街を歩く

渋谷でびっくりな看板

渋谷に行ったついでに、道玄坂下から京王線渋谷駅周りの飲み屋街を覗いで歩いた。めっきり渋谷に行くことがなくなっていたので、色々と発見があった。そんな気がついたことをあれこれと。

少なくとも若者の街の渋谷でひっそりと残っているオヤジ街だからコロナの影響は大きいだろうことは予想していたが。

この三矢堂は都内のあちこちに店がある、いわばチェーンつけ麺屋だと思うが、知っている限りどこの店も繁盛している。昼時には行列もできる。そんな店が「テイクアウト専門店」を作った。場所は飲み屋街の端っこだからラーメン屋としては悪くないと思うが、店があるのは2階で、いわゆる空中店舗というやつだ。これも人気店であれば、地下でも2階でも店は成立する。しかし、持ち帰り専門店となれば二階はハードルが高すぎるだろう。二階に開けた店をテイクアウト店に変えたのか、テイクアウト店を二階に開けたのかはわからない。ただ、ラーメンに限らずテイクアウトの店は飛び込み客を掴むためにも、1階に店を開けるというのが業界常識だろう。これもコロナの落とし子なのだろうか。以前であれば考えられないような試みだ。ただ専門店と言うからには、色々と工夫がしてある気もするのでテイクアウトして試してみたいものだ。

道玄坂で見つけた、東京都内で珍しい喫煙可能店のサインだった。喫茶店というか、カフェというか。本当は実際にお店を使ってみて感想を書けば良いのだろうが、この看板を読み込むと、色々と考えさせられた。おそらくこの店の経営者が開店の時に考えていたコンセプトというか店舗のイメージとは、今や全く違ったものになっているのだろうなということだ。

自分だったらどんな宣伝文句を書くか・・・立ち止まって考え込んでしまった。今の東京の繁華街は、こんな大混乱というか、生き延びるためにはなんでもやるよという強い意志が路上の看板に見える。ただ、それが客を引き込むほど魅力的に見えていないのも事実で、看板を見た客(候補)が「いったい何の店なの」と混乱してしまうことが多いと思う。

次に渋谷に行った時は、この店を使ってみようと思う。ただ、なんとなく都会的なカフェでざるうどんを食べるようなモヤモヤ感を感じそうな気がする。その時はまた感想文を書いてみようか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中