食べ物レポート

ハナウタ 極北の地だった

札幌で仕事先の方に連れて行ってもらった郊外の小さなラーメン屋が、なんというか極端な「辺境の地」的な感動を与えてくれた。簡単にいうと中華系香辛料を大量に使ったラーメンで、あえて似ていると言えば四川風坦々麺の系統かと言える。ただし、似ているのは辛い、痺れるのマーラー系ということくらい。
辛さを聞かれて中辛にしたが、食べている途中から顔の汗が止まらない。ラーメン的な旨味はあまり感じられないが(出汁の利き方が違うのか?)、それでも箸が止まらない。四川省に行って初めて食べられる、坦々麺の派生種と言われたら、そうかもしれないなあという味だ。

坦々麺もどきと言えば、それは間違いだと思うが

餃子も名物だそうで、焼き餃子と水餃子を一皿ずつ頼んだが、肉が多めの濃厚スタイル。ただし、香辛料はやはり強めに効いている。好みにもよるだろうが、この辛いラーメンには、水餃子が合うような気がする。

一見すると普通の餃子だが

休日だったせいか行列もできていたが、なぜかカップルが多い。この系統のラーメンはガツン系大好き男専用かと思ったが、世の中にはスパイシー大好き女子が増えたということか。ただ店内の会話をなんとはなしに聞いていたら、女性主導できているカップルが多いようで、確かに、この店に女一人で来るのは結構難度が高いかもしれないなあなどと思ってしまった。


辛さも味も異なる何種類かの麺メニューがあり、一度来ただけでは悔いが残る。これは自分一人で何度か足を運ぶかと思うが、公共交通機関の路線からは外れた場所なので、札幌市内の秘境みたいな(周りは密度の高い住宅地なのだが)ところにある。観光客には難度が高い場所だ。

ラーメン通にはわざわざ行くだけの価値があると思うが・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中