街を歩く

和菓子の散歩

散歩の目的地として和菓子屋を目指すという話の続きで、手に入れたのが浅草亀十のどら焼き。もちろんだが浅草まで歩いたわけではない。所沢駅前の西武ショッピングセンター(旧西武百貨店)の中に、全国の名物お菓子を売っている場所がある。そこの特設コーナーにお江戸の名品が並んでいた。浅草に行っても、亀十は行列が長すぎていつも諦めていた。去年までのインバウンド客大量発生の時は、近寄るのも恐ろしいくらいの行列だったし。ところが、その行列店の亀十どら焼きが所沢まで渡ってくるのだから、どれだけ観光客がいなくなったことだろうと推測できる。ほとんど買い放題状態でどら焼きが山積みになっていた。行列もなかった。ありがたいなあと思いつつ、申し訳なくもある微妙な気分。食べたどら焼きは、いつものうまさだったので、これまたありがたい。

その隣に売っていたのがクリームパンで、これもついでに一つ調達した。クリームパンは和菓子かと言われると微妙な感じもあるが、あんパンと同じで西洋パンではないような気がする。柔らかいパンの中に甘いフィリングが入っているとなると、これはアメリカやヨーロッパのベーカリーでは見かけた記憶がない。チョコが入っていたり、木の実が入っていたりというのはあるが。せいぜいトッピングとして甘いものが乗っているデニッシュくらいだろうか。

神楽坂にある亀井堂のクリームパンはたまに手土産に持って行ったりする。あれはとてつもなくうまいが大きすぎると思う時もあり、クリームパンのサイズはこれくらいの方が良いのかななどぶつぶつ言いながらあっという間に完食した。このパンの柔らかさとたっぷりのクリームは、ほとんど饅頭か大福もちみたいなものだ。やはり、和菓子認定で良いのではないか。スーパーで売っているクリームパンとは天と地の差があるぞ、とは思うのだが、これが毎日スーパーで売っていたらありがたみも失せるのだろうな。それでも週に一回くらいは、地の果て所沢に売りに来て欲しい。

コロナで大変なご商売の方々には申し訳ないが、観光客減少のおかげで名物や美味しいものが販売されるようになったのは、ちょっとだけありがたい。来週はどこの名物が売っているか「散歩」がてらに確かめに行こう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中