食べ物レポート

スープカレーでラーメンで 橙

札幌で名物といえば蟹にイクラに味噌ラーメンみたい話は、あることにはあると思うが。今は、スープカレーに締めパフェみたいな感じになっていると思う。(蟹はすっかり高くなってしまったし)スープカレーはローカルフードなので、観光客が来るような場所にはあまりお店がないようだが、このスパイスカフェ「オレンジ」も車でなければ到底いけないような場所にある。最寄りの地下鉄駅からだと、歩いて30分くらいかかるのではないか。

橙色の暖簾がかかるこじんまりまりとした店だが、横には10台くらいおける駐車場もある。しかし商品名が怪しい。ラーメン、スープカレー、つけ麺・・・。

幹線沿いの店なので、見過ごさないように看板も大きめのようだ。そしてそこには「スパイス&ラーメン」の文字が。いったい何屋なのか?

メニューを開け確かめてみると、やはりスープカレーとカレー?ラーメンが主力のようだ。当然のようにチキンのスープカレーを頼んでみたが、素揚げの野菜によく煮込んだ鶏肉というあたりはドがつく直球のスープカレーで、魚介出汁を強く感じるのが現在の流行の仕立てということだろう。ついてくるライスはどやらインディカ米らしい。そういえば札幌でハズレのスープカレーを食べた記憶がない。どの店も研究熱心ということだろうか。半分くらい食べたあたりから、どっと汗が出てくるのは、正しいスパイス料理ということだ。

同行した知人は当然のようにラーメンを注文しているのだが、カレーを食べながら妙にそれが気になる。半ラーメンというものがあれば、追加で注文したくなった。このスープとラーメンの二毛作は、案外アリかもしれない。
もう少し暖かくなったら地下鉄駅から歩いてきても良いのだろうが、雪が降るような季節はちょっとしんどい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中