食べ物レポート

香州で帯広名物を

札幌で町中華のお気に入りといえば香州か布袋だ。普通の中華定食なら香州、ザンギを食べるなら布袋にする。健康増進法の影響を受け、頑なに喫煙を保っていたこの店も、ついに全席禁煙になった。これはちょっとありがたい。久しぶりに行ったので、いつものもの以外の何かにしようと思っていたが、今まで注文し損ねていた「中華チラシ」を食べてみることにした。

中華チラシ風 らしい

中華チラシは帯広の町中華では定番のようであるらしい。ローカルフードの典型で、もともとまかないで作られていたのが、客に出してみたら好評だったので・・・という展開だそうだ。あんかけ飯といえば中華丼で決まりと言いたいが、中途半端なあんかけ(あんなし?)丼が中華チラシだ。たけのこの細切りと木耳が入っているのは青椒肉絲の変形だからなのだろうか。塩味の中華炒め的おかずがご飯の横に置かれている。なんだかびっくりドンキーのハンバーグプレートみたいな感じもする。普通に美味しいのだが、これは中華チラシの札幌アレンジなので、本場帯広のものはもう少し違っているようだ。似たようなプレートランチ>をよく台北で食べていた。豆苗炒めがかかった名前も知らない皿盛りご飯がやたら懐かしい。

ほぼ人参なし酢豚 豚唐揚げのパイナップル炒め?

中華チラシを半分ほど食べたところで、あまりに味が単調すぎて、何か別のものを食べたくなり、結局迷った末にいつもの酢豚にしてしまった。全く芸がない。ただ、この酢豚がなぜかいつもと異なり、色気がさっぱりなくて、どうやらにんじんの量を間違えたようだ。その分、パイナップルがたっぷり目の量になっていて、なんだか味のバランスまでいつもと違う。

こんな日もあるのかと思いながら、町場のチャイニーズはこれだからやめられないと・・・。いつもと違う味というか、いつでも違う味は、ささやかな冒険気分にさせてくれる。もっとも、はずれた時の失望感は、ずいぶん高いものにつくけれど。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中