旅をする

熱田神宮で食らう

熱田神宮は、名古屋市でいえば南部というか元は海の近くというか。名古屋へは仕事で何度も行っているが、なかなか参拝に行く機会がなかった。織田信長とか豊臣秀吉とかいう戦国期の有名人が参詣したのだし、一度は入ってみたいと思いながらなかなか行けなかったのだが、この数年で何度かたて続けて行ったのだから、単純に怠け者の言い訳だったということか。

熱田神宮の周りはすっかり住宅で囲まれているが、境内は相当に広い。東京で広い神社といえば、明治神宮に靖国神社ということになる。ただ、ここは明治新政府が作った新型神社だから、伝統ということでいえば江戸幕府開府以前からの日枝神社がややひろめ。でも都会型神社の典型でもあり今は随分と狭い感じがある。伊勢神宮は別格としても、熱田神宮に匹敵する広さといえば、体感的に春日大社、大神神社くらいだろう。そして不思議なことに大きな寺社には必ず存在する門前町というか、参拝客目当ての店が見当たらない。同じ名古屋の中でも大須観音あたりの賑わいとは随分違うものだ。

とりあえずお参りを済ませたら、神宮から程近いうなぎの名店に行く。ただし、ここはとてつもなく時間待ちになるので、順番としては、まず鰻屋の順番取りをして、それからお参りをして、戻って来て呼ばれる順番を待つという格好になる。
この当時(2年ほど前)はインバウンド観光客全盛期で、順番待ちの半分以上がチャイナな人たちだった。今では見当たらない人たちというか、コロナが収束しても当分この国にインバウンド客は来ないだろうから、順番待ちの行列は減るのかもしれない。

さて、2時間待った名古屋名物のうなぎだが・・・。なんというか、うなぎひとつで三度楽しむという名古屋人的合理性は、実に好ましいと思う。蒲焼で食し、グチャまぜにして食し、お茶漬けにして食す。間違いなくうまいやつだ。いいなあ、名古屋の人。うなぎのタレはお江戸と比べても濃いめの味付けのような気がするが、最後のお茶漬けにするとこれがまたぴったりくる。
うなぎの蒲焼で酒を飲むのは、実に贅沢で大好物なのだが(普段は、スーパーで売っている冷凍ものだ)、ここのひつまぶしは酒なしで、ムシャムシャと白飯の旨さを味わうべきだと思う。
これに匹敵する白飯うまさ満喫おかずといえば、塩がきつ目のベニ鮭の焼いた物か、新鮮なイカで作った塩辛か。米文化圏の東アジアのあちこちで食べたもの、うまいものがあるが、「白飯」に合うおかずというのは意外と記憶にない。台湾には日本のホカホカ弁当屋みたいなものがあり、そこは米を主体にして米にあったおかずを食わせる設計だったような気もするが。

まあ、どちらにしても「名古屋ひつまぶし」は行列しても食べる価値がある。
個人的には、名古屋めしが好物なので、名古屋に行くのは楽しみなのだ。鉄板ナポリタン、味噌煮込みうどん、どて焼き、大アサリ、手羽先、台湾まぜそば、某喫茶店のサンドイッチ。

名古屋メシは偉大なりだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中