旅をする

ガラスのピラミッド ルーブルと

モエレ沼公園の一番目立つ造形といえば、このガラスハウスだろう。
三角形というかピラミッドというか。

反対側から見ると全く違う形状にも言える。建物にデザインが必要なわけがよくわかる。緑の斜面とガラスの三角は良いバランスだ。

近づくと骨組みの幾何学的形状がなかなかシャープな印象で、この建物の中居に入ってみると、光の入り具合がまた楽しい。

ただ、ガラスのピラミッドといえばやはりフランスのあの有名な美術館になってしまうのはしょうがないか。

個人的には都市の真ん中にあるよりだだっ広い公園の中にある方が良いとは思うが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中