食べ物レポート

鮨屋で昼飲み

このご時世で、居酒屋で大声上げて騒ぐような飲み方はほぼ絶滅している。酒が飲みたければネットを使って宅飲みなどもできるが、それより一人で、それも昼から飲みに行けば良いのだと気がついた。
新宿の夜の街大騒ぎを微妙に避けた場所で、ランチタイムを外していけば、のんびりと(こちらも向こうも)飲めるではないか。

タコの吸盤 見た目以上にうまい

実践したのは東京ではなく札幌のよく行く鮨屋だった。インバウンド観光客全盛の時は予約もできずに並ばなければ入れないという、ちょっと高飛車な商売だった。今はいつでもフラッと入れる。因果応報とまでは言わないが、何が起こるかわからない時代だなあと感じる次第だ。
酒は日本酒を冷やで、あえて冷酒ではなく「冷や」で。酒の肴は、まずタコの吸盤の酢の物。北海道産のタコは水ダコが多く柔らかい。また大型のタコなので、鮨ネタにする時に大振りの吸盤がたくさん取れるのだろう。あれっと言いたくなる廃物利用だが、北海道人はタコの頭も刺身にして食べる「環境保護型」食習慣が定着しているので吸盤を食べるなど何の抵抗もない。タコ好きには、足の部分よりもコリコリとした食感が旨さをそそるというものだ。

サーモンユッケ、考えた人は偉いぞ

2品目は、最近のお気に入りでサーモンユッケ。これは、鮭ではうまくならないだろう。輸入サーモンの濃厚なというか脂っぽい身だからできる料理だと思う。甘口の醤油だれとウズラの卵の黄身が良いバランスで、きゅうりの細切りがシャリっとした食感を加える。実にうまい。魚屋で売っているトロサーモンなる脂たっぷり系の刺身であれば、簡単に自作もできると思う。ただし、それでは出来る量が多すぎるので、この小鉢くらいが丁度良いと思う。

蝦夷アワビは本当にうまい

締めは、イカとアワビを2巻ずつ。鮨屋に行って食べる握りは、この2種で十分なのだ。あえて追加するのであれば、しめ鯖と新香巻くらい。鮨屋には申し訳ないと思うが、このジャストサイズ、好きなものを好きなだけが昼飲みの良いところだ。自分以外ほとんど客のいない時間だからできる贅沢で至福の時間だ。ただ、こんな時間が長くなるとお店が潰れてしまうので、早く予約が必要な忙しさに戻って欲しいと祈っておりますよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中