旅をする

千歳鶴は名酒だ

北海道の代表的日本酒はと言われるとなかなか難しい。最近は北の錦が良いなとは思っているが、札幌で飲む時の代表銘柄は、やはり千歳鶴だろう。札幌に蔵がある日本酒メーカーというのも珍しい。

その直営店がススキノと札幌駅前通りにある。(立ち飲みの店も道庁近くにある)駅前通りの店は気になっていたが入るのは初めてだった。普通はこの辺りのサラリーマンで賑わう店なのだろうが・・・。現在はかなり静かな状態で。

千歳鶴製品のラインナップが素晴らしいことを除けば普通の居酒屋だが、いざ注文してみると値段の割にずいぶん品質が高いではないか。最近すっかり高価な食べ物になってしまった感のあるイカ刺しだが、夏前のこの時期は実にうまい。透き通ったイカが美しい。生姜で食べるのが定番だが、山わさび(ホースラディッシュ)も辛味が嬉しい。

イカ刺し 旨し

そして、個人的には山菜の王ではないかと思う「行者ニンニク」のお浸し。とろろ芋がかかっているあたりは芸が細かい。
実にうまい、日本酒に合う。これには千歳鶴の辛口で合わせるのが良いだろう。

北海道では山菜取りのシーズンが初夏になる。5月の連休明けから6月くらいで、竹の子(実際は笹の子)取りに行って山で迷子になったり、熊と遭遇したりと、山菜採りは冒険なのだが。経験者でなければわからない山菜取りの魔力は、実は簡単で、今目の前にある山菜を取ると、その2ー3mほど先に、もっと大きくて立派な山菜(竹の子だったりワラビだったり)を発見する。それを取りに前進すると、またその先にもっと立派な(そう見えるだけなのだが)ものが見つかる。そして直進しているつもりで右に左に曲折して、結局歩いて来た方向を見失う。遭難者一名様出来上がりだ。

行者ニンニクは初夏のご馳走

行者ニンニクはニラの仲間で、今ではニラと掛け合わせた中間品種が畑で栽培されている。だからと言って、野生の行者ニンニクの価値が下がることもない。今では、文化的に問題があるのだろうけれど昔は「アイヌネギ」と呼ばれていた。アイヌという言葉が蔑称とされていたのか最近では使われなくなった。ポリコレ名称なのだろう。今年に開館される白老の博物館で、そのあたりの問題が解決されると良いのだが。ゴールデンカムイのおかげで、アイヌ文化みたいなものも、広く知られるようになった訳だし。

うまい日本酒を飲みながら、つらつらと北海道の課題のあれこれを考えていた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中