食べ物レポート

北海道ラーメン道場 制覇

千歳空港が新しくなった時にできた「北海道ラーメン道場」は、多少の代替わりもしながら人気店で固定化してきたようだ。味噌ラーメンの店が多いような気もするが、いわゆるニューウェーブ系もあり、旅行者にとってもどの店を選ぶか迷うのは楽しみなことだろう。

名店・人気店揃い

札幌出張の帰りに早めの晩飯としてラーメンを食べる機会があったので、気に入った店をボチボチと利用していたが、いつでも行列ができていて入れない店があった。ヘタをすると待ち時間が1時間以上になるので、すっかり諦めていた。ところが、このコロナの影響で、超人気店も行列なしで入店が可能となり、ハッと気がついたら利用したことがない店が2軒だけになっていた。全店制覇などできるはずもないと思っていたが、最近の札幌出張の多さのおかげで可能性が出て来ていたのだが、超難関の人気店にスルッと入れてしまったので、勢い込んで完全制覇を目指してみた。

若き創業者の店らしい

そして入った最後の店がニューウェーブ系「飛燕」。鶏白湯の塩ラーメンが推しメニューとのことだが、そこはちょっと変化球で対応しよううと、魚介だし鶏白湯Wスープにしてみた。一番最後の店になったということは、これまでニューウェーブ系ということで避けていた訳で、正直あまり期待していなかった。ノルマ達成の為、渋々入ってみたというだけだったのだが、良い意味で期待を裏切られた。
うまいのだ。豚骨と魚介だしのあわせを推しにしているラーメン屋は非常に多い。ただし、豚骨の臭みに負けないように魚介だしも強くすると、合わせた時にどうしても苦味の出るスープになる。それが良いというファンも多いだろうが、個人的にはちょっと苦手としている。ところが、鶏白湯になると、魚介とのバランスが良い。というかあまり苦くならない。
実に感心させられた。やはり世の中は広い。食わず嫌いをしてはいけないなと反省。もう一点言えば、チャーシューが良い。よくあるパサついた煮豚ではなく、バランスが取れた2枚のチャーシューだった。

これはうまかった また食べたいぞと思わせる

時間はずいぶんかかったが(多分3年くらいか)10店全店制覇というのは、空港ターミナルビルに表彰でもしてもらいたいくらいだ。ラーメン道「名誉5段」くらいはもらっても良いような気がする。
意地になって全店制覇達成してみたが、さすがにラーメン道場だけあって修行の成果はあった。最後まで残していた店のレベルの高さに気が付けたのが、最大の収穫だったように思う。
ちなみに、しばらくしてから「飛燕本店」に行ってみることにした。それはまた別稿にて。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中