旅をする

看板のセンス 長崎編

長崎は所用で何度か行った。コンパクトな街で路面電車と徒歩で街歩きができる楽しさがある。出島跡地を歩くと歴史を感じるよりも、この辺り一帯は海だったはずなのに、こんなに埋めてしまったのねという不思議さだった。

その長崎の繁華街、アーケード商店の一角にある「吉宗」、よっそうと読むのだそうで、ずっとよしむねだと思っていた。名物は、大きな茶碗蒸し。そして、ありがたいのが卓袱料理個人向け。卓袱料理といえば大卓で多人数で楽しむものというイメージだったが「お一人様」対応されていた。ありがたいことだ。その店舗正面の提灯が素晴らしい。特にこれは夜見ると、余計に見事なものになる。

1人卓袱を堪能して電車に乗って、かの有名な思案橋界隈まで遠征すると、このゲートがお出迎えしてくれる。大都市の繁華街ではビルの中に引きこもっている飲み屋も、この思案橋界隈ではせいぜい2階建てなので、そぞろ歩きが実に楽しいし、びっくり看板発見の機会だ。

思わず笑ってしまったのがこれ。店長の気持ちがよくわかる。

鉄板メニューと書かれているが、これは鉄板の上に乗った熱々ジュージュー系の料理なのか、注文するならこれに限るという自信作としての鉄板なのか。煮込みハンバーグはわからないでもない。手作りで手間暇かけて的な名品だろう。焼うどんがちょっと微妙。全国的には、ここは焼きそばあたりが来そうだし、名古屋だと間違いなく卵のかかった鉄板ナポリタンになる。焼うどんって、ちょっと地味かなあ、味付けは醤油かな、ソースかななどと妄想する。長崎市民には焼きうどんが定番なのかもしれない。
そしてトルコライス。これは、長崎の絶対定番で良いのだが、飲み屋でこうしたヘビー級の飯食うというのもちょっと・・・。

多分、2軒目で締めのトルコライス的な位置づけなのに違いない。

長崎の人は強靭な胃袋を持ってのだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中