旅をする

看板のセンス 高知編

外出制限を地道に守っていたら、ネタ切れ状態で、また過去写真からいろいろ取り出してみることにした。街を歩く時に発見した面白看板を写真に撮る。趣味みたいなものだが、あとになった見返すとなかなか興味深いものが多い。ただ、どうしてこんなものを撮ったのだろうと悩むことも多いが。

高知で見つけたのは、商店街の中にある居酒屋の店頭で「カツオづくし」のメニュー板だった。
「カツオちちこ」は心臓のことだったと思う。「はらんぼ」は腹部の下にある皮まわり。人で言えばおへそ周りの肉にあたる。カツオの餃子は食べてみたいが、カツオの中に混じる「龍馬サラダ」が微笑ましい高知人の龍馬崇拝だ。
ただ、そのサラダの中身は相当気になるが値段を見ると、そして龍馬の名が入っていることを考えると、高知の名物がてんこ盛りに入っているのだろう。

商店街にある食堂で売っているテイクアウト用のおむすびも珍しい。一度食べてみたいものがと思っているが、まだ手を出したことはない。確か店内でうどんと一緒に食べられるはずだが。高知の謎の食べ物だ。

そして、高知の謎の最上級がこれ。高知名物は、この屋号「一軒家」なのか、左サイドにある「鳥の足付焼」なのか。この店にも一度入りたいと思いながら、未だに果たせずだが。香川の骨付き鳥みたいなものかなと想像してみたが、足つき焼きとわざわざ書いているから上半身と下半身が揃った「半身焼き」みたいなものだろうか。謎は尽きないな。

高知帯屋町商店街、歩くには楽しい場所なのだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中