食べ物レポート

布袋本店にて

中国料理布袋は、小ぶりな店だ。札幌の繁華街中心部、大通りから歩くと5分くらい離れている。決して便利な場所ではないから、この店に来るということは「わざわざ」来るということだ。周りにマンションもたくさんあるが、住宅立地というわけではない。オフィス外の外れというところかもしれない。
店内はカウンターには5−6人、テーブルが5卓くらい(テーブルがくっつきあっているので微妙な感じなのだ)あり、全体では30人入ると満席満卓というところだ。店頭では、揚げ物を調理する匂いがガツンと来る。この油感は、はらぺこの客にはズシっと来るボディーブローになる。

小体な店で、テイク注文も多かった

いっぺんに10人前くらい揚げている「ザンギ」は、テイクアウトの分も含め、一斉に出てくる。ザンギ単品は3個の小盛り、定食になるとこれが7個ついてくる。ザンギ定食を頼むには、前の夜から絶食して供えるくらいの気合が入りそうだ。と思っていたのだが、小盛りのザンギ3個はビールとともに、あれよという速さで完食。最初の2個は何もつけずにプレーンで食べる。最後の一個は特製のタレ(甘酸っぱい)をかけて味変した。あ、これだと7個食べられるかもしれないなあ、などと呑気に考えてしまった。表面はカリッと、中は熱々という揚げたての鳥唐揚げ、北海道バージョンが「ザンギ」だ。味付けはニンニクと生姜と醤油。不思議と東京あたりでこの手の唐揚げが売られていない。布袋は、中国料理点というより「ザンギ専門店」という感がするが、普通の中華系メニューも充実している。

名物 ザンギ

酢豚は、オーソドックスな中身で、豚肉は生姜醤油で下味がついている。ザンギを食べた後で、酢豚はきついと思ったが、完成度が高いのは間違いない。具材は玉ねぎとニンジンにピーマン。普通の組み合わせで、普通にうまい。酢豚定食も人気がありそうだ。最近流行の「黒酢の酢豚」的な(豚肉ごろりで野菜なし)モダンな料理は好みに合わない。酢豚は、やはり申し訳程度の豚肉と大量の野菜というのが、昭和の貧困世代にはあっているようだ。この酢豚は豚肉の量を見れば、限りなくご馳走というレベルで、涙が出るほど嬉しい。そういえば、もう一つのお気に入りの町中華「香州」の酢豚も肉が多かった。札幌の酢豚は肉推しか?
(個人的体験では、東京の中華の酢豚は肉が2−3切れというところが多い)

肉多めの酢豚 うまし

もう一つの評判メニューは麻婆豆腐なのだが、それはまた次回にしよう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中