食べ物レポート

ご馳走のあるところ

札幌駅地のレストラン街で豪列のできる人気鮨店に昼のピークを外して行きいっぱいやるのは無常の楽しみだ。ところが最近は昼のイークでも満席にならないし待たされもしない。これは相当困った状況だ。ということで、せっせと応援がてら一人鮨に励むことになる。

タコの吸盤ポン酢というのは、実に北海道の鮨屋らしい料理ではないか。北海道のタコは大きいので、当然タコの足から取った吸盤はそれなりのおおきさだ。コリコリとした食感を楽しむものだが、東京あたりのタコだと吸盤が小さいので、こうした食べ方はできない。せいぜいタコブツだが、なんとおいうかタコ料理としての格は明らかに9番の勝ちだ。(エヘン)

その後は握りで店長お任せあたりを頼めば良いのだが、これもわがままで偏屈な注文をする。好きなものを好きなだけを貫きたい。順番なんかどうでも良いのだ。

いきなり新香巻を頼む。前にも書いたが、中身は旧流の奈良漬で、店によってこの奈良漬けの味が違うから、うまい新香巻の店と好みの合わない店ができる。鮨屋からすると奈良漬で好き嫌いを決めれれるのは腹立たしいだろうが。

締めにはこってりとしたしめ鯖にする。マグロで締めるなど、ここ何年考えたこともない。札幌ではそこそこの鮨屋は(回転寿司でも)自家製しめ鯖の店が多いので、これもまた食べ比べの楽しみがある。ここの店はちょっと酢がきつい。店によっては酢の味がほとんどしないものもある。

立ちの鮨屋がすっかり高級飲み屋になってしまったので、腹一杯スシを食べるのなら回転寿司に限るというのが札幌の常識らしい。そう言えば、全国チェーンの某回転寿司御三家は、さっぽろではほとんどみかけないからなあ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中