食べ物レポート

パフェを食す 倉式コーヒーとサンマルクカフェ

もともとあまり甘い物が好きなわけではなかった。が、最近になって嗜好が変わったのか、パフェを食べてみようかなと思うようになった。きっかけは老舗喫茶店のチョコレートパフェ だったのだが、それはそれとして。

倉式コーヒー マンゴーパフェ

最近食べたパフェといえば倉式コーヒーとサンマルカフェ、どちらも同じ会社の別ブランドみたいな物だ。お値段もこなれているが、アイスクリームと生クリームを載せた物がパフェという乱雑な定義をすれば(甘党の人には怒られそうな乱暴さだ)、倉式コーヒーのマンゴーカフェは間違い無くパフェだ。

マンゴーは冷凍物なので、出てきた物をすぐ食べると凍っている。シャリシャリというよりガリガリに近い。だから、アイスクリームを先に食べ、その後に半解凍のマンゴーを食べることに方針を決定した。これが正解で、半解凍のマンゴーの酸味がアイスクリームとよく合う。量的にはこれくらいでちょうど良いというのが個人的感想だった。有名どころの老舗喫茶店のパフェは、暴力的と言いたいくらいの盛り付けと質量で、こちらの抵抗を粉砕するつもりがあるとしか思えない。倉式コーヒーの量と値段はなかなか良いバランスだった。ただし、男3人が囲むテーブルで、ふたりがマンゴーパフェという光景はいささかシュールでもあるなあと・・・。反省はしていないけど。

サンマルクカフェ しらたまパフェ 白玉は好みであるな

一方、サンマルクカフェでのパフェは、アイスクリームではなくソフトクリームで、これは個人的なパフェの定義からすると、ちょっと逸脱しているというか、「・・のような物的存在」で本物とは違うと言いたい。ソフトクリームは柔らかいし溶けやすいので、食べるには良いのだが、何というかアイスクリームのしゃりしゃり感みたいな物がないので、舌触りが物足りないということか。
白玉に小豆という組み合わせはソフトクリームのミルク系な甘味とはそれなりにあっているが、やはりデコレーション的、ビジュアル的に物足りない。カップで注文したソフトクリームに白玉トッピングしてみました的な、まんまと店側に騙されてしまった感があるからだ。かといって、不味いわけではない。ソフトクリームをカップで食べるときにはソースとかトッピングで楽しむべきだ。ただそれをパフェというかは・・・矜恃の問題だななどと偉そうに言ってみたい。

どちらにしても、今年はチョコパフェを極めてみようかなと思う。そのためには、全国屈指の著名店をいくつか退治しにいかなければ・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中