食べ物レポート

新宿駅南口 蕎麦屋で一息

新宿駅といえば、歌舞伎町に通じる東口、東京都庁と高層オフィスビル街に通じる西口が、まずメインだろう。南口というと、ちょっとそこはどんな場所だっけ?と言いたくなる。今では新宿のバスセンター「バスタ」や高島屋あたりがランドマーク的な場所だが、ちょっと前まではJRAの場外馬券売り場があるところという認識だった。当然、馬券売り場の周辺には競馬で勝った人向けのお店などない。競馬に負けて懐が寂しくなった人向けの安い飲み屋があるというのが定番というものだ。

そばとうどんのどちらが推しメニューなのだろう

だからなのか、南口から東口にかけては微妙な規模の飲み屋街になっている。新宿といえば歌舞伎町と西口が大箱中心の大繁華街で、日本の飲み屋街のチャンピオンみたいなものだ。そこから外れた新宿南口と新宿三丁目付近が小体な店が多い、ちょっと哀愁感があるエリアということになるだろう。

その哀愁漂う南口で、何年も無視し続けていたうどん屋に入ってみた。ただ、うどん屋とも蕎麦屋とも、どちらとも言うような、「駅前立ち食いそば」のような、競馬に負けたおっちゃん御用達のような店だった。

普通のつゆと普通の蕎麦 メニューとして平穏そのもの

頼んだものといえば、熱い漬け汁で食べる、肉そばの盛り。町の蕎麦屋で言えば鴨セイロみたいなものだが、豚バラ肉なので、もう少しこってりした感じがある。そばは茹でたてを出してくるので、立ち食いそばとも言い難いし、カウンターだけだが座って食べることになっているから、やはり立ち食い蕎麦屋ではない。うどん専門店でもない。このそば屋ともうどん屋ともつかない微妙な立ち位置が、何やら新宿南口に似合っている。
そばは東京でよく食べるタイプで、細麺で、さっぱり系。普通にうまい、また食べてみようと思う「普通さ」がよい。讃岐うどんも食べてみたい気がしたが、ウドンのつゆは関西風なのだろうか、讃岐風だろうか。イチオシは釜揚げか、ぶっかけかなど興味は尽きない。それは次回、また夕方、黄昏時にこの辺りを彷徨うときに食べるのが良さそうだ。
そして、こう言う店はカレーもきっとうまいに違いない。それも試してみなければ。

蕎麦屋のカレーはうまいんだよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中