食べ物レポート

行列のできない坦々麺屋に行ってきた

所沢の隣町は入間と狭山だが、狭山はお茶しかない。(と馬鹿にしている訳ではないのだが)入間には航空自衛他の基地がある。11月に開催される航空ショーは、その筋の趣味の方には有名だ。もともとは陸軍の航空基地だったはずで、所沢、入間、横田と続く首都圏の軍用航空基地群というところだろう。それ以外にはお茶しかない場所だ。

その所沢と入間の境目あたりに、結構人気の「坦々麺」専門店がある。駐車場が狭いこともあり、なかなかお昼時にはいるのは面倒だ。駐車場の台数と店内の席数がバランスしていないので、かなりの機会損失があるとみているが。だから、この店に行く時は昼のピークは絶対にずらす。マスト条件だ。

実にできの良い坦々麺 追加トッピングなし

ところが、このコロナのせいなのか昼時に店の前を通りかかると駐車場が空いている。これはラッキーと思い、なんと普段なら絶対にしないUターンをして入店。カウンターに座りあたりを見渡すと、本当に客がいない。なぜと不思議になる程に客がいない。従業員の数の方が多いくらいだ。

メニューを開けると、なんとなく理由がわかった。いつの間にか、値上げしていた。一押し的な「あれやこれやがワンサカ」乗っかったなんちゃら坦々麺では1500円近い。おまけに税別表記だった。普通の坦々麺(プレーン)を探そうとすると、隅っこの方に書いてある。プレーンこそ、一番上に書くべき商品だと思うが、それを隠してどうするよと憤慨してしまった。それでもプレーンを注文し、出てきた商品はなかなかの一品なのだ。レベルは高い。しかし、会計すると千円札一枚が消える。初めてきた頃は確か700円くらいだった。あれから10年以上はたつから値上げしても仕方がないとは思う。

しかし、この値段では客足が遠のくだろうね。サイドメニューも増やし、おそらく総合中華料理屋的なアップグレードを狙っているのだろうが、立地がそれについてきていない。それよりも坦々麺専門店で「普通」と「辛い」の2種類くらいに絞って、ジャンジャンお客さんを回していく方が向いていると思うのだが。この店が駅前にあったらさぞかし行列ができそうな気もする。

行列のできない店というのは、やはりそれなりの理由があるものだな、などと好みの坦々麺プレーンを食べながら思っていた。スープの底に沈んでいるひき肉がうまいんだよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中