかったのだ。これをごま油と塩で食べた。もう一度食べたいぞ、という感じだった。

ということで、また新宿にノコノコ出かけようと思ったのだが、家から徒歩圏で「天狗」があることに気がついた。「テング酒場」も「天狗」も同じ会社の居酒屋だから、「天狗」に行けば食べられるのではと思ったのだが、残念ながら天狗には豚肉3種盛りはなかった。そうやらテング酒場だけのメニューのようだ。せっかくなので「蕎麦屋の唐揚げ」というみたこともないものを注文してみた。蕎麦屋で唐揚げを出しているところもあるだろう、蕎麦屋でカツ丼食べることもあるし、唐揚げに違和感はないが、「蕎麦屋の・・」というのが気になる。注文して出てきた品物見ればなるほどねえというかんじだった。唐揚げをそばつゆにくぐらせたらしい。小ぶりの唐揚げなので、衣によく蕎麦つゆがまとわりついている。これはなかなかの逸品だ。蕎麦屋の天抜きの応用だろう。

ついでということで、「蕎麦屋の焼き鳥」も頼んでみた。これはあちこちの蕎麦屋で見たことのある、串にささっていない焼き鳥で、焼き鳥の甘い醤油タレで仕上げたものだった。最近は、焼き鳥を串から外して箸で食べる人が増えたので、串なし焼き鳥は意外と人気が出そうな気がする。これも良い品物でありました。
ただし個人的には串から外して食べるのは焼き鳥道としては邪道と思っている。焼き鳥屋に行ったら、自分の食べたいものをそれぞれに注文する。一緒に行った相手も同じmの食べたいのであれば、追加でもう一本注文する。串から外して二人でシェアするというのは、どうにもやりきれない感じがするのだ。
とりあえず豚肉3種盛りを食べにいくには新宿に行くしかなさそうだ、と思っていたら隣町川越にもお店があるようなので、県内移動、県内消費のためには川越に行く方が良いのかな、と思案中。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中