旅をする

ハワイ雑記 その9 日曜日はどこに行く

ワイキキは、高層ビルとホテルが立ち並ぶ都会的な町だが、その中にぽこっと芝生の公園がある。ワイキキ周辺でいえばアラモアナショッピングセンターの向かい側というかビーチ側にあるアラモアナ公園やダイアモンドヘッド側にあるホノルルズー近くのカピオラニ公園も広い芝生がある。このあたりの空き地の作り方が、いかにもアメリカ的だなと思うが、ワイキキ のちょっと先には原生林が残っているのでこんな公園いるかなとも思う。逆に日本は公園少なすぎだな。日本で公園が広いところは隣が畑だから、公園の意味がないような気もする。

ハワイアンな食べ物と言われると「キムチ炒飯」と言いたくなるのだが、アメリカ的なハンバーガーを微妙に島風に仕立てたものと言えばいいのだろうか。チーズのとろけたソースをたっぷりかけたバーガーは暴力的なカロリーだろうし、アメリカ的に塩分過多ではあるが、この味になれると日本の食べ物が味気なくなる気もする。日曜日にはこういうものが食べたいのでブランチに出かけようということになるのだが、ブランチというよりは「肉飯」と言いたいぐらいな気もする。アメリカのハンバーグパティの匂いの強さのせいかもしれない。ハワイから日本に戻る前の日には、だいたい肉食いだめというか、肉を食い続ける事になる。時差を含めて日本に帰ってからしんどくなるのはこの食べ物の取り方だとはわかっているのだが。

三年前に行ったハワイは、週末を挟んだスケジュールだったため、日曜市を見物できた。この黄色いテントを見て、ああ、日本ではないところにいるなと思ったものだ。かなり混み合っていて人がひしめく。ハワイでは珍しい場所で、あちこちから嗅ぎなれない物を焼く匂いやニンニクの匂いがしてくるのが、これまた異国感を掻き立てる。日本の祭りの縁日でこの匂いがしてきたらちょっと違和感があるだろうなと思うが、外国にいるときはそれが良いものに思える。

これが旅の良さというものか、などとちょっと思索にふけっていたら同行した知人がベトナム式サンドイッチ を買ってきて強引に押しつけてきた。おごりかと思ったらきっちり後から精算させられたが。ベトナム式サンドというかベトナム料理は、アメリカ本土では相当普及しているようだが、ハワイでも目下急上昇中という感じらしい。
ハワイの地でベトナムを食べるというのもこれまたグローバルなことであるなあと日本人が考え込む日になった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中