旅をする

悲別 かなしべつ という街のこと

昔のテレビ番組で使われていた建物が今でも残されている。北の国からに代表される倉本聰氏の一連の北海道を舞台にした物語の一つだ。

北海道中央部、石狩平野の北の端から帯広に抜けていく国道沿いに炭鉱町が広がっていた。砂川、滝川、赤平、芦別と旧財閥系の炭鉱が立ち並んでいて、一時期は人口も多く経済的に潤っていた町だった。今は炭鉱閉山後の過疎化した田舎町群になっている。

その炭鉱都市の中で国道からちょっと外れた場所にある歌志内市、日本一人口の少ない「市」で今年の5月末では3000人ほど。限界集落に近いような「市」だ。その町にあるロマン座は、今では観光客が訪れる観光地?なのだが。炭鉱町の全盛時代には、町にいくつも映画館があったという。

倉本作品には富良野を舞台とするものが多いが、富良野の町は観光も含め各種産業が発展していて、いわゆる「裕福」な町だ。世界的人気のスキー場と田園風景が売り物の観光産業は北海道でも有数だろう。その富良野の街から車で1時間も走れば、過疎化する旧炭鉱町に着くのだが、そこはまるで違う世界で。

先の戦争の後、炭鉱町で起きた街の急速な興亡は北海道だけではなく、福島や北九州でも起こったことだ。長崎の軍艦島も同じことが起きた。一つの産業に過剰に寄り掛かったまちづくりがもたらす災害とでも言うべきなのか。

この場所を訪れるとそんなこと思う。

札幌からだと、高速道路を使って1時間半程度。公共交通機関はJRで函館本線を滝川まで移動し、根室線に乗り換え、そのあとはバス?になると思うが、接続を確認する必要がある。旅行者には交通難所だ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中