食べ物レポート

はやしや でランチ

新宿アルタ裏の洋食屋「はやしや」で、居酒屋使いをして飲むのが最近のお気に入りなのだが。実は「はやしや」 は飯屋なので、ランチを食べにいくのが定石ということでもあるのだ。

定番 ハンバーグランチ

ランチで注文するとすれば絶対定番は「ハンバーグ」。卵が乗ったハンバーグは、洋食屋のレベルを見せつける「判定」メニューだろう。ファミリーレストランで食べるハンバーグにケチをつけるつもりはないが、やはりこちらがうまいと言いたくなる。何が違うのかと言われると、肉の質ではなく、肉のブレンドなのかななどと考えてしまう。食感がとにかく違う。ハンバーグはやはり粗挽きが美味い、肉を食べている気がする。

ナポリタン 乾麺旨しだ

洋食屋でパスタと言ったらナポリタンでしょう。日本で発明された純正日本食のはずのナポリタンが、イタリアのナポリに行っても絶対食べられないナポリタンが、好物なのだ。ペペロンチーノも美味い、カルボナーラもリッチに作れば美味い。明太パスタは日本人が産んだ名作だ。ウニクリームに至っては日本生まれの世界水準というべき「和イタリアンの至宝」だと思う。しかし、ナポリタンに勝てるパスタはない(という個人的な想い)。はやしや は、数ある喫茶店ナポリタンも含め、東京のトップレベルなのだ。(これも個人的感想)たっぷりとタバスコかけて楽しむべきだ。

サラミピザ

ランチメニューではないが、ランチに食べると良さそうな「サラミのピザ」。これも洋食屋のピザと言うべきで、イタリア生まれのピッツァとはまるで異なる代物というべきだ。ぼてっと厚くかかったチーズ、その下で煮えているサラミ(チーズが厚くて焼けないのだ)と玉ねぎ。一切れ手にとるとずっしりと重い。ソースの味も濃厚で、チーズに負けないバランス。この一枚を一人で食べると、チーズで胃もたれが起きそうだ。これを食べる時は絶対に炭酸飲料、それもコーラに限る。食べ終わってから感じる罪悪感も、チーズと同じくらい重たいが・・・。

ビーフカツ

ランチメニューの絶対王者は、ビフカツだ(と勝手に思っている)。薄めのビーフをこれまた薄めの衣でカリッと上げている。そこにドミグラソースがかかり、洋食としては完成系。肉厚の豚カツを食べるのであれば、やはりとんかつ専門店に行くべきだ。洋食屋は、あくまで薄めの肉をサッと焼き揚げたようなコートレット風にしてもらいたいなどと思うので、このビフカツは本当に好みだ。大阪に行くとビフカツ屋が多いのは、食肉文化圏的に理解できるが、東京ではビフカツ食べさせるところ少ないから。最近増えてきたビフカツ屋はちょっと好みと違うのだ。あれはあれで美味い食べ物だけれど。

ただ、はやしや の最高峰メニューは「オムライス 」と勝手に認定している。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中