旅をする

羽田空港ご当地自販機 福岡vs熊本

羽田空港、搭乗ロビーにあるご当地自販機の中身が変わっていた。福岡と熊本が何やら鍔迫り合いをしている感がある。この自販機の中身の選定はだれがしているのか、実に興味があるのだが。福岡と熊本は羽田から飛行機が飛んでいるが、その横にある福島とか山形とか、羽田から飛行機で行く距離ではないし(福島も山形も空港は存在するが)、だれが何を思ってこの自販機を運営?しているのだろう。

福岡機のラインナップは160円のインスタントラーメンと700円の明太高菜が一緒という価格帯セオリー無視の構成で、そもそも自販機で700円は無理線というものではないかなどと考えていた。そうしたら、後ろに女性が一人並んだので、あわててよけた。何を買うのかと興味津々だったので、横から覗いていると、何も買わずに自販機の写真を撮っていた。同じような興味を持つ人がいるのだなと、ちょっと笑ってしまう。あまり良い趣味ではないですねと、我がことを棚に上げつつ内心で笑っていたら、ちらりと睨まれてしまった。

¥160のインスタントラーメンは、ちょっと微妙だなあ

その女性が全自販機の写真を撮りおわった後で、自分の撮影を再開した。2機目は熊本・くまモン機。これは機体に熊本県などと書かなくても一目でわかる。「くまモン」のブランド発信力の強さだ。うっすらとした記憶だが、前回見たときとは中身が違うようだ。

明らかにくまモンブランドで押しまくっている。おまけにブランドの強さのためか、価格帯も高く強気だ。しかし、これはだれが買うのだろう。これから飛行機に乗ってどこかに行こうという人が対象だろうから(見送りに来た人は対象外だろう)、九州方面ではなく北海道や東北などの九州と反対方向行きの人向けなのか。ゲートの位置を考えると、北行き便で搭乗口50番から60番くらいの乗客が対象のようだ。搭乗口が60番後半から70番台の西行きのゲートはロビーの反対側なので、次はそちら方面を探索してみようか。

くまモン 強気の価格帯

ひょっとしたら北海道とか青森とかのご当地自販機が並んでいるのかもしれない。ただ、キャラが思い浮かばない・・・。北海道のキャラってなんだったか。青森、秋田も記憶にない。岩手はわんこ蕎麦のキャラがいたような。となると中身はなんだか低価格ラインになっていそうな気もする。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中